「綿毛に包まれて生きていく」~Vol.13 幸せにシフトするには……

先ずは、貴方の感情はそのままで受け止める事から始まります。誤魔化すことなく、喜びも悲しみも、ずるさも純粋さも、どんな感情であれそのままを受け止めるのです。
「綿毛に包まれて生きていく」~Vol.13 幸せにシフトするには……

幸せの神髄

幸せをイメージすると皆さんは何を思い浮かべますか?
結婚? 子供? お金? 旅行? それとも食べることかな?
確かにそれらも幸せですね! でも、それらは、不幸に傾くこともあります。
幸せって何でしょう?

私は自分が本当に求めていることに向かうことかなと思っています。求めているのは、職種とか誰かとかではなく、もっと核であるものです。
この核とか、根幹とか、私は常に使うのですが、源と言ってもいいのかもしれませんね。

その求めていることに向かうのは、一見辛かったり、しんどかったり、苦しかったりする内容に見えることかもしれません。端から見たら壮絶と思われる事かもしれません。

でも、それらすら楽しめることが幸せなのかなと思います。
え? 苦しいのに楽しめるって、有り得ない! ですって???
私もそう思っていました。

しかし、そうなれるのです。それは、泣かないとか、もがかないとか、落ち込まないとかではないのです。勿論、人並みに感情は有りますし、感情を押し込めようとか、無理しようとかというのではありません。

気を付けるポイントは、その様々な感情をありのままに出す事。そしてその感情に流されない事です。
流されないというのは、その感情を客観的に見る事です。

要するに悲しかったら思い切り泣けばいい。でもその悲しみから物事を考えて行動しないということ。
悲しい感情だけを受け止めるという事です。
感情の振れ幅が大きいほど、その中で生れた思考は自身の本髄から離れてしまう事が多いのです。
感情は大きなギフトに繋がる鍵になりますが、そこからの思考は破滅への鍵になることもあります。

幸せの神髄は、その感情の全てにあるものなんです。
感情を突き詰めると愛に繋がります。

自己愛かもしれません。誰かへの愛かもしれません。でもそれらの為に喜びも悲しみもあります。
そしてその感情を受け止めることにより癒しが発生します。
その癒しの段階に来て始めて、インスピレーションに気が付くのです。

そのインスピレーションこそ、貴方の生きるべき波へと誘ってくれるのです。
その過程全てが、本当の幸せを感じるという事に、皆さんも気づいているのではないでしょうか?

364425266

 

手放す&思考しない

幸せな気持ちに関してのアドバイスは要らないでしょう。ただ単にその恵みに感謝し、ワクワクして楽しめばいいでしょう。でも悲嘆、苦しみ、絶望などの状況では、迷子になることがありますね。ネガティブな感情はネガティブのループに嵌り、出口が見えなくなることは、長く心理学を学んでいる私でもあります。何故ならこの現世の学び塾ではウィークポイントにめがけて試練が来るのですから、どんな人でも動揺することから始まるのです。決して恥ずかしい事ではありません。その感情があるからこその人生ですから。

さて、その状態からどのように次の段階に行くのでしょう。