『復讐と仕返しとそのツケ』〜ツケは必ず払うもの。絶対にチャラには出来ません〜

『自分自身のためだけに純粋に遣える時間』は思っているより少なくて貴重だから、その時間は自分自身のために有効に遣わなくちゃ。 自分の人生を自ら台無しにするのもイヤですもんね。
『復讐と仕返しとそのツケ』〜ツケは必ず払うもの。絶対にチャラには出来ません〜

こんにちは、おせんです。
さて今回は……前回のお話の中の『人を呪わば穴二つ』に関係している『復讐と仕返し』に ついてのお話です。

□  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □

「やり返さないと気持ちが収まらない。」
「アイツだけは許せん、同じ目に遭わせてやる。」
「目には目を、歯には歯を。」
大なり小なりありますが、『仕返し』や『復讐』まで考えちゃうこと……皆さんもたま~にありませんか?

「悔しくやるせない気持ちを晴らしたい。」……という気持ちはお察ししますが、仕返しも復讐もあまりおススメは出来ませんね。
『許せないくらい酷い奴は放っといて、さっさとご自分の立て直しをする』ことの方をオイラ的にはおススメしたいです。

何故って……波動的に観ると『善くも悪くもツケは必ず払うもの……しかも払わないうちは絶対チャラには出来ない。』から。

388458172

 

放っといてもその相手は『自分がしたことのツケを必ず払う』からなんですよ。

自分がした事は、善くも悪くも必ず自分自身の波動に痕跡として残りますからね。
前回もお話ししましたが、その痕跡の波動もその人の一部として働くんです。

そして……波動には『似たモノ同士が親和性を持ち、引寄せ合い増幅し続ける』という特徴があります。
その人の波動に親和性がある波動の物事や人が、イヤでも引寄せられて来るんですよ。時間差多少はありますが、ツケが解消されるまで次から次へと姿形を変えてやって来るんですよね。

現実的な世界では……「ごめんなさい。」「申し訳なかった。」と心から詫びればその場でチャラにしてもらえる物事もありますが、波動的な世界では……ツケが解消されるまでは 『絶対に』チャラには出来ません。
これには……残酷なくらいに例外はありません。

だから……自分に酷い事をした許せない人の為に、わざわざ心に自ら毒を廻し……自分の波動に自ら復讐の痕跡を刻み……相手と同類なトコに堕ちてまで、仕返しや復讐をするのもバカらしいよ……と思うんですけど。

自分にも『復讐』という波動のツケが残るワケですから……「相手に仕返し(または復讐)してこれで気が晴れた、ハイこれにて終了~さっぱりした!」ってコトにはならないんですよ。
今度はその自分の波動が様々な『似た物事や人』を引寄せ始めて……どうなるのかは想像ついちゃいますよね。

放っといても相応のツケは確実に相手に回ってくるんですから。
ツケが解消されるまで相手はずっとそれを背負って生きて行くのですから。
『自分まで相手と一緒になって似たようなツケを払う必要はない』んですよ。

それに……復讐したいくらいイヤな人の為に、大切な『自分の時間』を費やすコトはもの凄く勿体ないことだと思いませんか?

17587810

 

大切な『自分の時間』は、自分自身の為に遣いましょう。

▶︎環境を変えるために模索する。
▶︎傷ついた自分を心身共に癒す。
▶︎自分の人生の立て直しに集中する。……など、
『自分が立ち上がって前を向くために出来るコト』はいくらでもありますよ。

『自分自身のためだけに純粋に遣える時間』は思っているより少なくて貴重だから、その時間は自分自身のために有効に遣わなくちゃ。自分の人生を自ら台無しにするのもイヤですもんね。

□  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □  □

……今回は、これにて。ありがとうございました。
……次回は、オイラが近年気になっている『魂のズレ』についてお話し出来たら良いな……と思います。

 

ご参考までに……。

ブログ▶︎ 『おせん’s World』http://osensworld.hatenablog.com/

 

《おせんさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ew_sen/?c=93133