~自分を縛り、可能性を制限する思考や言葉は人生も制限してしまい、可能性を奪っていく。どうしたら自分の無限大の可能性を引き出していけるか? 潜在意識と言葉、想いの関係を知ろう~

普段の日常生活での思考や言葉を意識的に変える習慣を身に着ける事で自分の波動も変わって来ます。 いつの間にかエネルギー的に全体が上がり、ポジティブに変化して行きます。
~自分を縛り、可能性を制限する思考や言葉は人生も制限してしまい、可能性を奪っていく。どうしたら自分の無限大の可能性を引き出していけるか? 潜在意識と言葉、想いの関係を知ろう~

自分が日ごろから発している言葉、考えている事が今の自分の現実、自分が暮らしている状況を作り出しているのだと言う事を考えたことはありますか?

自分の言葉や想いで今の生活が出来上がったんだ~、なんて考えたことがある人は少ないかも知れません。

又、そんな~自分が口にした言葉や想った事で今の生活ができたなんてある訳ないじゃん! と思うかも知れませんね。

でも、意外と言葉や想いと言うのは物事を実現させて、現実化させるパワーってあります。
スピリチュアルなことを意識して生活している人はこれを知っていることが多いかも。
引き寄せの法則なんて言うのが流行りましたがあれもこう言うことを話していたりします。

日本では「言霊」と言う言葉があります。
これはきっと昔から日本人は特に言葉にも魂が宿り、霊的なエネルギーがある、と思っていたのでしょう。

その通りなのです。
呪文や呪いなどを考えても儀式をしてやりますが、その儀式の時に使う言葉もとても大事で儀式をしながら、呪文を唱えるのがポイントということですね。

色々と考えてみると言葉のパワーを利用して、様々なことを実現させようとするのは人類の歴史上珍しくないこと。
でも、これが日々の自分の生活の中の自分が何気なく発した言葉と関係があるとか、自分がぼんやり考えていた事と繋がるとは思わないですね。

大きなスケールのことや、呪いや呪文なんて時には言葉も大事で言葉を使うと言う意識が人々の中にあっても、それが普段の生活の何気ない一コマとも繋がるなんて思わない。
ここを繋げて考えて行くと色々と違う気づきが得られるのではないでしょうか?

 

~自分の言葉と想いのパワー~

日々の何気ない自分の言葉。
実は自分を縛ったり、制限している言葉ってどんなものでしょう?

それはこんな簡単なことだったりします。
「私は誰々さんのように意思が強くないからあんなことはできない」、「私って性格的に色々と細かく考えてしまうから人に言われたちょっとした言葉も気になってしまい、気分がすぐに落ち込むの」、「私ってめんどくさがり屋だからそこまでやる忍耐がない。そう言う事はできない」。

最初の例でいうと、例えば、最近は自分の健康について気になり、オラクルカードを引くと健康的な食生活をするようにと言うメッセージや少しはエクササイズをするようにと言うメッセージが来ている……そうだよね~~とは思うけれど、私、意思が弱いから……最近ジョギングを始めたと言う○○さんのようにはできないわ。だって○○さんは意思が強いから。意思の弱い私には無理。

こんなふうに自分の頭の中で考えていたとしたら、それは自分に言い聞かせている呪縛になる言葉であり、自分の可能性を制限する言葉。これから健康になりたいと言う自分の想いを抑え込んでいるわけですね。
本当の心の声は「そろそろ身体のことを考えて、健康になりたい。それにはこんなことをするといい」と伝えて来ているし、それをすれば人生そのものが変わる可能性があるのに、その可能性も全て抑え込んでしまっている。

言い訳をしている自分の言葉の方が心地良く聞こえてしまうからネガティブな言い訳をしていることに気づかないかも。

自分の言葉がどんなものなのか、ネガティブかポジティブかを意識するような習慣が身についていないとすぐには気づけなかったりします。

ネガティブな言葉にも段階があるので、凄く悪い状況や状態を言葉にしている場合は自分でも気づきやすいです。
でも、それって凄く悪い言葉じゃないけど、それほど前向きな言葉でもないよね~と、言った言葉もネガティブな言葉。
レベルとしては軽いネガティブと言ったレベル。
だからあまり気にならない。
でも、軽いレベルのネガティブな言葉も重いレベルなネガティブな言葉も持っている波動、言霊としてのエネルギーはマイナスな訳です。

結果的に自分にとってはマイナスな結果を招く。
そこを考えてみるといいのかも知れません。

これは凄く悪い言葉やマイナスな言葉じゃないよね~と言う言葉も厳密に分けるとしたら、マイナスの仲間。
だから自分が望んでいるもっと良い生活や人生には繋がって行かないんだ……と言うことをしっかり意識する。

先ほどの、「私は意思が強くないから」と言う自分の言葉。これを想うと言う事はネガティブであり、又、自分の潜在意識に「意思が弱い」と言うのが私です、と言い聞かせている訳です。
意思が弱いと言うのが私と言う人間の性質であるのだから、それでいいんだよ、と言っているのと同じ。
だから、その想いを聞いた潜在意識は、「そうか、私は意思が弱いんだ。それが私だからそれを受け入れよう。意思が弱い私を作り上げて行かなくては」と思うのです。

潜在意識に入れた言葉や想いは私達の想像以上のパワーを発揮します。
よく考えてみて下さい。
日ごろから凄いことをしている人、例えば優れたアスリートは常人が成し遂げられないと思えるような事をやり、素晴らしい結果を残します。

彼らは元々、何かのスポーツの才能の持ち主かも知れませんが、子供の時から常人と物凄く違っていなかったかも知れない。日ごろの訓練、練習でどんどんレベルアップをして行き、技術を磨き、私達が驚く結果を出している。

その訓練や練習に加えて、そのアスリート達は日ごろから自分にかける言葉や想いが違うのです。

「こんなの、できない……あんな高い所へ上がって技をやるなんて無理……」
こんなふうに日ごろから考えている人はいないはず。
無理、できない、怖いからダメ、なんて言葉や想いをいつもいつも持っていたら彼等の潜在意識は、あっ、無理なんだ、できないんだ……と言うことを受け入れ、その状態を現実のものとしてしまうからです。