お盆は現世利益を最大限に受け取れる、年に一度の機会だと知っていましたか?

しっかりと、問いかけを思い浮かべたら、お線香に火をつけます。このとき、「お線香の燃え方」をチェックします。
お盆は現世利益を最大限に受け取れる、年に一度の機会だと知っていましたか?

【お盆の由来は逆さづり】

世間では「お盆休みに入っている」という方も多いことでしょう。夏の長期休暇としてレジャーに出かけているという方、帰省してのんびりと過ごしているという方、様々だと思いますが、そんなお盆の由来をご存じでしょうか?

お盆の由来には諸説あるのですが、最も有名な物は仏教由来の「目連尊者(もくれんそんじゃ)」のエピソードです。釈迦の弟子であった目連尊者は、母親が死後に地獄に落ちて苦しみを受けていることを知ります。文字通り地獄の苦しみの中にある母親を救うためにはどうしたらよいのかを、釈迦に尋ねたところ「7月15日に僧侶をあつめて、供物をささげて供養すれば良い」という答えを貰ったので、実践したところ、「地獄から母親を救い出すことが出来た」のです。

このことから、7月15日に地獄で苦しんでいる人を救うための法要が行われるようになりました。ちなみに、仏教ではお盆は本来「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれています。これは、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字にしたものです。ウラバンナとは何かというと「逆さづり」のこと。前述の目連尊者の母親が地獄で逆さづりにされて苦しんでいたことから、このような名称になりました。

ウラバンナは、地獄で逆さづりにされるような苦しみを受けている人を救うための法要であり、似たような要素を持つ施餓鬼供養も目連尊者がルーツとされていますので、仏教のお盆というのは、「苦しんでいる死者を救うためのもの」だったのでしょう。それが日本に伝わることで、古来から行われていた「御霊祭り」と呼ばれる、祖先の霊を迎える儀式と融合して、現在のような形のお盆となったわけです。

 

【ご先祖様こそ、確かな現世利益をもたらせてくれる】

161664956

 

お盆には、祖先の霊を家に招き、交流した上で、またあの世に帰って貰うわけですが、仏教的に見ると、地獄から救い出して浄土へと旅だって貰うという意味合いもあります。核家族化が進むと同時に、お盆の風習自体も廃れてきていますが、実はスピリチュアルな観点から見ると、お盆というのは、ご先祖様だけでなく、「自分自身にとっても多くのメリットが秘められている」のです。

私たち人間に御利益をもたらしてくれる存在というと、神仏、天使、妖精などなど、目に見えないながら、多くの存在がありますが、もっとも私たちを強力にサポートしてくれるのは「ご先祖様」なのです。多くの人からの願いを受け取り続けている神仏や天使に比べると、ご先祖様というのは、より個人に密着しているだけでなく、絆も深いために御利益も具体的になります。

要するに、仕事で成功したい、お金が欲しい、結婚がしたいといった「現世利益」をもたらす力が最も強いのがご先祖様というわけです。ですので、お盆にはしっかりとお墓参りをして、「ご先祖様との絆を強めておく」と、今自分が抱えている願い事を叶えてくれるかもしれません。

 

【お墓参りでご先祖様の意向を知る方法】

433493089

 

受け身ではなく、「ご先祖様の意向を聞いて、願い事をより確実に叶えて貰う」という方法もあります。せっかくのお盆ですので、そんな、お墓参りにいったときに利用できるご先祖様とコミュニケーションを取るための方法を紹介しましょう。

その方法とは「お線香」を使うもの。お香の煙というのは、死者にとっては力になるものであり、中国などでは「あの世に持って行ける数少ないアイテムのひとつ」とされているほどです。お墓参りでも、もちろんお線香は必要ですが、お供えするときにちょっとだけ工夫すると、お墓参りの質がぐっとアップします。

まずは普通にお参りします。そして、「お線香に火をつける前に、心の中でご先祖様への問いかけを投げかけます」。例えば「お墓の掃除に満足して貰えましたか?」「○○をお願いしたいのですが叶えていただけますでしょうか?」といった具合です。しっかりと、問いかけを思い浮かべたら、お線香に火をつけます。このとき、「お線香の燃え方」をチェックします。

「早く激しく燃えている」ようでしたら、ご先祖様はしっかりと満足してくれています。問いかけには肯定的な答えが返ってきていると考えていいでしょう。「燃え方が悪い場合」は、あまり良くありません。ちゃんとお墓の掃除やお供えが出来ているのかをチェックしてみましょう。問いかけに関してもあまりいい答えが返っていないことになります。最悪は、「火が途中で消えてしまう」ことです。このような状態の時はご先祖様が怒っています。なにか失礼をしていないかどうかをしっかりと考えてみましょう。この場合は、問いかけには答えてくれるどころか、逆に不運をもたらしかねませんので要注意です。

ご先祖様の環境を整え、苦しんでいる状況からちゃんと救い出すことができれば、ご先祖様も、あなたを「しっかりと守護して現世利益を与えてくれます」ので、今年はお盆のお墓参りをいつもよりもしっかりしてみることをオススメします。もちろん、お線香の燃え方は要チェックですよ!

Obon and this world profits.
How to receive a message from the ancestors?

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809