人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンス!Vol.1

お誕生日ボトルがあるニュージーランドのフラワーエッセンス
人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンス!Vol.1

こんにちは、ニュージーランドフラワーエッセンスジャパン、カウリ・ホリスティック・ヒーリング主宰の濱美奈子です。フラワーエッセンスのこと、ニュージーランドのこと、占星術アロマのこと、その他いろいろ、皆さんと一緒に楽しんでいけたらなーと思っております。それでは、早速ですがニュージーランドのフラワーエッセンスをご紹介させていただきます。

まずは私自身が最もインパクトを受けた理由から。それはフラワーエッセンス「なのに」お誕生日でボトルを選ぶことができる、ということでした。世界の多くのフラワーエッセンスは、繰り返されるネガティブな感情や言動をキーワードにボトルを選択するという左脳的選択、あるいはカードや直観で選ぶ右脳的アプローチが主流かと思います。ところがニュージーランドフラワーエッセンス(以下NZFE)の場合、例えば1月23日ですとNo31のネイティブアイリス、6月10日だとNo9のコルといったように、ボトルがお誕生日に対応させてあるのです。そしてこれは西洋占星術がベースとなっています。対応するボトルはフラワー(花)のレンジで、その数は36本。それらが占星術の牡羊座から魚座までの12サインに3本ずつ対応しているのです。これによって「その人が生まれ持った素敵な部分にフォーカスし、その部分を伸ばす」というポジティブなアプローチでエッセンスを選ぶことができるのです。このポジティブなアプローチ方法につきましては、また別の機会にもう少し詳しくお話させていただきます。

人間的な視点からなのか?魂の視点からなのか?

その他にも、オーラに対応するファーン(シダ)エッセンス、チャクラに対応するツリー(木)エッセンス、タロットカードに対応するプラント(植物)エッセンス、前世や系譜を遡るシード(種)エッセンス、ヒーラーやエネルギーワーカーのためのヒーラーズコレクション、シャーマン的な働きをするシャーマニックコレクションなどなど、私たちを単に物理的な人間として見ているだけでなく、魂の旅人としてフィジカル、メタフィジカルの両側面からホリスティックに捉えてあるのです

しかし、ただ対応している、というだけではなく、それらを統合的に使えるようなシステムも同時に構築されています。クライアントさん、あるいは自分自身と対峙した時、あるひとつの面から見るのではなく、多角的にみることがフラワーエッセンス使用の際のシステムとして構築されています。人間的な視点からなのか?魂の視点からなのか?そんな使い分けもできるのがNZFEなのです。

フラワーエッセンスはお花の波動を水に転写させたものと言われています。その波動は様々な変容をサポートしてくれます。そしてその使い方を工夫すれば更にその選択肢は増えます。それをいとも簡単に実行させてくれるNZFEをこれから少しずつ紹介させていただきます。

with much Aroha
濱 美奈子
(Arohaとはニュージーランドの先住民族マオリの言葉で無条件の愛という意味があります)

ニュージーランドフラワーエッセンス・ジャパン
http://www.nzfej.jp/