人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンスVol.7 ~木星が乙女座に入ったことのフラワーエッセンス~

占星術と聞いて「12星座」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。雑誌やテレビでよく見る「星占い」ですね。ですから、占星術対応と聞くと、牡羊座から魚座まで12本のボトルがあると想像される方もいらっしゃるかもしれません。
人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンスVol.7 ~木星が乙女座に入ったことのフラワーエッセンス~

突然ですが、先日、木星が乙女座に入宮しましたね。これによって世の中の幸運や発展の可能性がこれまでの獅子座的な傾向から乙女座的な傾向に変わっていく、と言われています。

個人的には「ブラッシュ・アップの一年がスタートしたのかなー」と考えています。獅子座の影響で表に出てきたあなたの「JOY」に磨きをかけて現実化させていく段階に入ったのではないでしょうか。

 

【占星術とフラワーエッセンスの関係性】

と、ここで「フラワーエッセンスなのに占星術のトピック?」と思うかもしれませんが、占星術にも対応できるのがフラワーエッセンスのステキ! なところです。フラワーエッセンスというヒーリングメソッドは、ある意味、最も柔軟な「選手」の一人です。いろいろなポジションにサポートに入ることができます。上記のような占星術であったり、タロットであったり、数秘術であったり、スピリチュアルリーディングであったり。

もちろん、フラワーエッセンスにおいては、カウンセリングを行い、その上でボトルを選択するという王道がありますが、それ以外にも他のメソッドと一緒に働くことが可能となっています。そのひとつの例を「木星が乙女座に移動」と合わせて紹介させていただきます。

minakohama01

 

【12星座の効力をもつフラワーエッセンス】

まず、占星術対応のフラワーエッセンスとはどんなものでしょうか?

占星術と聞いて「12星座」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。雑誌やテレビでよく見る「星占い」ですね。ですから、占星術対応と聞くと、牡羊座から魚座まで12本のボトルがあると想像される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、12本だけですと少しザックリですよね、どちらかと言うと先程の「12星座の星占いボトル」というエンターテイメント的な要素によって作られたボトルという感じになってしまいます。
「占星術に対応している」というからにはもう少し活用可能なボトルが必要になってきます。それがフラワー(花)レンジの36本のボトルです。ひとつの星座に3本×12星座=36本となっています。

西洋占星術では天体の配置を360度の円に示したホロスコープを使って進めていくことが基本になっています。その中で12星座はトロピアル方式(太陽が春分の日に牡羊座の0度に位置して分割する方法)で春分点から黄道を30度ずつ区切っています。ひとつのサイン(星座)は30度ですが、実は度数によって同じ星座の中でも、特徴に変化が現れます。

これを第1期(0度~9,99度)、第2期(10度~19,99度)、第3期(20度~29,99度)に分類し、それぞれを「個」としてとらえたりもします。
36本のフラワーレンジのボトルは、この第1期、第2期、第3期の一つ一つにボトルがありますから、それぞれの感受点に呼応させ、1つの星座の性質をより細やかにサポートすることができます。

また太陽以外にも月や金星、木星、アセンダント、MCなどの度数での呼応が可能になるのです。(さすがにサビアンにまで対応とはいきませんが、、、)
*フラワーレンジの一覧はこちらのページを参照してください。
http://www.kauri-jp.com/nzfefl.html

 

【占星術に対応のフラワーエッセンスの活用方法】

では、具体的にはどのように活用できるのでしょうか?
個々のヒーラーさんやプラクティショナーさんによって、様々な活用方法が考えられるとは思いますが、

A フラワーエッセンスのセッションに占星術的な要素を取り入れていく

B 占星術のホロスコープ鑑定に対してフラワーエッセンスのボトルを対応させていく

という2つが大きなアプローチになるかと思います。

 

Aはフラワーエッセンスプラクティショナー視点です。

通常のフラワーエッセンスのセッションに「今の宇宙のエネルギーを味方につけるエッセンス」をプラスするために乙女座のエッセンスを入れます。

乙女座のエッセンスは下記の3本です。

No16スモール・ホワイト・ラタ キーワード:完全 (乙女座第1期)
No17アケピロ キーワード:統合 (乙女座第2期)
No18パープル・コロミコ キーワード:シンプル (乙女座第3期)

ホロスコープが読める方はセッション時点での木星の位置を確認して対応するボトルをセレクトすることもできますし、3本のキーワードからクライアントに合ったものにすることも可能です。

フラワーエッセンスのセッションは、時としてクライアント自身、その「個」に集中してしまうことがあります。しかし、私たちは人間としてこの世の中を生きています。「個」に集中するとともに周りにも目を向けるというバランスをこうした形でクライアントさんに伝えるのも一つの方法かもしれません。

 

Bの場合は占星術鑑定・占星術リーディングをヒーリングや開運に適応させた場合の使い方となります。

この場合、

クライアントさんがいま、欲している「コト」
クライアントさんの本来持ってる資質
クライアントさんの現在の流れ
クライアントさんの現在の実状況

に合わせて、ボトルをチョイスします。チョイスの仕方はそれぞれですから、その中の選択肢の一つに乙女座というものがある、と考えていただければいいかと思います。

特にクライアントさんの主訴の中に開運という言葉がキーワードで確認できるケースにおいては、この一年は乙女座のフラワーエッセンスはジャストフィットなのかもしれません。

minakohama02

ニュージーランドフラワーエッセンスは様々なメソッドに対応させるというのが前提で構築されてきました。フラワーエッセンスそのものがヒーリングメソッドというだけではなく、他のメソッドのツールとしても使用可能となっています。つまり、使う人を選びません。

プラクティショナーはカウンセリングというアプローチで使うことができます。占星術家の人も、スピリチュアルヒーラーの方も、私のようなアロマセラピストの人たちにとっても、利用できる「とっかかり」が設けてあります。
使う人が既に身につけているメソッド・スキルや、感性や、直感や、新しいアイディアを尊重できる、そんな可能性をフラワーエッセンスは秘めているのです。

もちろん、こちらで学んだことにも占星術対応のフラワーエッセンスは対応可能です。
水晶玉子先生の占星術アドバンス講座
~実践のカギはハウス、上達のコツは逆読みリーディング~

ワークショップの詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.kauri-jp.com/astrology.html

with much Aroha
濱 美奈子
(Arohaとはニュージーランドの先住民族マオリの言葉で無条件の愛という意味があります)

 

【ニュージーランドフラワーエッセンス・トリートメントフォーミュラー】
ご注文はコチラへ
https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1746

 

ニュージーランドフラワーエッセンス・ジャパン
http://www.nzfej.jp/

カウリ・ホリスティック・ヒーリング
http://www.kauri-jp.com/