女性らしさを高めていくなら優しいピンク! 甘えることを許可していく色としても意識してみて!

今回はピンクをテーマカラーに! 春はピンクの似合う季節。女性らしさを高めるためにピンクを取り入れてみませんか。

こんにちは。
カラーセラピスト・シータヒーラーの、しんぽんです。

春先の寒暖差が強い時期を過ぎて、やっと暖かい陽気が安定する気候になってきましたね。
そろそろGWも近づいて、大型連休にウキウキワクワクされている方も多いでしょうか。
そして、春はやっぱり淡い色、パステルカラーが大活躍する季節。
そんな中でやっぱり使用頻度が高いのがピンクですよね。

今回もカラーセラピーや色の効果をもとにしたお話をお伝えしていきますね。

 

女性らしさや美意識の象徴ともなる、愛の色ピンク

カラーセラピーをベースにした色の意味の中では、ピンクには下記のようなキーワードがあったりします。

・女性らしさ
・尽くす
・世話
・共感
・愛されたい
・自分好き
・気配り
・ロマンチスト

ピンクといえば女性らしさ、少女らしさ、美意識の象徴のような色
好き嫌いもわかれる色かもしれませんが、女性らしくありたい人には大人気のピンクですよね。

逆に女性らしい色であるがゆえに、そこにネガティブなイメージを持っている場合には、ピンクを苦手とする人もいるでしょう。
例えば、男性に媚びるとか、甘え上手、彼氏に依存しているとかね。

でも、そこには自分も女性らしくふるまいたい、可愛らしくなりたいという願望も見え隠れしているのでは?

女性らしくありたい人が意識する色としても、自分の中の女性らしさを育んでこなかったり封印していた人でも、いい加減向き合ってみようかなと思われる方はピンクを取り入れてみるといいですよ。

 

自分の中にある可愛い部分を表に出していくことを許可する意識サポートをピンクでしていこう

ご自分の中にある女性らしい部分、可愛い部分をアピールすること、表に出していくことに拒絶感を持っていたり、自己ダメ出ししている人も一定数いるんじゃないかと感じます。

誰しもが、男性的な側面と女性的な側面を持っていて、ご自分の中にあるしっくりくるバランスの中でその両性を感じているんじゃないかと思いますが、どちらか一方に傾き過ぎていたり、抑圧していたりするのもそれはそれで生きにくいのではないかなと思います。

なかなか自分の中にある可愛い部分、甘えたな部分、優しさや配慮に長けた部分、そういった女性的な側面も育んでいく色としてピンクを使ってみてください。

抵抗感が強い人もいるかもしれません。
その場合には、人目にはつきにくい持ち物で取り入れるなどしてみるといかがですか。

個人セッションに来て下さる方には、スマートフォンや携帯電話の待ち受け画像にピンク色ベースのイラストや写真を設定して眺めることをおススメしたりもしています。

カラーメディテーション(色彩瞑想法)やカラーブリージング(色彩呼吸法)でその色を意識して体内に取り入れてみるという働きかけもあります。
ヨガなどで瞑想や呼吸法に慣れている方は、こちらも試されてはいかがでしょうか。

今回はピンクの色の意味をもとにメッセージにしたり、生活や意識への取り入れ方をアドバイスしてみました。
日常に溢れている色ですが、1色1色には様々な意味があり奥深い世界です。
このコラムが色を生活に取り入れたり、ご自身の意識付けに使うカラーの参考にでもなれば幸いです。

それでは次回のコラムも楽しみになさっていてくださいね。

 

ヒーリングメールの登録はこちら
https://www.reservestock.jp/subscribe/38620

 

《しんぽん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/shinpon/?c=116252