~『オーガニックコスメ』 ホントのところ~

オーガニック認証マークがついていると安心、全ての成分が天然のもので作られていると思いこんでいたりと。勘違いしていたこと、いろいろと曖昧なところも多いのかもしれません。
~『オーガニックコスメ』 ホントのところ~

ホリスティックセラピストの笹本佳代です。
今回は『オーガニックコスメ』についての基本的なお話です。

ここしばらくは、デパートの化粧品売場でもナチュラルコスメの数が多くなっていたり、『オーガニック』という言葉もコスメ類でよく目にするようになったり。

パッケージの見た目や使い心地がよければそれでいい!! といった志向から、中に何が入っているのかをきっちり確認し、化粧品を購入する人も増えてきているのではないでしょうか。
食品同様、肌にもできるだけ安全で無害なものを選びたい、という考えでコスメ選びをする人も多くなっているような気がします。
また、化粧品会社も「オーガニック」や「ナチュラル」を打ち出す製品を出していたり。
市場もどんどん広がってきているようです。

93945232

 

日本におけるオーガニックコスメの定義

そもそも「オーガニックコスメ」とはどういったものを指すのでしょうか?
「ナチュラルコスメ」もそうですが、「オーガニックコスメ」と表記されていると、肌に優しいと思っていたり。
オーガニック認証マークがついていると安心、全ての成分が天然のもので作られていると思いこんでいたりと。勘違いしていたこと、いろいろと曖昧なところも多いのかもしれません。

59764519

 

実はまだ日本では、オーガニックコスメを公に認証する機関が存在しないのが実際のところ。
オーガニック栽培された植物エキスが少量、その他は石油から作られた成分であっても、「オーガニックコスメ」と謳うことはできます。
きちんとした基準がないので中身もバラバラ、オーガニックコスメ自体の定義もないというのが現状です。

328775612

 

海外のオーガニック認証機関

では海外の認証はどうなのでしょうか?
こういった認証マークを見かけたことがあるかもしれません。

USDA   ECOCERT

 

一例ですが、アメリカの認証機関「USDA」とフランスの認証機関「エコサート」。

海外ではこうした認証機関はありますが、統一基準となるとまだありません。
(統一に向けての動きはあるようです)
そのため、このふたつの認証機関を例にとっても、オーガニックコスメに関する基準が違っています。
石油及び石油系合成成分の使用が不可である「USDA」に対し、一部含まれても認証がとれる「エコサート」。
ここからわかるのは、オーガニック認証がとれていても、石油系合成成分が一切入っていないとは言えない、ということなんです。

133972433

 

消費者も賢くコスメを選ぶ時代

肌が敏感な人が「オーガニック」と書かれたコスメを購入したものの、中身はほとんど石油成分、そのため肌がかぶれたという人もいるかもしれませんね。
一方、天然だからいいというわけではなく、人によってはアレルギーを引き起こす成分や強いものも中にはあります。
ここでは、そうした天然対合成の論争はしませんが……。

「オーガニック」という言葉に踊らせられないためにも、まずはこのような基本的な背景や実情を知り、賢くコスメを選びたいものですね。

58298344

 

ブログ:http://ameblo.jp/natura-botanica/

Facebook:https://www.facebook.com/sasamoto.kayo

 

《笹本さんの過去の記事はこちら》
http://www.el-aura.com/natura-botanica1/