アロマテラピーがもたらす「香りのチカラ」で心身ともに健やかな毎日を送りましょう

精油(エッセンシャルオイル)は、植物から抽出した天然の芳香物質であり、植物のエッセンスがギュッ!! と凝縮されたもの。 その精油に含まれる成分が心身のバランスを整え、本来自分自身がもち合わせているパワーを引き出そうとしてくれます。
アロマテラピーがもたらす「香りのチカラ」で心身ともに健やかな毎日を送りましょう

ホリスティックセラピストの笹本佳代と申します。
はじめましての今回は、私が長年関わっているアロマについてのお話です。

「アロマテラピー」、この言葉はもう既にご存知の方も多いと思います。
言葉だけは知っていても、詳しくは知らないといった方も実はまだまだ多いのでは??
目に見えない香りのチカラが私たちにどういった影響を与えるのか、早速みていきましょう。

 

アロマテラピーとは??

「アロマテラピー」の言葉自体は、

アロマ=香り
テラピー(セラピー)=療法

「芳香療法」といった意味になります。
いい香りを嗅ぐとホッとしたり、元気が出たり。。。
簡単に言ってしまえば、これがアロマテラピー。

いい感じにリラックスできているときには、アイデアがふと浮かんだり、自分の思っている以上の力が発揮できたり……といったことを経験した方もいらっしゃるかもしれません。
香りの力を利用して、そんな状況を作り出すこともできるのです。

 

本能を司る脳と嗅覚の深い結びつき

次は脳と嗅覚の関係性について。ここがわかると香りについての理解が深まるかもしれません。

視覚や聴覚などの五感の中で唯一、気分や感情などの情動を司る脳にダイレクトに働きかける嗅覚。
「本能を司る脳」と言われる領域と深く関係しているので、いい香りを嗅ぐことは脳を喜ばせ、心地よいリラックス状態をつくり出し、身体全体、心にまでいい影響を与えることになります。

好きな香りを嗅ぎ、“快”状態になった脳からは、様々なホルモンを出すように命令が下され、命令に従って放出されたホルモンは血流にのり体内を巡っていきます。
そうしたホルモンのおかげで肌がツヤツヤになったり、体の調子がよくなる、精神が安定したり……と私たちにとって心地のよい状態に近づくことができます。

138340673

 

アロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)とは??

精油(エッセンシャルオイル)は、植物から抽出した天然の芳香物質であり、植物のエッセンスがギュッ!! と凝縮されたもの。
その精油に含まれる成分が心身のバランスを整え、本来自分自身がもち合わせているパワーを引き出そうとしてくれます。
また、弱っている部分を補うようサポートしてくれるものともいえます。
精油の心地よい香りがストレス症状を緩和し、ココロとカラダのバランスを整えるお手伝いをしてくれるのです。

354504398

 

人工には叶わない天然の香り

香りなら何でもいいの?? といった質問もよく聞かれますが、そうでもありません。
合成された成分をいくら集めたとしても、天然の植物そのものの働きを作り出すことは難しいと言われています。

たとえ香りを似せて人工的に作ったとしても、成分的には同じものにはならないということ。
そういったところからも、精油を選ぶときには良質な天然のものを選ぶことも重要です。
まずは天然の精油の中から、いい香り!! と思うものを見つけるところからはじめてみて下さい。

香りのチカラ、少しはご理解頂けたでしょうか?

健やかな毎日を送るためにも、普段の生活に香りを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ブログ:http://ameblo.jp/natura-botanica/

Facebook:https://www.facebook.com/sasamoto.kayo