<2015年12月25日(金) 20:11 託氣流キネシ 満月解釈>

月が女性の化身と語られるならば、その、穏やかでまばゆい光を内側から放つ女性でいられるように、月の力を身に受ける術を、託氣流的にお話しします。
<2015年12月25日(金) 20:11 託氣流キネシ 満月解釈>

 
月の光は人を狂わせる、だから見てはいけない、という人もあれば、月は女性に多くの幸運を与えるので、積極的に月光を浴びなさい、という人もいて、結局、どちらにすればいいか、迷うことはありませんか?

答えは、どちらもYES で、どちらも NO だと 託氣流では考えます。
大切なのは「美しい月の光を幸運に変える力と、そのためのアクション」ではないでしょうか?

月が女性の化身と語られるならば、その、穏やかでまばゆい光を内側から放つ女性でいられるように、月の力を身に受ける術を、託氣流的にお話ししていきたいと思います。

WEB用タイトル

※託氣流(たきりゅう)という言葉とは?
託氣=瀧  流=龍 人内の龍と人外の龍の交流をあらわした文字で、人の中に存在する龍がその人間の流れる先(未来・可能性など)を気取り(けどり)伝え、時には、人外に存在する流れ(龍脈・エネルギー など)へも水(水分)をつたい、必要とする情報を請い、それを伝えるという意味を持ちます。

※託氣流キネシとは?
人と世界を取り巻く水の情報に働きかけ、現在の自分にとって、最適な選択肢、可能性を、手首に返ってくる微細な反応から読み取っていきます。
自分の望む未来に近づくために簡単でやさしく、自分を変えていく術を日常生活での習慣や行動の中から見つけお伝えいたします。
プライベートからビジネスシーンまで「鏡」の役割をして、未来へのさまざまな選択肢・可能性のご提案をしています。

 

<2015年12月25日(金) (20:11)の満月が持っている意味>

変わらず空にある月であっても、それを見る自分も自分を取り巻く世界も1年で大きく変わってしまいます。同じ季節の月であっても、今ならではの細やかなニュアンスの違いがでてきます。

今回の満月は、【生活の安定を守るためのシビアなセンスを磨く】というテーマを持つようです。

これは、安定した生活を手に入れるために、自分の本能的な欲求や感性をあえて調律することで、自分なりのリズム感を持った生活スタイルを確立する、という意味になります。

生活リズム318662111

 

これは
よい方に転がると→ 豊かになるリズムを持った生活リズムを身につけられます。
悪い方に転がると→ 自分のこだわりにこだわりすぎて、チャンスを受け取りにくくなります。

光強ければ闇また深し。
満月の輝きを手に入れるためには、月の影を味方につける必要がありますので、満月から次の新月までには次のことに心を配ることをおすすめします。

 

★恋のために★
好きな人には自分をよくみせたくなるものですが、この時期は、自分のセンスを自慢したくても、するのは控えましょう。
また、特別な人には自分を特別に見て欲しいのも人の心ですが、自分の神秘性を過剰にアピールしたりするのも、不思議ちゃんにみせるのも、今回は控えた方が無難です。素の魅力の邪魔をしてはいけないようですね。

★仕事のために★
年末が近づきあわただしさに拍車がかかる時ですが、こういう時だからこそ、いつもより何事も余裕をもって見積もることが大切になります。
仕事もギリギリまでせず、いつもよりもさらに早めに終わらせるくらいがちょうどよいでしょう。
何かを選ばなければならない時は、揺れ幅が大きくなるようなことではなく、慣れたものや、確実性の高いもの、見通しの高いものを選ぶようにするのがポイントです。

★お金のために★
いつも以上に身だしなみに気をつけることが大切になります。
パーティーなども多くなる季節ですが、派手で目立つ奇抜さや、自分のセンスを見せつけるようなものではなく、その場のTPOが求めるものを第一優先にすることが、結局、自分の良さを引き立ててくれるでしょう。

★美しさのために★
環境から影響を受けやすいときなので、長くいる場所を、快適さ重視に整えることが大切になります。
大掃除の季節ですので、いつも以上に、会社では、自分のデスクだけではなく、お手洗いなど、よく行く場所などの掃除も積極的にしてみたり、自室ではベッド回りのお手入れに手間をかけるとよいですね。
(散らかったままだと美貌も散らかるようです)