略奪愛! 来世を待たなくても、今世であなたが彼と結ばれる方法

この記事は、プリンセスマインドの考え方を取り入れて、今ならこのようなアドバイスができることをまとめてみました。
略奪愛! 来世を待たなくても、今世であなたが彼と結ばれる方法

魂のレベルで前世にも出会っていた可能性

引き寄せの法則〜プリンセスマインド・コーチの仲谷めいです。
プリンセスマインドとは、「自分を愛し、相手を愛す」ことです。

今回は、略奪愛! 来世を待たなくても、今世であなたが彼と結ばれる方法についてです。

今、何らかの形で出会っているあなたが想いを寄せる人は、魂のレベルで前世にも出会っていた可能性があります。

前世では、恋人同士で、今世では何らかの障害があり結ばれていない可能性もあるのです。

しかし、本来結ばれる2人ならば、その試練を乗り越えて結ばれる人達も少なくありません。

 

略奪愛! 来世を待たなくても、今世であなたが彼と結ばれる方法

434507515

□略奪愛に勝つ方法 1. 〝都合の良い女〟にはならないこと
自分がこの人といると楽しい、という気持ちよりも「都合の良い女になっている」という気持ちの方が強い場合、ネガティブな波動が強いので、エネルギーが良い方向にはいかないです。

そんな時についつい「早く奥さんと別れて」などと相手に言ってしまうとマイナスになります!

また、彼は「妻と上手くいっていないよ」と言いながらも実は最近、奥さんは妊娠していて来年には子どもができると知った、など一喜一憂するのではなく、自分が相手を振り回すくらいの小悪魔マインドも略奪愛には必要です。

□略奪愛に勝つ方法 2. 自分を愛し、相手を愛す

262914386

相手が人生の1番として考えるのでなく、まずは自分を愛すことだと思います。

自分の好きなことに打ち込んでみたり、仕事が好きならば、キャリアアップを狙うことも良いでしょう。

何か自分だけの為に夢中で時間を使えることを見つけることで、自分を愛していけます。

まずは、相手のことで苦しいのではなく、小さなことでも良いから〝自分自身を自分で幸せな気持ちに満たせるようにしよう!〟という気持ちを大切にしてみてください。

□略奪愛に勝つ方法 3. 遠慮しないで言いたいことは言う!
「早く奥さんと別れて」などと相手に言ってしまうとマイナスになると言いましたが、相手にパートナーがいる男性を好きな女性が、必ずしも浮気相手や不倫相手の関係ではないこともあります。

そのような関係ではなくても、職場や定期的に集まる場所で、好きな相手に想いを募らせている恋もあるのです。

恋愛に積極的になれない女性で、相手が独身の間に積極的になれず彼が結婚した今でも引きずり過去を後悔している……このような【溜め込みタイプ】の恋愛をしている方は、思い切って気持ちを伝えた方が良いこともあります。

相手は、あなたが自分に想いを寄せていたことすら伝わっていないままかもしれません。
モヤモヤした気持ちでいるという状況が、あなた自身を苦しめているかもしれないからです。

 

もともと略奪したのは相手の女性というケースもある!?

411449239

先ほど略奪愛を狙っているのではなく、もともと略奪したのは相手の女性で、略奪された側でまだ相手を想い続けているケースもあります。

◾︎あの時、わたし達はお互いに好き合っていたのに、ライバルが(今の彼の奥さん)が邪魔をしてきてタイミングを逃した……その後、2人は付き合い始め結婚した

というような一言では語れないケースです。
もちろん、間に入ってきた女性も、彼のことが好きで積極的にアプローチしただけなので、誰も悪くないです。
しかし、恋愛は誰もがガツガツと積極的に相手にアプローチできるものではありません。
相手が独身の時に、もう一歩で上手くいく恋がライバルによって引き裂かれることもあるのです。

現在アラフォーで子どもを産みたいので、そろそろ次の恋に進むべきだとはわかっている、今世ではもうこの人とは結ばれないのだろうか……。

とライバルに恋愛を邪魔されてしまい、長く苦しんでいる友人の恋愛相談にのったこともありました。

わたしは当時、自分なりのアドバイスをしたように思います。

この記事は、プリンセスマインドの考え方を取り入れて、今ならこのようなアドバイスができることをまとめてみました。

実際には、”略奪愛”ではなく、結果的に運命の人との出会いを〝引き寄せる方法〟と言った方が正しいかもしれませんね。

今回の記事は、引き寄せの法則~プリンセスマインドブログのこちらの記事からご紹介しました。
書ききれなかったことも載せていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

♦︎引き寄せの法則~プリンセスマインドブログ
※月間11万PV(アクセス)突破!
http://london-mei.com/

 

《仲谷めいさんの過去記事はコチラ》