旅の途中にあるもの〜身ひとつ、身軽で進むには〜

過去の荷物を持ち続ける必要はありません。 身体ひとつ、身軽に歩いてみませんか?
旅の途中にあるもの〜身ひとつ、身軽で進むには〜

旅は身軽が一番です。

人生の旅も手ぶらで進みたい。

旅の途中にあるものは、あった場所にそのまま置いていきます。
体験は、その場その場にあるものです。

今、アジアの古都を歩いています。
旅の途中では、さまざまなものに出会います。

美しい寺院、大きな樹木、あふれんばかりの花々、捨てられた犬、物乞いをする親子、
石畳に映える僧侶がまとう鮮やかなオレンジ色の布、ちょっとしつこい売り子さんに、何も買わなくても日に焼けた美しい笑顔をくれる人、両替で金額を間違えて多くくれる銀行員、小さな小銭をごまかす店員、顔を見て売値を変える店員に、無償の奉仕をし続ける人。
散らかって汚れたゴミの山の近くで、マントラを唱えながら気の遠くなる時間を注いで書き上げた1枚の絵が売られ。きらびやかな衣装と化粧のオカマさんに、托鉢姿のお坊さんと。
いろいろなものが雑然としている町を歩いています。

旅の途中では、さまざまなものに出会いますが、
ただ、そこにあるものを体験しながら通り過ぎるだけです。
美しいものも、そうでないものも、ただそこにあるだけです。
持っていくことはできません。

美しい寺院に進み入り、ただ、そこにある静寂を感じます。
その静寂は、持っていくことも、持ち歩くことも出来ません。

ごまかされた嫌な経験も、美しい笑顔に出会えた経験も、
祝福された喜びも、場違いだと感じた感覚も、
ひとつひとつの経験は、それぞれの体験の場にあったものです。

274039670

 

持ち歩くことはできないものです。

私たちの人生の旅も同じです。
毎日、さまざまな体験があるけれど、それは人生の旅の途中にあったものです。
家庭だろうと、職場だろうと同じことです。
それは、人生の旅の途中にあったものです。
それらは、人生の瞬間、瞬間の中にあったもので、瞬間、瞬間それらは旅の後ろに流れていきます。

旅の途中に、あった場所にそのまま置いていきます。
過去を振り返ることはあっても、その過去をそこからいまここに持ってくる必要はありません。
過去を振り返ることはあっても、見たらまた、あった場所に置いてきてください。

今日は、美しい寺院をいくつか訪ね、美しい笑顔にも会いました。
それらを、そのままの場所での体験として、そのまま置いてきました。

10年前の裏切りや、
1年前の苦しかった出来事。
ましてや子供の頃に体験した友人や親の対応など、
今、この瞬間まで持ち歩く必要はないのです。

旅は身軽が一番です。
もしも、出会うすべてのものを持ち歩いたら、すぐに動けなくなります。
荷物は多ければ多いほど、疲れます。

222797953

 

人生は流れる川のようです。

流れ続けて、いずれ海にたどり着きます。
川の途中で出会う風景も出来事も、ただそこにあったものです。
瞬間、瞬間を体験しながら進むだけです。

過去の荷物を持ち続ける必要はありません。
身体ひとつ、身軽に歩いてみませんか?

私はどこへいくにもリックサックです。
いつでも両手を空けていたいのです。

旅の途中にあるものは、あった場所にそのまま置いていきます。
体験は、その場その場にあるものだからです。

 

《仲谷めいさんの過去記事はコチラ》