あたりまえに使っている水に意識をむけよう。
〜生きている喜びを感じ、感謝を〜

あたりまえのことで気にもせず日々過ごしていたこと、でもそこに意識をむけると、あたりまえなことこそ幸せなことだと、再確認します。
あたりまえに使っている水に意識をむけよう。<br>〜生きている喜びを感じ、感謝を〜

人間が生きていくのにとても重要な水は、あまりにも身近すぎる存在で、家の蛇口をひねれば、普通に水道水がでてきます。
あたりまえの存在になっています。

でも水は命の源です。
もっと、水に意識をしてもいいのではないでしょうか。

 

なぜ水が大切なのか

人体の約70%は水分と言われてます。
この水が濁ると、人は様々な不調を感じます。
この水が澄んで、気持ちよく体内を巡っていれば、健やかな日々を送れるのです。

水は人間が生きていくために必要不可欠なものです。
実は腸内環境を正常化する上でも非常に重要な役割をはたしています。
水分が不足すると、便秘になりやすくなってしまいます。
便も80%~90%が水分で構成されています。
実は便もほとんど水分なのです。
そのため水分が不足すると、便も固くなります。
水を積極的にとると腸内をよい環境に保ちます。
腸内環境を整えるのは重要です。

 

水を積極的にとろう

一日にどれくらい水を飲んでいますか?
成人が一日に必要な水分量は、約2000ml~2500mlと言われてます。
この中には水だけでなく、お茶、コーヒー、味噌汁等や食べ物からの摂取もふくみます。
なかなかこの量を飲むのが難しいと思う方も多いのでは……。

でも実際には飲料水として飲んだほうがよい量は800ml~1300ml程度だといわれています。
コーヒーやお茶の場合はカフェインなどが含まれたり、ペットボトルのお茶、ミネラルウォーターは防腐剤化学物質が含まれるので、なるべく避けたほうがいいですね。
できるだけ良質な水を飲むようにしましょう。

 

水は浄化、癒しの効果がある。

水は体内の浄化だけではなく、癒しの効果がありますよね。
お風呂に入ったり、水に身体をつけると、リラックスしますよね。
心も身体もゆったりとして、心地よくなります。
これは、たぶん母親の胎内にいたころの感覚なのではないでしょうか。
生命の誕生は海から始まり、子宮の中の羊水は海水とほとんど同じだと言われてます。
人間の本能的なところで、安心安全で心地よいと感じているのかもしれませんね。

 

水からのメッセージ

*人類は我々水の存在さえ意識もせず浪費し続けてきました。
我々水は人類にこれまでになにも求めたことはありません。
我々水が初めて人類に救いを求めお願いします。
これ以上我々水の環境バランスを壊さないでください。
*その願いが受け入れられたとき我々水は初めて、あなた方にとって有用な、
今はまだ隠れている力を発揮できるようになるものと信じます。
そしてあなた方は、この単純な我々(水)の存在に気付いて、誰でも平等に
その機能価値をあなたの五感で気付いた刹那、その日から人類にとって
もっと役立つ我々(水)になることを約束します。

水より

中国四川大学客員教授(株)ENECO JAPAN 安藤伸章氏 の文章から
抜粋しました。

 

水に感謝を……。

あたりまえのことで気にもせず日々過ごしていたこと、でもそこに意識をむけると、あたりまえなことこそ幸せなことだと、再確認します。
そしてそのことに喜び、感謝の気持ちがわきあがってきます。
もう一度、水に意識を向けてください、水を飲んでください、生命の源の水、そこに生きている喜びを感じ感謝してみてください。
色んな気づきがでてきます。
忘れてもまた思い出し、その繰り返しをしながら、水に感謝して。

 

六憙望ホームページ
http://rokkibou.com

 

《中森 勝誉 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nakamori/?c=127413