ミスティック・ヒーリングの歴史と効能《2》〜The history and efficacy of Mystic Healing

ミスティック・ヒーリングは気を落としている人、悲しんでいる人、悲観的な人にはとても大切な安心感をもたらします。身体的または精神的に疲れている人、怒っている人、不安な人、孤独感を味わっている人にも効果があります。苦しみや痛みを抑え込んできた人、ストレスを抱えている人、神経質になっている人、よく眠れない人、またはただ平和と調和の人生を生きたいという人にも適切です。
ミスティック・ヒーリングの歴史と効能《2》〜The history and efficacy of Mystic Healing

この超越的セラピーを受けるのはちょうど賢明な友人、本人自身よりもその人のことをよくわかっている友人に助けてもらうようなものです。ミスティック・ヒーリングは私達には何が必要かを正確にわかっており、進んで私達を助けますし、その能力も完全に備えています。

言葉よりも経験に勝るものはありません。ミスティック・ヒーリングは、私達の内なる神性を経験させてくれます。
それは愛という、私達の内なる現実の経験です。分析的な理論は思考の娯楽にはなりますが、理論に時間を無駄に費やしても平和を渇望するハートを癒してはくれません。要約していうなら、ミスティック・ヒーリングは平和、愛、自由、幸せという崇高で高尚な霊的状態をダイレクトに感じさせてくれる実践と言えましょう。平和、愛、自由、幸せについて一般的に話題にはなれど、身をもって経験することはほとんどないものです。

 

このセラピーは直接繋がって効果的な助けを受け取る手段なので、セラピストの説教を受ける必要もありません。

セラピストは「落ち着きなさい、もっと自分や人を愛しなさい……」などと言います。
ですがこのヒーリングでは優しく内へと移り、平和と愛を味わいます。
内なる自分の中で、私達ははっきりと感じることができます-生きていくためには何よりも愛と平和が必要なのだと。

ミスティック・ヒーリングで、高次レベルの意識へとアクセスすることができます。人類の大多数は新たな高次意識へアクセスできる手段を知りませんから、これは偉大なる恩恵であり、誰かが意志の力で獲得できるものではありません。自分の意識を拡大させ、意識の深いレベルに到達するためには高次のパワーの存在と助けが必要です。それが愛のパワーです。高次の意識状態へのアクセスを得ることで、もっと進化した状態の自分自身を身をもって理解することができるのです。

霊的フォースがこのヒーリングの真髄です。それは「光」もしくは「神聖エネルギー」とも呼ばれるもので、超知性を本質とした存在です。つまり、このフォースは人間の身体・精神の次元を細部にわたるまで知っており、両レベルにおいて癒しを生み出す能力を持している、ということです。

セラピストは、受け手をこの高尚な愛のエネルギーに繋ぐ導管です。セラピストを通して受け手はセラピストの内なるワークの成果を受け取ります。セラピストは超自然体験の運び手なのです。
ミスティック・ヒーリングは人間の3つのレベル:身体レベル、精神レベル、スピリチュアルレベルすべてに働きかけます。したがってこのセラピーには奥行と幅があると言えましょう。

 

このセラピーは身体的疾患も、精神的疾患も治療します。

ケースによってヒーリングは様々です。身体的に楽になるまで2~3回のセラピーが必要な場合もあれば、もっと何度もセッションを必要とする場合もあります。時には身体疾患は治癒していなくてもセラピーのお蔭で受け手が高次意識レベルにアクセスし、ライフスタイル上でどの習慣を変えねばならないかガイダンスを受け取り、その通りに実行するためのパワーと能力まで受け取る場合もあります。何を変えるべきかがわかるばかりか、それを行動に移すための原動力も受け取ります。ミスティック・ヒーリングはその人の人生の価値観を変えるので、人生は自然や神聖な法則と調和する方向へと自然に向かってゆきます。ミスティック・ヒーリングを受けている時、実のところ私達はすべての疾患や苦痛の根本的原因-無知-に対処しています。ミスティック・ヒーリングでは英知の源・神からやってくるとても特別なパワーを使っているからです。ミスティック・ヒーリングを通して私達の英知は成長し、無知は減退します。人は無知によってのみ身体的・精神的疾患を患うのです。

ミスティック・ヒーリングは身体的疾患を癒すうえに、その疾患を生じさせた習慣・癖を手放して自由になる力にもなってくれます。ネガティブな習慣を克服する強さを与えてくれる場合もあれば、克服しようとする努力すら必要なくおのずと解放される場合もあります。簡単に、楽々とです。

習慣があまりにも深く根付いていると、意志の力ではどうしようもない時があります。ミスティック・ヒーリングはそういう領域にも有効で、意志の力を増強させ、害的な習慣を変えてゆく行動力を強化してくれます。

またミスティック・セラピーはスピリチュアルの世界に繋がる扉の象徴でもあります。セラピストを通して流れるスピリチュアル・フォースは受け手の意識内の新しい扉を開き、高次意識状態へと連れてゆきます。そこは受け手自身の神性が露わなところです。そのような経験をすると受け手はスピリチュアルの世界への興味が目覚め、関心が深まるかもしれません。
ミスティック・ヒーリングには他に、末期患者に多大なるサポートを提供できるというメリットもあります。平和に、自然に死を受け入れ、死に向かって前向きに歩むサポートとなります。

ミスティック・ヒーリングは気を落としている人、悲しんでいる人、悲観的な人にはとても大切な安心感をもたらします。身体的または精神的に疲れている人、怒っている人、不安な人、孤独感を味わっている人にも効果があります。苦しみや痛みを抑え込んできた人、ストレスを抱えている人、神経質になっている人、よく眠れない人、またはただ平和と調和の人生を生きたいという人にも適切です。

 

ミスティック・ヒーリングは単なる「手当て」療法ではありません。

エネルギーを送るのに身体的接触は必要としないからです。セラピストは患者に触れる必要がないので離れたところから治療を行うことも可能です。受け手はセラピストの近くで自信をもって心を開くだけでよいのです。そしてセラピストはこの高尚なエネルギーを受け取るための道具としてとらえることです。パワーの存在こそがミスティック・ヒーリングの効果の元なので、セラピストが受け手に触れずともこのパワーは受け手に到達します。

”二時間後にはとてもクリアな感覚になり、心も開いて内から満たされていました。それが何日も続きました。週末丸二日間のリトリートに行くとどれほどすごいことでしょう!素晴らしいギフトをありがとう。”
ジョーン・ランドール-ヴァーモント州 2012年

”あんな高波動なエネルギーを流してくださり、ありがとうございます。あんな短時間であれほど満たされた経験はありません。あのエネルギーがまだ脈打っているのを感じます。週末以来、私の中に喜びと幸せの小さな流れができています。これをずっと待っていました。ポーランド人は苦しみについては熟練していますからね(スマイル)
ありがとう、ミスティック・ヒーリングのリトリートを楽しみにしています。”
ヨアンナ/エイジア/ジョアンナ-ロンドン-2012年10月

ハビエル・デ・サラス
自己実現スクール・ゴールデン・レイ
ミスティック・セラピスト、メディテーションインストラクター

ハビエル・デ・サラス
http://javierdesalas.site/