彼・彼女の怒りを鎮める方法 カウンセラーの立場から

誠意を持って相手の立場に立って対応していけば、誤解は解けるでしょう。 カウンセラーのテクニック(キス・ハグを除く)は、簡単に利用できるので、彼・彼女が怒り出したら、試してみてください。効果あると思いますよ。
彼・彼女の怒りを鎮める方法 カウンセラーの立場から

こんにちは! 心理士の村田です。

 

彼・彼女の怒りが大爆発した時にどうしたらよいのでしょうか?

貴方の言動に腹を立ててのことでしょう。人間には、怒りが爆発する水準があり、徐々に怒りが蓄積され水準を超えてしまうと大爆発します。

詳しくはこちらの記事に記載していますので、参考にしてください。
モテ男の恋愛心理学 彼女の怒り大爆発! 男のNG集
カウンセラーとしてのテクニックをご紹介します。

舛添都知事の失敗
舛添都知事の記者会見で、都民・国民は怒りました。その原因は都民を馬鹿にしたような不誠実な回答をしたことにあります。この対応は、心理士としてもクレーム担当者としても失格です。皆さんは、誠意を持って対応してください。これが相手の怒りを鎮めるための心構えです。

love-749677_1920

 

自分の気持ちを静めるテクニック
相手は感情的になって、絶え間なく言葉による攻撃を加えてくるはずです。このような場合、相手の感情を受けて自分も感情的になりがちですが、両者が感情的になると問題は大きくなってしまいます。
怒りが怒りを呼びます。あなた自身が冷静でいれば、怒りが怒りを呼ぶことを防止することができます。
自分の気持ちを静めるテクニックとしては、「この人は何故怒っているのだろうか」「自分は何故怒られているのだろうか」と考えてみるようにすることです。また、自分が発言する前に、1拍置くようにします。すると、不思議なことに自分の気持ちを静めることが出来、大人の対応というものができるようになります。

彼・彼女の心のデトックス
怒っている彼・彼女の心の中は、怒りや悲しみ、苦しみなどのネガティブな感情いっぱいになっています。いわば、ネガティブな感情で汚れてしまっているのです。そのような心を浄化(デトックス)する必要があります。

その方法の一つが、相手の話にじっくりと耳を傾けることです。このことをカウンセリングでは傾聴と呼んでいます。雑談やアフター5の後は心が軽くなり、すっきりします。これは、話を聞いてもらったことによるデトックス効果のせいなのです。このテクニックはただ聞くだけなので、非常に簡単ですが、カウンセリングの中心的テクニックなので効果も折り紙つきです。あなたの行うことは、相手の発言に対して、相槌を打つだけです。

もう一つは、ネガティブな感情を全部吐き出させることです。全部吐き出せば、言葉の攻撃が弱くなってきます。逆に「言いすぎた」と反省する心理が働くようになります。このテクニックは「じっと、我慢すること」です。ただし、相手は罵ってきますので、我慢するのも大変です。この時に役立つのが、前述の「自分の気持ちを静めるテクニック」です。

共感・受容のテクニック
相手の立場に寄り添って理解します。人は自分の苦労や努力を認めて欲しいものです。あなたに対して、怒りの感情を持っているということは、貴方にも落ち度があるに違いありません。心当たりがあれば、「今後は気をつけるよ」「大変だったね」と声をかけてください。
ここでの注意事項は、逆ギレしないこと。逆ギレすると事態はさらに悪化します。

相手の言葉や感情などを、ありのままに受け入れることを受容といいます。人は、「今のままでよいのだろうか確認したい」という社会的承認欲求を持っています。これに対して、あなた自身のいたらなさを認めると、「自分が正しかった」と考え、ホッとして貴方の言葉を受け入れやすくなります。

photoshoot-1374220_1920

 

自分の主張は一段落ついてから
とはいうものの、貴方にも言い分があると思います。相手が怒り狂っている時に、この言い分を主張することは、火に油を注ぐようなものです。落ち着いてから、ゆっくり話をしましょう。例えば、一時間の話し合いがあったとします。そのうち、相手のクレームを聞いているのが55分、貴方の発言は5分というぐらいの配分で十分です。ほとんど相手に喋らせてから、少しだけ主張を説明するのです。

目的は説得ではない
この話し合いは、相手を説得することでも、相手を打ち負かすことでもありません。二人のわだかまりをなくすことです。貴方も、至らない点は、謝罪して改善する必要があります。このことを相手に伝えます。また、相手に勘違いがあれば、説明します。

キス・ハグ
カウンセリングテクニックとは違いますが、キスは仲直りをさせるといいますが、それは本当のことです。その仕組みを説明します。
ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンという神経伝達物質があります。セロトニンには、人間に満足感を与える効果があるのでハッピーホルモンと呼ばれるのです。キスやスキンシップはセロトニンの分泌を促進します。キスをすると満足感が得らます。だから、キスは仲直りをさせるのです。

 

以上のとおり、誠意を持って相手の立場に立って対応していけば、誤解は解けるでしょう。

カウンセラーのテクニック(キス・ハグを除く)は、簡単に利用できるので、彼・彼女が怒り出したら、試してみてください。
効果あると思いますよ。

書籍紹介
貴方をモテるようにするのがこの書籍の使命です
心理学では、人を好きになる心理プロセスの研究が進んでいます。このセオリーを異性に利用すればモテるようになるはずです。

村田本

 

http://www.amazon.co.jp/dp/B01EFLWUXE/
http://books.rakuten.co.jp/rk/c35d8e6acea33e169d4f90daa642cd54/

 

《村田芳実 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%8A%B3%E5%AE%9F&submit=