従来の催眠はもう古い! 最先端の催眠療法「ジェネラティブ・トランス」とは何か? Part.6

トランスにはいくつかの種類があるため、ネガティブなトランスではなく、創造的なフロー状態を作り出すトランスを生成する必要があります。
従来の催眠はもう古い! 最先端の催眠療法「ジェネラティブ・トランス」とは何か? Part.6

・トランスとは何か?

トランスとは、変性意識状態とも言われます。
催眠療法では、クライエントをトランスに導き、症状を改善させる暗示を与えます。
従来のアイデンティティが揺らぎ、それが脱構築され、再構築されるときにトランスが生じます。

これは、顕在意識である形式世界のフィルターを一時的に停止させ、創造的無意識である量子世界にアクセスする方法でもあります。
トランスを生成することによって、創造的無意識であるイメージ、感覚、シンボル、エネルギーなどの体験世界へと入って行くことができるのです。

その結果、構造、時間、身体、記憶、論理、自我といった、形式世界で固定化されたアイデンティティが変化し、新たなパターンとして新しいアイデンティティが再構築されます。

 

・トランスの種類

トランスには、いくつかの種類があるそうです。

1、抜け殻状態、テレビによるトランス、無感覚状態

これらは、能動的な自我の働きを一時的に中断してくれます。しかし、意識状態を新たにしたり、変容させたりすることはできません。

2、リラックス

リラックスや癒やしは、ポジティブなトランスですが、一時的に安全な感覚しか得られません。
根本的なパターンの変化や変容は生じないタイプのトランスです。

3、鬱や中毒

自我によるコントロールを喪失したら、神経筋ロックの反応にともなって、ネガティブで非合理的な意識状態になることがあります。
そのようなトランスは、鬱や中毒を引き起こします。

4、修練されたフロー状態

意識と身体のセンタリングや、ポジティブなリソースとの共鳴によって、良質なステイトを作り続けることで、修練されたフロー状態を味わうことができます。
顕在意識と無意識が調和を保ち、ポジティブな現実を創造していくことができるトランスです。

 

・ミルトン・エリクソンとアーネスト・ヒルガード

ギリガン博士は、アーネスト・ヒルガードの元で古典的な催眠誘導を受け、同時期に、ミルトン・エリクソンの元で、全く新しいエリクソンの催眠療法を受けていました。
それによって、エリクソン催眠のように本人のリソースを引き出す創造的なトランスの効果を実感したようです。

このように、トランスにはいくつかの種類があるため、ネガティブなトランスではなく、創造的なフロー状態を作り出すトランスを生成する必要があります。
ミルトン・エリクソンがおこなった催眠療法では、このような創造的で変容的なトランスを引き起こす様々な手法が伝えられています。

 

・お知らせ

ミルトン・エリクソンの娘ロクサーナ・エリクソン博士と、ミルトン・エリクソンと共同研究していたアーネスト・ロッシ博士のワークショップが開催されます。
http://www.oneness-g.com/jaai/semi_roxanna2017/

ニューコードNLPの創始者ジュディス・ディロージャーや、ナイキのCMに出演したカイル・メイナード、史上最年少単独ヨット世界一周をしたローラ・デッカーなど一流のエキスパートが来日するイベント「ヒーローズジャーニーカンファレンスJAPAN」が開催されます。
http://www.herosjourneyconference.com/

「ジェネラティブ・トランス」のスティーブン・ギリガンと共同研究をしていたセリーン・ベガ博士のワークショップが開催されます。
http://oneness-g.com/jaai/semi_selene/

 

★バックナンバーはコチラ