従来の催眠はもう古い! 最先端の催眠療法「ジェネラティブ・トランス」とは何か? Part.3

私たちが人生を創造的にクリエイトしていくためには、創造性の源である根元意識にアクセスし、量子世界の創造的な領域を活用し、形式世界でしっかりと制御と管理をしていく必要があるのでしょう。
従来の催眠はもう古い! 最先端の催眠療法「ジェネラティブ・トランス」とは何か? Part.3

ジェネラティブ・トランスでは、私たちの意識の中に、3つの大きな世界が存在しているそうです。
この3つの世界の相互作用によって、私たちが生きている現実世界が創造されています。
3つの世界とは、どのような世界でしょうか。

 

・純粋意識の世界である「根源世界」

まず、「根元意識」という純粋意識の世界が存在します。
この世界は、何もない、全てが出入りする純粋なスペースです。
空(くう)であり、光だけが存在します。
創造性の源であり、この世界に繋がることで、ひらめきが生まれ、思考から自由になり、至福に満たされます。

 

・創造的無意識である「量子世界」

次に、「量子世界」という創造的無意識の世界が存在します。。
この世界は、新たな現実が創造される無限の可能性を持ったフィールドです。
様々な可能性が波動状態として重層的に存在しています。

現実の世界がどのようなものであれ、この量子世界では、あらゆる可能性が存在しているため、創造的な領域のリソースに繋がることができます。
この量子世界には、集合意識のパターンである元型が存在しています。
私たちは、あらゆる元型をこの量子世界に持っているため、それを活用することができます。
この量子世界を創造的に利用することによって、幸福で充実した人生を創造することができるのです。

 

・顕在意識が作っている「形式世界」

最後に存在するのが、顕在意識によって作り出される「形式世界」です。
形式世界とは、私たちが体験している現実そのものの世界です。
物質でできたこの世界のことです。

現象は、形式世界に現れなければ、実在する事柄にはなりません。
ですから、私たちが本当に創造的であるというのは、形式世界にしっかりを足をつけて立っている状態であるとギリガン博士は言っています。

そのためには、健康的な身体や、社会的なつながりを作るスキル、忍耐や行動計画などが必要だそうです。
この形式世界と量子世界の2つの世界を繋ぐことが重要だそうです。
よくあるように、無意識だけを信じれば、永遠の幸福がもたらされるといった考えは幻想だそうです。

私たちが人生を創造的にクリエイトしていくためには、創造性の源である根元意識にアクセスし、量子世界の創造的な領域を活用し、形式世界でしっかりと制御と管理をしていく必要があるのでしょう。

この3つの世界を調和させ、繋げていくことができれば、創造的で幸せな人生を自由にクリエイトしていくことができるのかもしれません。
創造性の源に繋がることができなかったり、量子世界の創造性を活用できなかったり、形式世界で地に足がつかなかったりすると、自分が望むような人生を歩めなくなり、人生に混乱が生じるのでしょう。

これらの3つの世界を活用する技法が、ジェネラティブ・トランスの技法として開発されています。

 

・お知らせ

「ジェネラティブ・トランス」のスティーブン・ギリガンと共同研究をしていたセリーン・ベガ博士が、2017年4月に来日して、特別なワークショップを開催します。

詳細はこちら
http://oneness-g.com/jaai/semi_selene/

 

★バックナンバーはコチラ