生きる目的と意味を探すうちにたどり着いた「ミッション」 ~「アセンディッド・マスター」との出会い〜

私は身を持って知ったのです。 「目に見える世界に現れることには、目に見えないところに原因がある」ことを。 これは私の人生観を変える、大きなきっかけになりました。
生きる目的と意味を探すうちにたどり着いた「ミッション」 ~「アセンディッド・マスター」との出会い〜

はじめまして!
ミッション・ナビゲーター/チャネラーの長谷川章子と申します。
「ミッション・ナビゲーター」とは私の造語で、「天命をナビゲートする人」の意味です。

「何のために生きるのだろう?」という根源的な疑問を、さまざまな方法で学んでいくうち、気付けばいつのまにか、今の仕事をするようになっていました。

現在はオリジナルの「三十三観音カード」を使っての個人面談や、講演活動、「光を観る旅」というパワースポット探訪の企画などを通じて、「ミッション」を明らかにするお手伝いをしています。いつのまにか今の形になっていたのですが、さまざまな人々や見えない世界のお力添えのおかげで今に至っています。

私のつたない体験がお役に立てばと思い、これから連載記事を書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

「きっかけは身体の不調から。
目に見える世界で起こることは、目に見えない世界に原因がある」

1989年、OL生活をしていた時、身体の不調をきっかけに「目に見えない世界」の存在を知りました。その当時はバブル時代華やかなりし頃で、世間は物質的な豊かさに夢中だった時代で、ブランド物や高級車がもてはやされていました。そんな時代に「目に見えない世界」に気付いてしまった自分はいささか変わり者だったと思います。

当時、20代前半でしたが、いつも心のどこかで、すきま風が吹くような感じがしていました。
自分が生きている目的、方向性がわからないまま、ただ目の前の恋愛や仕事が表面的にうまくいっていれば、それが幸せなのだと思い込んでいました。でも、心の底から楽しいという意味を本当に分かってはいなかったと思います。仕事でも行き詰ったり、プライベートでも悲しいことが起きたりして、あの頃の私はいわゆる「どん底」の状態だったと思います。
さらに悪いことには、いわゆる「不定愁訴」に悩まされるようになったことです。肩は凝る、首は回らない、夜眠れず朝は起きられず、身体が重く、悪循環が続きました。

そんなある日、帰宅途中に坂道を歩いていると、私の内側から「声」が聞こえてきたのです。

「我が身に降りかかったことは、すべて自分で引き受けねばならない。」

それまで、なんと自分は不幸なんだろう、と落ち込んでいましたが、その言葉で、
自分を幸せにできるのは自分しかいないのだ、とはっきりと腑に落ちたのでした。

相変わらず体調は悪かったのですが、自分の不調を癒せるのは病院ではないと感じ、なんとか改善の道はないか、探り始めました。ふと雑誌で見かけた東京の整体の先生の記事に目が止まり、「私の不調を理解してくれるのはこの先生しかいない!」と直感しました。
思ったら、即、行動です。2か月間、毎週末、大阪から東京へ通いました。
「骨格のゆがみが、あなたの不調を招いていますね。」とおっしゃった先生のおかげで、
私は元気になりました。その時に、私は身を持って知ったのです。

「目に見える世界に現れることには、目に見えないところに原因がある」ことを。
これは私の人生観を変える、大きなきっかけになりました。

 

突然、現れた「声」の主。その声に導かれて……

健康を取り戻した私は、別れ際に、先生が言われた「人間はね、目に見えない『気』によって生かされているんだよ。」という言葉がずっ気になっていました。
ある日のことです。図書館に出かけると、1冊の本に目が止まりました。その本の表紙には、女性が微笑んでいる写真が載っていました。その彼女が突然、私に語りかけてきたのです。

驚くほど明快な声でした。「私の本を読んでね!」

その「声」は私の内側で大きく響きました。びっくりして手に取ると、
その本には、「シャーリー・マクレーン著、ダンシング・イン・ザ・ライト」とありました。
女優・シャーリー・マクレーン自身の、目に見えない世界との遭遇、それを探求する姿はその時の私に重なることがいくつもありました。それをきっかけに、スピリチュアルな世界に一気に傾倒し、瞑想を習ったり、ヨガ教室に通ったり、私自身を探訪する旅が始まりました。いろいろな先生に教えを請うて、いろいろな土地に出かけました。

mission-navi2

そして、1998年の春、マウイ島のハレアカラ火山に登った時、私の内側から、またも不思議な「声」が聞こえてきたのです。

「ハートを、オープンにしてください」
その言葉を、一緒に山に登った6名の仲間の前で口に出すと、2名の女性が泣き出してしまいました。さらに驚いたことに、その日の夜には、一緒にツアーに行ったメンバー全員に対して、1時間以上も延々と私の口をついて、メッセージが降りてきたのです。

その内容は、私が全く知らない事ばかりだったので、周りの方は、これは本当に目に見えない世界の「誰か」からのものだと思ったそうです。やがてその「声」の主は、最後に「十一面観音、クアンイン」と名乗ってお帰りになりました。

それ以来、その「声」の主に会いたいと、あちこちから人が訪ねてくるようになりました。
声の主はある時は「クアンイン」と名乗ることもあれば、「聖母マリア」、「サナンダ(イエス)」、「エル・モーリヤ」、「ブッダ」、「天照大神」……と訪れる人によって違うのです。私がその声を通訳しているあいだは、声のトーンや表情までもが一変してしまうと誰もが言いました。

私はアセンディッド・マスターの通訳=チャネラーとして、現世での仕事をスタートすることになったのでした。

「何のために生きるのだろう?」という疑問に突き動かされていた自分が、今度は同じ悩みを抱いた方々にメッセージをお伝えすることになったのです。人生とはわからないものだなぁ……とつくづく思いました。

この連載では私がアセンディッド・マスターたちから教わった生き方、考え方の極意や、不思議なお話などをお伝えしていきたいと思います。
どうぞよろしくお付き合いくださいね。

**************************************************************

【ミッション・ナビ】
URL     : http://mission-navi.jp/
Blog   : http://ameblo.jp/mission-navi/

◎「光を観る旅 京都・下鴨神社」
9月23日(祝)10時30分~
https://argo-navi.net/mielca_genki/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=222

◎「寺小屋・如水塾」
10月4日(日)13時30分~
https://argo-navi.net/mielca_genki/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=224

◎「ミッション・ナビゲート講座・東京」
10月16日(金)18時30分~
https://argo-navi.net/mielca_genki/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=223

・お問合せ・お申込
Tel)06-6374-4986 Fax)06-7635-4726
http://mission-navi.jp/contact.html

*********************************************************************