「出会い力」を高める6ステップ〜その5「出会ったときの用意」

「出会い力」を高める6ステップの続きです。
「出会い力」を高める6ステップ〜その5「出会ったときの用意」

《「出会い力」を高める6ステップ》

⑴自分の魅力ポジションを知る

⑵自分に合った異性のタイプを知る

⑶恋愛偏差値をあげる(男女の違い・過去の自分の恋愛失敗から学ぶ・恋愛と結婚の違い)

⑷出会うための行動(自分の性格に合った出会い方・出会いのスピリチュアルな意味を知る)

⑸出会ったときの用意(見た目・雰囲気・表情)

⑹自分を信じる力、あきらめない心(幸せな未来を受け入れる勇気・想像力、前向きな姿勢)

 

今日は⑸出会ったときの用意(見た目・雰囲気・表情)

さあて、続きです。

前回は、自分とは逆タイプに+数を会うこと(まずは50人!)というお話をしました。
そして今回は、その出会いのための用意についてお話しします。

はっきり言って、出会いにおいて一番大事なのは「顔」です。

これはかわいくなきゃいけない、とか

痩せてなきゃいけない、とか

美人じゃなきゃいけない、とか

そういうことじゃないんです!

人は第一印象で、大体の印象が決まるのです。
これは聞いたことある人も多いと思います。

前もお話しましたが、出会いってめっちゃ面倒で疲れるんです。
そんな面倒を頑張って乗り越えて、せっかく異性に会いにいったのに「顔」の状態が残念な女子のなんと多いことか‼︎

もうちょっと詳しく言うと「顔が残念」というより、「顔の状態が残念」なんです!
顔は、自分の精神状態を実はあからさまに反映してしまうものなんです。

特に

◆一人の時間が長い人

◆仕事が忙しくて、いつもプレッシャーを抱えている人

◆恋愛に臆病、もしくは面倒に感じている人

◆自分の女性的魅力に自信がない人

は顔に「険(けん)」が出てくるのです。

「顔に険(けん)がある」とは、
目つき・顔つき・言葉などに表れる、険しさのことです。
一人でいる時間が長い、人間関係にいつも緊張感がある、自信がない人、は顔に険しさがでます。
それが恋愛の妨げになっています。

そういう顔は「おひとりさま顔」になっています。

恋愛モードの顔にして、出会えば格段に恋愛に発展しやすくなります。

恋愛モードの顔にするには、自分の外面と内面、両方と向き合う必要があります。

★外面=マッサージ、フェイスケア、メイクの改善、表情で感情表現する
★内面=恋愛の苦手意識克服、自分の魅力を知る、自分のモテ市場を知る

がとても大切なのです。

 

あなたの内面の性格は、人相では「目」に現れます。

「大きい目」
・社交的で好奇心旺盛。熱しやすく冷めやすい。好奇心の対象が外に向いている。刺激的なことがすき

「上がり目」
バイタリティ・実行力がある。自己実現に興味が強い。華やかは場所が好き。多少危険をおかしても挑戦的なことをやってみたい。

「小さい目」
何事にも冷静で慎重。几帳面。内向的・好奇心の対象が内に向いている。お気に入りをじっくり味わいたいタイプ

「下がり目」
何事にも冷静で慎重。几帳面で、怖がりな面がある。安心、安全な人間関係や環境を好む。家族や仲間が大事。

あなたはどのタイプ?

 

おひとりさま顔から結婚できる顔になる
「結婚フェイスアカデミー」 http://j-mpa.com/kekkon-face/

 

《新堂未來(しんどうみらい) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/shindo-mirai/?c=137240