米オレゴンからやってきた自然派レストラン「ナヴァートウキョウ」でクリーン・イーティング

navarre Tokyoでクリーン・イーティングした次の日は、オーガニックセミナーに参加して、心のお掃除として、マインドもクリーンにするのもいいかもしれません。
米オレゴンからやってきた自然派レストラン「ナヴァートウキョウ」でクリーン・イーティング

全米ナンバーワン住みやすい都市オレゴン州ポートランドからきたファーム to テーブルの自然派レストラン「navarre Tokyo(ナヴァー トウキョウ)」でクリーン・イーティングしてきました。ポートランドは美食の街としても有名で、エコロジカルな都市としても全米一。

 

navarre本店は2009年にオレゴン州レストラン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた実力派。

週末にファーマーズマーケットが立つ青山国連大学近くに移転し、更に身近になりました。

写真2

 

ファーム to テーブルとは、地元で採れた旬の新鮮な食材を使い、季節ごとにメニューを変えていく新しいスタイルのレストラン。ポートランド本店の小皿、大皿料理をテーブルに並べるタパス形式は東京も変わらず、国産無垢の杉材を使ったナチュラルテイストの内装も本店そのままの雰囲気。新鮮な食材と、清々しい雰囲気のnavarre Tokyoはクリーン・イーティングに最適です。

写真3

 

クリーン・イーティングとはアメリカから始まった、ミランダ・カーやジゼル・ブチェンも実践している食事法。できるだけ自然に近いオーガニック野菜や果物を選び、添加物の多い加工食品を避けて、栄養バランスに優れた体に良い食事をして、体内からキレイになることがクリーン・イーティングの概念です。意識的にクリーン・イーティングを実践し、ヘルシーな生活を送ると、輝く美肌と美ボディがキープできることをスーパーモデルの二人が実証しています。

写真4

 

野菜や果物はオーガニック、非オーガニックに関わらず、旬の採れたてのみずみずしい野菜や、もぎたてのフレッシュなフルーツの栄養価に勝るものはありません。旬の採れたて野菜ともぎたてフルーツは栄養価が高く、しかも一番美味しい時期です。 navarreのコンセプトであるファーム to テーブルは、美味しいオーガニック食材のお料理だけではなく栄養価も高いお料理の提供を、都心のレストランで実現しています。素材を活かしたシンプルなお料理を頂くことは、まさにクリーン・イーティングそのもの。

写真5

 

そして、クリーン・イーティングを実践している人達に共通しているのが、環境意識が高いこと。

navarre Tokyoでは、エコでオーガニックな都市ポートランドと同様に、環境に意識したエシカル協会主催のエシカルコミュニティナイト、オーガニックの先駆者ジョン・ムーア氏のオーガニックワークショップ、ソムリエによるオーガニックワインセミナーが定期的に開催され、オーガニックスクールとしての役割も担っています。

写真6

 

体の中からキレイになりたい人にオススメのnavarre Tokyo。 navarre Tokyoでクリーン・イーティングした次の日は、オーガニックセミナーに参加して、心のお掃除として、マインドもクリーンにするのもいいかもしれません。

 

navarre Tokyo
Add: 渋谷区渋谷2−9−8
Tel: 03-6450-6341(ディナーは要予約)
Open: 月曜日〜土曜日 11:30〜15:00, 17:00〜23:00
Closed: 日曜日
HP: http://navarre.jp
Facebook: https://www.facebook.com/navarre.japan/?fref=ts
Instagram: https://www.instagram.com/navarretokyo/

 

《Mio さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mio/?c=20518