ヒーリングを例えば、お料理に置き換えると見えてくること ~人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンス! Vol.13~

セッションにおいて重要なことは人間的な道徳概念や優しさ思いやりの感情ではなく、厳しさを伴ってでも中庸というポジションに立てるかどうかです。
ヒーリングを例えば、お料理に置き換えると見えてくること ~人間を多角的に捉えるニュージーランドのフラワーエッセンス! Vol.13~

世の中にはお料理をする人がたくさんいらしゃいます。プロのシェフから家庭の主婦や主夫、上手な人、下手な人、好きな人、嫌いな人、様々です。そして、お料理は「やろう」と思えば、誰でもできます。ヒーリングも同じなのかもしれません。おなかが痛い時に手を当てる「手当て」から医師免許を持ったドクターまで、様々な人が日々、ヒーリングに接しているのではないでしょうか。お料理とヒーリングは共に意味の幅が広いコトの一つではないでしょうか。

 

言っていることが「違う」?

私は時々、ヒーリングについて「言っていることが違うのではないでしょうか?」と言われることがあります。
例えば「占星術アロマセラピスト養成コース」での発言と「占星術アロマテラピーセッション」での発言で、その内容が180度異なることを口にすることがあります。それは「こうしなきゃいけない」という旨の発言と、「なんでもいいのです、あなたの意志で自由にしてください」という相反する旨のことです。

占星術アロマセラピスト養成コースにおいては「こうしなきゃいけない」と言うことが多々あります。一方、占星術アロマテラピーセッションでは「自分の意志で自由に選択してください」と言うことがほとんどです。では、なぜ、同じ占星術アロマテラピーなのに、違う内容の発言をするのでしょうか? その必要性はどこにあるのでしょうか?

 

目指すところ

まず、養成コースに来る方たちのほとんどは、ヒーリングのプロとして活動することを目指していらっしゃいます。つまり、「お金をもらってセッションをする、なおかつ、それを継続的に行い、その収支をプラスにしていく」という目的を持って来ています。こうした目標がある方たちに対して「あなたの好きなようにやってください」「正解とか不正解というのはなく自由なんです」というのは、逆に失礼になると考えているからです。

なぜなら、その方たちはそのメソッドの「ある種の正解」を求め、来ているわけです。
「なんでもいい」というのであれば、そこに来る必要はまったくありません。

これをお料理に当てはめてみましょう。
例えば、プロになりたいと考えている生徒さんが集まる「調理師学校」のクラスで、「だしの取り方に、正解、不正解というのはありません。一番だし、二番だしというように順番をつけるのはナンセンスです。自分の思うままにやってください」と先生が言ったとしたらいかがでしょうか? もちろん時として、卒業式の祝辞などでは「自由に」という言葉はよく使われます。しかし、それは厳しい修行をしてきた人たちへのお祝いであり、クラス中の言葉ではありません。日本料理というメソッドに基づいて、一番だしの取り方を教え、二番だしとの違いを知る。スキルと知識を身につけるために生徒さんたちは来ています。

ところが、これがいろいろな種類のお料理を勉強したいという主婦(夫)や会社員の方たちに向けているカルチャーセンターの「お料理教室」となると話は違ってきます。

その教室で「お料理は自由です。あなたの自由な発想ですればいいのです」というのはまさにその通りであると思います。「料理は知識や技術じゃないです。愛情があればお料理はおいしくなります」というのももちろんその通りだと思います。

02  03

 

プロとアマの違い

そこにあるのはプロとアマの違いです。
プロとアマの意識の違いと言い変えることもできます。
具体的には、クライアントさんに対してヒーリングをして、その対価として金銭を受け取るのか、自分自身のため、あるいは家族や知人のためにヒーリングを活用していくのかという差異です。

ニュージーランドフラワーエッセンス認定講座は、希望する生徒さんたちの数から考えて、プロを目指す方々に対してのコンテンツにデザインしています。覚えてもらわないといけないこともありますし、理解してもらわないといけないこともたくさんあります。その上での自由であったり、個性であったりすると考えています。そこには当然、知識やスキルが必要とされます。

セッションにおいて重要なことは人間的な道徳概念や優しさ思いやりの感情ではなく、厳しさを伴ってでも中庸というポジションに立てるかどうかです。そこではじめて「それはあなたの自由意志です(正確に言えばあなたの魂の自由意思です)」という言葉が出てくるのです。それはセッションにおいては「ヒーラー=いわゆる人間的にいい人」では限界が出てきてしまうということも意味しています。

これはエネルギーワーカーであれ、アロマセラピストであり、多くのヒーリングメソッドにも共通するところがあるのではないでしょうか。自分が求めているのは何か? 自分が行きたいのは、ヒーリング教室なのか、プロフェッショナルヒーラーの養成クラスなのかをあらためて考えてみると、行きたい「ところ」が見えてくるかもしれませんね。

with much Aroha
濱 美奈子
(Arohaとはニュージーランドの先住民族マオリの言葉で無条件の愛という意味があります)

ニュージーランドフラワーエッセンス・ジャパン
http://www.nzfej.jp/
カウリ・ホリスティック・ヒーリング
http://www.kauri-jp.com/

*カウリ・ホリスティック・ヒーリングでは占星術家水晶玉子先生を講師に「今の日本に合わせた占星術のスキルアップ」ができる講座を4月より開講します。
「水晶玉子の目的別開運リーディング講座」
詳細は上記、カウリ・ホリスティック・ヒーリングHPにて。

 

《濱 美奈子 さんの記事一覧はコチラ》