私たちの運気が良くなる最強パワースポット……それはとても身近な場所なのです

パワースポットと聞くと、どこか遠くに行ってパワーをいただくもの…… と思いがちですが、本当はもっとあなたの身近にあるところなのです。

春は行楽シーズンでもあり、神社に行ってエネルギーチャージしたり
海や山に行くのもリフレッシュしてとても良いこと。
けれど本当の意味でのパワースポットはもっとあなたの身近にある場所なのです。

引っ越しシーズンでもありますし、心機一転新たな環境での生活をスタートされる方も多い季節です。

神さまパワーをいただいて、あなたの日々の生活を豊かにするために、とても簡単なことなので、少しだけ意識してみることをおススメします。

 

* とても大切なパワー充電する場所は?

自然がある所……
海や山。

それから神社仏閣
お城や城下町。

そんなパワースポットも良いけれど
一番のパワースポットは
あなたが住んでいる「自宅」。

仕事が終わって帰宅し、
食事や入浴をし、睡眠をとる。
当たり前の日常ですが、
その当たり前の空間で
あなたは明日への活力を養っている。

「自宅」は考えてみると
私たちが「生きる」ために必要な
エネルギーを充電する
とても大切な場所なのです。

その大切な場所を
少し意識するだけで
あなたの運気が最高になるように変わってきます。

 

*風水的に考えると……

風水では『風は天地の呼吸なり』と言われ、
自然を生命体と捉えています。

『人間が呼吸するように風が通り、
体内に血液が流れるように水が流れる土地では、
すべての生き物は生き生きと暮らすことができる』
という考え方です。

風通しが悪く水が淀んでいる土地では、
呼吸が浅く、血液がスムーズに流れていない体と同じ。

体も家も『氣の流れ』はとても重要です。

健康的な生活をするためには、
自分の身を置く『場所』のエネルギーには
常に気を配っておきたいですね。

 

*自宅をあなたの最強パワースポットにするには?

当たり前のようですが……
自宅をピカピカにしてあげてください。

愛情を込めて
あなたの手を使って磨きます。
これは「マーキング」と言って
ワンちゃんや猫ちゃんがよくする行為ですが
私たち人間も同じです。

あなたのエネルギーを
愛情を込めてその場所に注入する。

この「マーキング」は
賃貸住宅に引っ越す場合、
前に住んでいた方のエネルギーを浄化し、
あなたのエネルギーに変える
大切な作業になります。

人に頼んだりせずに
ご自身でエネルギーを注いでください。

ピカピカにしたら……
次はキラキラな物を置く。

キラキラはあなたにとってのキラキラ。

あなたが心ときめくものを置くようにしてください。
そうすることによって
あなたの波動が上がります。

もう一つ大切なこと……
風通しを良くすること。

「氣の流れ」がとても大切になります。
カラダも「氣の流れ」が滞ると
不調が現れます。

家の中も同じです。
もしも今、
使っていないお部屋や物置など
ずっと空気の入れ替えをしていないお部屋があったら風を通してください。

そして水回り、排水溝などは
ピカピカにしてくださいね……。

ここを汚れたままにしておくと
流れが滞り、
そこに住む人の体調が悪くなったりします。

関係ないことのようですが……
本当に大切なことなのです。

 

*自分と向き合う時間と場所をつくる

あなたが元気になれる場所を
あなたのパワースポットに決めます。

この場所は神聖な場所。
そのように自分で決めます。

例えば神社でもらって来た
お札やお守りが置いてある場所とか
お気に入りのパワーストーンや
アクセサリーが置いてある棚の上とか。

リラックスできるお風呂でもかまいません。

どこでもいいので
その場所は「自分のパワースポット」と決めて
いつもピカピカにしておきます。

そんなお気に入りのスペースを作り、
自分だけのパワースポットで
自分の中の神さまと面会する時間を作るようにします。

よく子供の頃、お人形やぬいぐるみと会話しませんでしたか?

そんなふうにして今の自分と会話してみると
素直な気持ちでいられるようになります。

そうすることで自分を客観的にとらえること……
ができるようになります。
そして何より、
いつもあなたを守ってくれている
大切な存在と仲良くなれるのです。

家全体を快適に。
『神さまの居心地のいい場所』
を心がけてみてくださいね。

そうすると神さまが喜んで
あなたにどんどん力を貸してくれるようになります。

あなたの神さまは
いつもあなたを応援してくれているのです。

 

ブログ https://ameblo.jp/mi-ki-room/

 

《平松宮妃(ひらまつみき) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mikinoheya/?c=157893