《かぼちゃの季節の恋愛運は? 10月の運試し! 》こんな視点はいかがでしょう?  MIKAKUの易占アドバイス(10月第1週)

ちょっとした、運試し。話のタネ。 それぐらいのイメージで捉えていただければ、幸いに存じます!
《かぼちゃの季節の恋愛運は?  10月の運試し! 》こんな視点はいかがでしょう?  MIKAKUの易占アドバイス(10月第1週)

大衍筮法による易占、4096の卦から得られる、先哲の英知。
取り入れてみると、ちょっと素敵な一週間になるかも?
易者MIKAKU(未畫齋)がお伝えします。

 

かぼちゃの季節ですね。

もうすぐ10月がやって参ります。
10月と言えば……最近は、各地でハロウィンが盛り上がりを見せていますね!

ハロウィン。
みんな大好きwikipedia先生によると、ケルト起源のお祭りなんだそうです。
元々は収穫祭であったとか、悪霊払いであったとか。
ケルトと言えば、タロットカードの起源という説もありますし……。
なかなかに、オカルト的な好奇心を刺激するお祭りでもあるようです!

さて。ハロウィンといえば、かぼちゃ。
かぼちゃと言えば、「南瓜」。……と、言う事で。
今回は、「南」という字が占いの言葉に現れている、3つの卦を選んでみました。

それでは、10月の運試し!
1、2、3から、お好きな数字をお選びください!

114708139

 

1を選ばれた方。ひょっとしたら、勝負時かも!?

1を選ばれた方。
得られた卦は、「坤」(こん)です。

「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない……」といった性質がイメージされる運気です。

したがいまして。
恋愛運としては、基本的には「何事も無い、平和な日々」あるいは「無風状態」が続くことが予想されます。

ただし。この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉がありまして。それがくせものなのです。
この言葉は、こと結婚運について、「家族や親戚・友人の反対を押し切ってでも嫁ぐか。あるいは彼を諦めて、家族や親戚との関係を大切にするか。選択を迫られる。」という意味を持つことがあります。
しかも、「どちらも、一つの選択である。どちらを選んでも決して悪くは無いのだが、決断は必要だ。」という意味合いになるのです。

無風状態か、いきなりの大嵐か。
ひょっとしたら、そんなひと月になるかも!?

 

2を選ばれた方。「冒険は禁物」かも!?

2を選ばれた方。
得られた卦は、「蹇」(けん)です。

「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているからです。

「蹇」は、「登山中に、足が疲れ切ってしまったような状況」を象徴します。
見上げれば高い山、足元には険しい大河。危険がはっきり見て取れます。
……しかし、危険だということは、はっきり分かっている。そういう、「救い」はあります。
危険ということすら分からぬままに突き進むよりは、ずっとマシです。

こうした状況を打開すべく、「西南に利あり」という占いの言葉が示されています。
古代中国の人は、「西南は平野、東北は山地」というイメージを抱いていました。
「安全で、平らな道を選ぼうよ」というわけです。

無理は禁物、一休み。
魅力的だけど、見るからに危ない男性がいたならば……。
「危険だと分かっているなら、避けましょう」というわけです。
安全第一がお勧めとなる、そんなひと月になるかも!?

326430380

 

3を選ばれた方。「上昇機運」かも!?

3を選ばれた方。
得られた卦は、「升」です。

「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。最高に良い運気の一つと言えます。
人の助けが得られそうです。だからこそ、「きっかけは自分から作っていく」ことが求められる運勢と言われます。
恋愛・結婚運の面でも、最高の運勢の一つと言われています。

この卦には、「南へ行くと、吉。」という占いの言葉が示されています。
ラッキー方位であるとか、そういうゲンかつぎ的な意味もありますが……。
「あたたかなものを選ぼう、明るく行こう」ぐらいの意味合いで解釈されることが、多いです。

運気良好だからこそ、暖かくて明るい気持ちで。
ますます上昇機運に乗れる、そんなひと月になるかも!?

いかがでしたでしょうか。
精度の低い占いですので、気が重くなるような結果が得られても、気にされる必要はありません!
ちょっとした、運試し。話のタネ。
それぐらいのイメージで捉えていただければ、幸いに存じます!

 

《未畫齋さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/mikaku/?c=91777