こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(3月第3週)

数字にはいろいろな意味を持っていますが、特に『防災』にまつわる4つの言葉があります。
こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(3月第3週)

大衍筮法による易占、4096の卦から得られる、先哲の英知。
取り入れてみると、ちょっと素敵な一週間になるかも?
易者MIKAKU(未畫齋)がお伝えします。

 

3月11日

厳しい経験をされた方、今もつらい思いをされている方、いらっしゃるかと存じます。
触れるべきことではないのかもしれません。
それでも、私達にできることとは、防災の思いを引き継ぐことではないかと。そのように思うのです。

今週も、先週に引き続き、参加型(?)の記事を……。

1、2、3、4 の4つの数字から、ひとつをお選びください。
選んだ数字によって、ご紹介する視点が変わってきます!
なお、この数字そのものには意味はありませんから、ぜひお気軽にどうぞ。

選んでいただけましたか?

178878332

 

それでは、結果発表です!

 

防災にまつわる、4つの言葉

さて。今回は、防災に縁が深いと思われる4つの言葉・指針を、あらかじめ選んでおきました。
ほかにもいろいろとありますが、今回は、この4つです。

1 を選んだ方は、「遯(とん)、旅へゆく」です。
2 を選んだ方は、「既済(きせい)、革へゆく」です。
3 を選んだ方は、「坤(こん)、復へゆく」です。
4 を選んだ方は、「明夷(めいい)、豊へゆく」です。

 

それでは、早速、順番に。

1 を選んだ方。 大切なのは、「見極め」かも?

「堂々と逃げることができる。一貫性をもって正しく行動していれば、吉。」という言葉が得られました。

「遯(とん)」の卦は、そのものずばり、「天災からの逃亡」というイメージを持つ卦です。
その卦の中にあるこの言葉は、「悠々たる引退」、「完璧な引き際」を象徴します。
災害ならば、逃げるべき時か、家に籠もるほうが良い時か。経済危機ならば、株の売り時・買い時。そういう「見極め」というものがありますよね。

この占いの言葉は、「『見極め』が何よりも大事」という視点を与えてくれています。
焦った時こそ、少し冷静に。合理的に考えて行動すれば、きっと最終的には、栄光が得られる(「旅」の五爻)であろう。と、そのような運勢を示唆する言葉です。

 

2 を選んだ方。 大切なのは、「警戒」かも?

「船底の浸水に備えて、穴を塞ぐためのボロ布を準備しておく。終日警戒しておくことが必要だ。」という言葉が得られました。

「既済(きせい)」の卦は、「運勢の完成型」というイメージを持ちます。良いところもあるのですが、既に完成してしまえば、後は傾く一方です。そのため、「守備的な警戒」が必要となるのです。
災害ならば、「そろそろ、いつ来てもおかしくないような状態」のイメージです。常に警戒し、あらかじめの準備をしておけば、被害を最小限に食い止められます。

この占いの言葉は、「警戒が大事」という視点を与えてくれています。
危機に備えて準備をしておけば、何かあった時にはタイミング良く思いきった行動を取ることができる。その行動は、周囲の支持を受け、大成功を収める(「革」の四爻)であろう。と、そのような運勢を示唆する言葉です。

249605650

 

3 を選んだ方。 大切なのは、「予測と、早めの対処」かも?

「霜が降りる季節になったのであれば、次に来るのは堅い氷の季節だ。前兆を見たならば、ただちに未来を予測して行動せよ。」という言葉が得られました。

「坤」の卦は、「母なる大地」というイメージを持ちます。あまり動きのない運勢を象徴するのですが、「気づかぬうちに、マイナス要素がずっしりと積み重なる」ようなところもある運勢と言えます。
だからこそ、物事の前兆には、敏感に。積み重なる前に、不安要因を消しておくことが大切になります。

この占いの言葉は、「予測と、早めの対処が大事」という視点を与えてくれています。
今は何も起きていないとしても、簡単に予測が立つ事態であるならば、早めの対処をしておこう。そうすれば、マイナス要素が積み重なることもなく、正常な状態に復帰することができる(「復」の初爻)であろう。と、そのような運勢を示唆する言葉です。

 

 

4を選んだ方。 大切なのは、「勇気ある行動」かも?

「暴君の腹心として、その心を知り尽くしている。すみやかに逃げ去るべきだ。」という言葉が得られました。

「明夷」の卦は、易でも最悪の運勢のひとつです。
「暴君の支配を受けている。相手がアホならやりようもあるが、悪賢いので手に負えない」というような運勢です。

しかし、この占いの言葉には、希望があります。
「腹心なのだから、暴君のやり口は知り尽くしている。逃げる事自体は可能なのだ」というわけです。
何も、対人関係ばかりではありません。自然災害への備え・良くない生活習慣、「わかっちゃいるけどやめられない(備えてない)」ようなもの、ありませんか?「分かっているなら、後は勇気を持って行動するだけで良いのだ」というわけです。

この占いの言葉は、「勇気ある行動が大事」という視点を与えてくれています。
このままではいけないと分かっているのだから、勇気を持って、いま逃げるべきだ。しばらくは、明かりの見えないような状態が続くかも知れない。しかし、 やがて周囲の理解も得られ、最後には吉といえる結果になる(「豊」の四爻)であろう。と、そのような運勢を示唆する言葉です。

いかがでしたでしょうか?
この記事に、防災に役立つところが少しでもありましたならば、幸いに存じます。

 

《未畫齋さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/mikaku/?c=91777