無治療(癌放置)に適している人 適していない人 ~あなたはどうしても生きたいですか?~

— 無治療とは —

もう皆さんご存知だと思いますが、無治療は癌の三大治療をしないことです。

手術・薬物・放射線治療法をしないこと。

そして、無治療なので免疫療法も何もしない。

そのまま癌の進行を自分で見るということ。

癌細胞のしたいように、したいままに自分が付き合うということです。

 

— 無治療に適さない人 —

今は「癌は放置するほうが治る」

という期待を持って「癌放置」されるかたもいらっしゃるようです。

情報は色々ありますが、こういう人は無治療には向かないと思います。

なぜなら

こういう人は「生きること」を「癌を克服すること」を目的とされているからです。

なぜ、それを目的とすれば無治療に適さないのか……

それは、無治療(癌放置)すれば、ほぼ確実に癌は進行していくので、その間に起こる自分の身体の症状を見ることに耐えられなくなるから

「生きたい!」「治りたい!」この希望があると、その状態に精神はついていきません。

中には、まったく進行せず停止状態になる人もいらっしゃるらしいですが……

それに期待するのは賭け事と同じこと。

「生きたい気持ち」があるかぎり、進行する症状を自分の目で見る恐怖感はつきまといます。

そうなると、身体の病気であるはずの癌から心の病気を発生させてしまいかねません。

なので「生に執着」があっての無治療選択はしないほうがいいと思います。

少しでも「生きたい気持ち」があれば、精神を守るために治療はされたほうがいいでしょう。

 

— 無治療に適している人 —

それはそのまま無治療に適さない人の反対です。

「死を覚悟できる人」「死を覚悟できている人」

「人は必ず死ぬ」自分はそれが予定よりちょっと早くなったかもしれない

なら、それまでどう生きようか、どう死を迎えようか……

そう客観的に考えられる人は無治療でも大丈夫だと思います。

いわゆる「今の生活に執着しない人」

そういう人は精神を病むことは少ないかもしれません。

 

— あなた本当に「死」を理解してますか? —

生まれてきたら必ず死にます。

祈ろうが拝もうが100%です。

寿命も人それぞれ、すべての人が自然死、老衰で死ぬわけではないです。

頭ではそうわかっていても、人は「自分は突然死なない」「まだ関係ない」と思いがちでは?

これが潜在意識にあるから、いきなり余命や命に関わる病名を聞いた時に人はパニックになります。

特に今まで健康体で病気1つしなかった人、若ければ若いほど、おそらくそうなるのではないかと……

私は子供の頃に「死」と向き合うことになった経験があります。

その経験から「死」というものを身近に感じて生きています。

しかし、たとえそんな経験がなくても常日頃から「死」ということを本当に理解していれば、それに直面した時、それは幸運にも「即死」ではなく、「死ぬまでの期間」があるのだというふうに、冷静に「自分の状態」を見つめられると思います。

そうすれば、それでパニックに陥ることも精神的な病気になることもまずないでしょう。

癌になった時、あなたが無治療も選択に入れているならば、もう一度、自分に聞いてみて下さい。

あなたはほんとうに「死」を受け入れていますか?

だったら、無治療に適した人かもしれません。

すべて私の個人的な見解ですが……

※癌を治療しないなら、現在かけている癌保険などが無駄になるかもしれませんので、一度確認された方が良いと思います。

 

アメブロ
猫と癌と諸々と。。 


『癌と闘わない 私の選択』
電子書籍 700円

 

《mika さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mika_y/?c=157365