うお座の新月はスピリチュアルに目覚めましょう!
〜精神的な部分に注目して〜

素敵な夜、そして「新月のお願い事」をする日曜の夜をゆったりとお過ごしください。 また週末に向けてのデトックスもぜひチャレンジしてみてくださいね。
うお座の新月はスピリチュアルに目覚めましょう!<br>〜精神的な部分に注目して〜

春一番が吹いたとはいえ、まだまだ寒い北風が吹くような日が続いていますが、お元気ですか? MICHAEL Yukiです。
そろそろ花粉症の心配をしている方もいらっしゃるようですね。

早めの対策で、免疫機能の誤作動をなんとか調整することもできるようですが、アレルギーというのは厄介なもので、複雑に色々なものに反応してしまうようになると、対策をひとつ取れば良い、というわけにもいかない様で、大変だと思いますが、少しでも和らげる方法を見つけていけると良いですね。

 

【新月は、スピリチュアルなお願いを!】

さて、今回は、2月も月末、2月26日に新月を迎えます。
この日は、23:59にうお座の新月になります。

お願い事ワークもなかなか深夜になって静かな気持ちで望むことができそうですね。
今回のうお座は、やはりうお座の特徴の「精神的な部分」に注目してみるといいと思います。

人間は、サイキックな精神的な部分や、霊的な部分から伝わってくることを、日常では感じることをしないようにしてしまっていることが多いと思います。

昔は「虫の知らせ」というのも比較的普通のことでしたし、いろんな第六感的なものを感じたりして、それを普通に使っていたはずでした。
最近では、ほとんどの方が、歩いていても、電車に乗っていても、携帯を片手に何かを常に行っている、もしくは、デジタル的な電波に繋がっているように感じます。

本来の、自分自身が持っていることについては、全く使うことが無くなり、使う必要も無くなり、むしろその機能が衰えていっているのではないかと思います。

赤ちゃんの成長過程を考えると、使わないものは退化していきます。
神経もそうです。
使うものに関しては、発達しますが、使わなくなれば、その機能自体を遮断していくそうです。
大人になっても、同じことが実は行われているのではないかと思います。

使わなくなった、スピリチュアルな感覚を取り戻すには、やはり使うことが一番だと思います。
常に携帯を手から離さない、というのでは、それはできないと思います。

 

【日常から変えてみましょう】

何かを感じる時間を取ってみたり、何かを自分の目を通して(スマホのレンズ越しではなく)ちゃんと見てみることが必要だと思います。
何かしら見た時に、人は何か感じるはずですが、その物事に100%向き合っていなかったらわからないこともあります。

もちろん、それには、時間的な余裕も必要かもしれませんが、ほんの一瞬でも作るように心がけてみてはいかがでしょうか?
いつもとは違った景色が広がってくるはずです。

感性を大事にして、自分の感じることに素直に従ってみてください。

特に今回のうお座の新月に、この感覚を開くようなお願い事もしてみてはいかがでしょうか?
そして、時間を作ってみて、ゆっくりとキャンドルの光で瞑想をしてみたり、なんていう夜をすごしてみてはいかがでしょうか?

 

【週末の過ごし方を見直してみましょう】

素敵な夜、そして「新月のお願い事」をする日曜の夜をゆったりとお過ごしください。
また週末に向けてのデトックスもぜひチャレンジしてみてくださいね。
あまり食べ過ぎず、適量を食べるようにして、胃腸に負担をかけないようにしてみてください。

体をケアすることから心のケアにも繋がります。
体が元気でなければ、気持ちが落ち込むように繋がって起きてきます。

必ず自分自身が元気で居られるために、自分自身をサポートするためには、何をしてあげたら体が喜ぶのか、また逆に何をすると体を痛めつけてしまうことに繋がるのかを感じながら生活をしてみてください。

気にすると気にしないでは、大きな違いが生まれてきますよ。
それから、自分にストレスになるような感じで「我慢を強いる」のであれば、止めてください。
「これが好きだから食べる」というのと「こうしなきゃいけないから、これを食べなきゃいけない」では、体への影響も違います。

受け入れる体制が異なってきています。
体も素直なものです。
すんなりと入るためにはまずはマインドの部分がクリアになっていることが大事です。
負担を感じないような生き方を選んでみてください。

ではまた満月のころに。
MICHAEL Yukiでした。

 

《MICHAEL Yuki(ミカエル・ユキ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/michael-yuki/?c=5203