水瓶座の新月と旧正月の日にぜひ試してみましょう〜両方が重なるのは、非常に強力

「赤と白の光のエクササイズ」として、チャクラを意識しながら肉体と精神のバランスを取る練習をしてみてください。
水瓶座の新月と旧正月の日にぜひ試してみましょう〜両方が重なるのは、非常に強力

今年は寒波が日本を包んでいるような冬ですね。
いかがお過ごしですか? MICHAEL Yukiです。

 

【旧正月と新月が重なりました】


さて、1月27日は、旧暦でいうと、年末でした。
アジア圏の方が私にも周りにいますが、やはり、お里帰りをしています。

なんと、今回は、新月の日と旧正月が重なります。
「始まり」という意味合いでは、両方が重なるのは、非常に強力コンビですね。

日本では、1月1日の一年の始まり、というと、なんとなく、「始まり」というよりは「お休み」という意識の方が強いかもしれません。
ですが、「初日の出を拝む」とか、何事も「初」をつけて、物事を行うこともあるでしょう。

同様に、今年としては、初の新月となるわけです。
「初新月」ですよね。

その初新月は、1月28日の9:08に水瓶座の新月となります。
朝の時間帯からですので、朝起きてすぐに、朝日を浴びながら瞑想をしたりして、頭をすっきりした状態で、「お願いごとワーク」をするのも良いでしょう。

では、少しチャネリングしながら、今回の新月に必要なメッセージを下ろしてみたいと思います。

 

【チャネリングで水瓶座の新月のメッセージを下ろしてみます】

水瓶の瓶自体は形のあるものです。
ですが、本当に感じたいのは、その中にある「モノ」です。

その水瓶には何を入れるのか?
何をどのような形にしたいのか?ということです。

自分がどうありたいのか?
どういう状態でいたいのか?
なぜにそれを求めているのか?

ということを少し考えてみると良いかもしれません。

もしかすると、そのカタチ(外側)だけに拘りすぎていると、見えなくなっているモノもあるかもしれないからです。

 

【拘り過ぎていませんか?】

「こうでなければいけない」と決めつけてしまうと、それ以外のところは見えなくなります。
例えば、目の前に「クッキーだ」と思って食べてみます。
ですが、それは本当は硬さのあるクッキーではなく、「フワフワのケーキのようなクッキーのカタチをしているもの」かもしれません。