かに座の新月に、絆に思いを……

急激に暑さが頑張って勢力を増していて、地域によっては、土砂災害があったりするほどの土砂降りって、このところの天気は一体どうなっているんでしょうか? お元気ですか? MICHAEL Yukiです。
かに座の新月に、絆に思いを……

夏至も過ぎて、どんどんと夜暗くなるまでが日が長くなりましたね。

私は夕焼けの時間帯がとっても好きです。
空の色がだんだんと暗闇に変わっていくのですが、その間に、きれいにグラデーションで、オレンジやピンクを含めた色が変化していくのが好きです。

見ていて、とってもまったりとした気分にさせてくれます。

チャクラの色で言えば、オレンジは、第2チャクラの色、創造性の色を呼吸するつもりで眺めていると、何やら体が熱くなってエネルギーに満たされる気分になってきたりします。
またピンクは、ハートチャクラになります。
これも、そのピンク色(またはグリーンの場合もあり)を吸い込むような気持ちで眺めていると、胸のあたりのつかえが取れるようにほぐれるのを感じたりします。

胸のところは、感情が詰まりやすいものです。
人に合わせすぎて、感情を抑えていたり、例えば電車の中で、ぎゅうぎゅうになっているところを、いろんな思いを我慢しながら乗っていると、それだけでも呼吸が浅くなったり、肩に力が入ったりしてしまいます。
これを歩きながら空を眺めつつ、やんわりとした状態に戻してく、という作業も必要です。
いつまでも、凝り固まったままにしておくと、翌日にまで響きますし、最悪の場合、これが慢性化してしまいます。
慢性化したものは、いつの間にかそうなっている状態を認識できなくなって、麻痺してしまうこともあります。

242922301

 

ほぐす、ということは、意識していないと、やらないものです。
勝手にほぐれる、ということはなかなかありません。
あえてやる時間を作ったり、そういった動きをしないことには、ほぐすことには繋がりません。
一番簡単な方法では、深呼吸して、胸の周りの固まった筋肉を中から押して、あえて空気を送り込む、ということもある意味、ほぐすことにつながります。

本当に単純なことからでもいいのです。
1日に一度は自分の体の声を聞いてあげて欲しいのです。

 

月のリズム、というのも、体のリズムと繋がっているものです。

これを無視しないためには、本当に小さい些細なことからでも始めていけば良いのです。
自分と向き合うための時間を取る習慣をつけて欲しいのです。
深呼吸をする、でもいいでしょうし、肩をほぐすために背伸びする、でも良いのです。
現代の私達の生活では、なかなか時間をとったり、まったりすること、自分のために時間を使う、ということが逆に贅沢なことになってしまっていたりします。
たまには念入りにパックをしてお顔をお手入れする、ということだって、十分自分と向き合っていることに入ると思いますよ。

425338816

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回は7月4日の新月のお話に合わせてのお話からでした

早速本題の新月についてですが、今回は、20:01にかに座の新月を迎えます。
かに座は家族、家庭を司ります。
また「新月のお願いごとワーク」では、大切な人との関係性などに関する願い事なども良いでしょう。
これも、家族だけに限らずに、周りの大切な人や、仕事関係にも及ぶ関係性を思い描いてみてください。
手書きで2~10個のお願いごとを新月の時間から8時間以内に書き出してみてください。

ちょうど私の知人でも出産を控えている人がいます。
もしかしたら、この新月辺りで生まれるかなぁ? と思っていたりします。
引力の関係もあり、新月や満月の辺りでは出産が多いんだそうです。
これは、病院や産婦人科なども統計的なところから、その時期に合わせてその日の常駐スタッフを増やしたりするんだそうです。

人間も体を満たしている水分がやはり月に引かれるのでしょう。
新月と満月は、月の位置は違えども、引く力があることには変わりがありません。
どちらも体にも影響を与えます。
新月はデトックスをお勧めです。私もちょうど昨日辺りからデトックスティーを飲み始めましたが、かなり順調に作用しているようです。
これも月が欠けていく時期が一番デトックスも進みます。

237766783

 

身体もメンテナンスが必要です。

人間はいつかは老いていくのですから、その身体をピカピカにしておくべき対策は是非早いうちからされてみてくださいね。
七夕も近くなっています。
新月に暗い空で星が綺麗に見れるところへ行かれる方は、是非、空を見上げてみてください。
沢山の星に、長い時間をかけて地球へ届いた一瞬一瞬の瞬きを、光のシャワーとして受けてみてください。
いつまでもあなた自身が輝ける存在でありますように。
素敵な新月をお迎えください。

ではまた満月の頃に。MICHAEL Yukiでした。

 

《MICHAEL Yuki(ミカエル・ユキ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/michael-yuki%EF%BC%88%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%82%AD%EF%BC%89/?c=5203