『暑い夏こそ、足湯でネガティブエネルギーもすっきりデトックス!』

私たちのサトルボディには、肉体と同じように自浄作用が備わっていて、通常であればネガティブなエネルギーは足裏から排出されていきます。
『暑い夏こそ、足湯でネガティブエネルギーもすっきりデトックス!』

梅雨が明け、夏も本番!

蝉たちが懸命に鳴いているのを聞くと、今年も暑い時期がやってきたか……と実感しますね。

でも、夏は身体の冷える要因が年間を通じて一番多い季節でもあるんです。

クーラーの効いた部屋で汗を冷やし、アイスを食べたり、冷たい飲み物を飲み、食事もそうめんや冷やし中華など冷たい料理で暑さをしのぐ。こんな過ごし方をして身体を冷やし続けていくと、実は秋口にどっと疲れが出てきて、涼しくなったのになんだかずっと身体が重だるい……なんてことになってしまうんです。

また、身体が冷えているとむくみやすくなるので、薄着をするこの時期にはなるべく避けたいものですよね。

身体を温めると言えばお風呂に入ることですが、夏場はシャワーだけで済ませてしまうという人が多いのではないでしょうか。でも、シャワーだけでは身体の芯を温めることは難しく、血行を良くすることはできません。

そんな暑くて冷える夏の時期にオススメしたいのが『足湯』です。

足湯には、血の巡りを良くし体内の老廃物代謝を高める効果があります。また、発汗することで身体に溜まった熱を放出することができるので、熱中症対策にもなります。
さらに肝臓の負担を軽減する効果もあるので、むくみの解消にも役立ちます。

足湯がスピリチュアルな面から見ても効果的である理由

私たちのサトルボディには、肉体と同じように自浄作用が備わっていて、通常であればネガティブなエネルギーは足裏から排出されていきます。

ただし、心と身体、精神、そしてオーラやチャクラなどのサトルボディはすべて繋がっています。身体が冷え切っているとエネルギーも停滞し、排出機能が衰えてしまうんです。

冷えによって長期間エネルギーが滞り、ネガティブなエネルギーが内側にどんどん溜まっていくと、チャクラが影響を受けて感情的にも影響が出てきたり、現実にもつまづきを感じることが起こってきます。

身体を温め血行を良くすることは、エネルギーを活性化させること。つまりネガティブなエネルギーのデトックスにもなるんです。

デトックス足湯のレシピ

① コップ一杯、常温の水を飲む
② バケツや洗面器に40~42℃くらいのお湯を、くるぶしから5cm程度まで用意
③ 塩、清酒を適量入れて溶かす
④ 7分間、両足を浸ける

塩には保温効果があり、発汗を促します。またネガティブなエネルギーを吸収する効果があります。
そしてアルコールは身体を温め、筋肉をほぐし、毛穴を開くことで老廃物の排出を助けます。清酒は神様への捧げ物にも使われ、浄化作用も抜群。神棚や仏壇にお供えされたお下がりを使われてもOKですよ。

毎日足湯を行うのがもちろんベストですが、最低でも週に一度。特に今日は冷房で身体が冷えたなと感じる日にはぜひ行ってみてください。身体も心も、スッキリするはずですよ。

》前回の記事はコチラ《