彼の禁煙、心理パワーを使う
あなたがサポーター

日本の喫煙率は約30%。絶対彼に禁煙させたいあなた、彼を禁煙させる方法をご紹介します。あなたがサポーターとして彼を禁煙に導く方法です。
彼の禁煙、心理パワーを使う<br>あなたがサポーター

日本の喫煙率は約30%。貴方の彼やご主人が愛煙家で困るという女性も多いはずです。
また、「あんなに格好よく、禁煙宣言をしたのに、隠れてタバコを吸うなんて許せない。私の愛より、タバコを選ぶの?」とお腹立ちの方も多いと思います。

絶対彼に禁煙させたいあなた、彼を禁煙させる方法をご紹介します。

それは、認知行動療法という心理療法を使った禁煙法。認知行動療法は医学界でも禁煙効果があることが認められており、禁煙外来にも応用されている方法です。

あなたがサポーターとして彼を禁煙に導く方法です。

 

タバコ代で浮いたお金は100万円

私の場合、37年ピースという強いタバコを一日40本も吸い続けてきた私ですが、心理学を使って禁煙に成功しました。

浮いたお金は100万円になり、メタボも脱出。禁煙研究もしましたので、これから説明することに偽りはありません。あなたの彼は、何回か禁煙に失敗しているかもしれませんが大丈夫です。

portrait-322470_1920

 

ニコチン依存症だから治りにくい

まず、タバコについて知ってください。禁煙できないのは、本人の意志の弱さでも根性のなさでもありません。愛煙家はニコチン依存症という病気だからです。

仕組みを説明します。タバコを吸うと脳の報酬系という部分に快楽ホルモンと言われるドーパミンという脳内物質が分泌されます。その快感が忘れられなくなります。脳は、ドーパミンが欲しいためにタバコを吸うように指令を出します。

この仕組みは麻薬や薬物依存症と同じ仕組みです。タバコの常習性はコカイン中毒より強いと言われており、禁煙というのは簡単にはできないのです。

thinking-236770_1280

 

禁煙に有効なのはカウンセリング

禁煙外来の成功率は80%だといいます。禁煙外来で使う薬だけでは成功率は10%程度だといいます。その差は、病院・医師のカウンセリングにあります。

しかし、病院・医師のカウンセリングは月2回です。病院・医師より、彼に多く会えるあなたの方が、充実したカウンセリングができるので、彼の成功率は高くなるはずです。

sad-girl-236769_1280

 

ニコチン依存症改善のレベル

喫煙を続けると、ドーパミン神経がダメージを受けしまいます。禁煙を始めて、ドーパミン神経のダメージが回復するまで約3ヶ月。約3ヶ月の我慢だと思ってよいでしょう。
禁煙は、次の図のように3つのレベルがあります。禁煙欲求度がこの図のように減少していきます。

●LV1(禁煙から3日間)
禁煙をはじめると、ニコチンが抜けていきます。そして、完全に抜けるまでに3日間掛かります。この期間が最も辛い期間です。

●LV2(LV1後数週間)
ニコチンが抜けてどんどん楽になっていきます。自信もついてきますが、油断大敵です。

●LV3(LV2後二ヶ月)
まだ、ドーパミン神経のダメージが回復していないので、再喫煙する可能性があります。

img[1]