アロマとマルマで行う新月ボディケア<さそり座>

月のパワーのサポートとともに、ボディケアをしていく第2弾の今月はさそり座がテーマ。 新月のこの時期に少しだけ自分自身を癒す時間を作ってみませんか?
アロマとマルマで行う新月ボディケア<さそり座>

さそり座に対応する身体の部位は、生殖器官、排泄器官

今月のさそり座も、先月に引き続き腰周辺に対応しています。
特に、排泄関わる器官(膀胱、尿道、直腸、肛門)や生殖に関わる器官(外性器、卵巣、子宮、精巣、前立腺)に対応していると言われています。

排泄器官は、不要になった物をスムーズに外に出す器官であることから、もしここに何らかのトラブルがある場合、何か手放せないことがないか、我慢して溜め込んでいないかを、そして生殖器官は新しいものを生み出す、育むという機能から、ここに違和感がある場合は、新しい考えや価値観を取り入れたり、新しい役割や環境に恐れを感じていないかといったことを、自分自身に聞いてみることも大切です。

また、これらの部分は第2チャクラとも深い繋がりがあります。
第2チャクラは、創造性と感情、豊かさ、セクシャリティをテーマとしていて、自立や共存といった人との関わりは男女だけでなく、人間関係全般に影響していきます。
第2チャクラが正しく機能していないと、背中や腰の筋肉がこわばり、全身の流れが悪くなっていきます。
また精神的な部分でも、いつも緊張し、身構えた状態でリラックスすることが出来なくなってしまいます。

これらの部位を整えることで、全身の流れをスムーズにし、喜怒哀楽を感じられる豊かな日々を得ることが出来るでしょう。
それにはやはり温めることが大切です。
肌着や腹巻、カイロなどで外側から、お白湯やしょうがなどのスパイスで内側から、しっかりと温めていきます。 また感情を我慢しすぎずに、お食事も存分に味わうようにしてみてくださいね。

そしてこれからご紹介する、マルマと呼ばれるエネルギーポイントを意識したアロマやヨガでのボディケアで、さらに心身をしなやかにしていきましょう!
t20151101

さそり座に対応するアロマオイルはパチュリ!

パチュリは、第2チャクラを整えるアロマオイルの1つでもあります。
甘くスパイシーで濃厚な香りは土を思わせることもあり、グラウンディングや気持ちを安定させる作用があります。
そのため、考えすぎや気を使いすぎてしまう方に特にお勧めです。
さらに官能的な喜びや創造的な表現を促す働きもあります。また、身体を温めたり、体内の水分を調整するので、利尿を促したり、下痢や便秘、消化不良にも役立ちます。
その他、免疫力を上げ、腰痛の軽減と更年期やPMSといった女性特有の症状にもいいと言われています。
このようにいろいろ効果が期待できるパチュリですが、美肌効果もありますので是非スキンケアにも取り入れてみてくださいね!
t20151102

他には、サンダルウッド(泌尿生殖器系トラブル、前立腺、感情刺激)、ジンジャー(消化促進、グランディング、代謝アップ)、パイン(エネルギーと幸福感の増進)、ジャスミン(ホルモン調整、泌尿生殖器系トラブル、神経衰弱)、ベルガモット(ホルモン調整、不安、うつ)などもお勧めです。