5歳の頃から瞑想をはじめ、多くの人に限界を突破させてきたジャズ・プレゼンス

まさに「無数」と言っていいほどの種類がある瞑想ですが、それだけに「自分にぴったりのものを見つけるというのが、なかなか難しいのも事実」です。
5歳の頃から瞑想をはじめ、多くの人に限界を突破させてきたジャズ・プレゼンス

【世界中に存在する瞑想】

最近では、世界的に「マインドフルネス瞑想」が流行し、それと共に「瞑想」自体に注目が集まっています。
マインドフルネス瞑想は、スピリチュアル色、宗教色を出来るだけ薄めているために、多くの人に受け入れられたという側面がありますが、そもそも、「世界中の宗教や精神的文化には、名称は違っても瞑想は存在」しています。

辞書などで調べると、瞑想というのは「目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと」などとされています。
宗教的な意味合いをもたせると「心を静めて神に祈ったり、集中をする」なども瞑想となるようです。
このようなことは、人間が知性を獲得した時点から行われていたわけですので、「瞑想に様々な技法があるのは当然」といえるでしょう。

 

【日本語の瞑想は新しい言葉だった?】

余談ですが、日本語の「瞑想」という言葉は実は比較的新しいものだということをご存じでしょうか?
実は、明治時代に「Meditation」を翻訳するときに考え出されたのです。
当初は「冥想」と表記されたそうです。

「冥」は「あの世、すなわち冥界」を意味しており、そんな暗い世界に目を向けるというようなイメージがあったのでしょう。
それだと、ちょっと語弊があったためか、現在では「瞑想」となっていますが、その「歴史は200年たらず」ということになります。

もちろん、瞑想という言葉が生まれる前から日本でも、瞑想は行われていました。
最も有名なのは、世界的に通用する日本語となっている「禅」があります。
禅は立派な瞑想の一技法ですが、他にも仏教の修行法としては「観想」が存在しており、これも瞑想の一形態です。

 

【100種類の中からぴったりの瞑想を教えてくれる人物】

このようにまさに「無数」と言っていいほどの種類がある瞑想ですが、それだけに「自分にぴったりのものを見つけるというのが、なかなか難しいのも事実」です。
そんな瞑想を「100種類以上」習得し、日々の生活の中で適切なものを使っているというのが、「ジャズ・プレゼンス」さん。

ジャズさんは「5歳の頃から瞑想をはじめ」、現在に至るまで多くの瞑想を身につけています。
ビジネスから健康まで目的にあった瞑想プログラムを提供するのはもちろん、100種類もの瞑想を身につけているジャズさんならではの、「プライベート瞑想トレーニング」というものも存在しています。

こちらは、瞑想に興味をもっているけれども、どのようなものが自分に向いているのかわからない、そもそも瞑想の方法がわからないといった方に向けたもの。

ジャズさんが身につけた「100種類の中から、その人のニーズや性質にぴったりの瞑想方法を見つけて、それを身につけ、深い瞑想状態に入れるまで導いてくれる」のです。

 

【限界を突破させる達人】

他にもジャズさんは、様々な活動をしていますが、特筆すべきは「ブレイク・スルー・スペシャリスト」というその肩書きでしょう。
彼は「クライエントに気づきを与え、さらには限界を超えさせ、夢を叶えることをアシスト」しているのです。

このブレイクスルーは、一般の人はもちろんですが、「経営者や医者」などといったハイクラスな人にももたらされるものであり、世界各地で多くの人が自分自身の限界を突破していっています。

「人生が一瞬で変わったり、不安症を克服した」など、さまざまな喜びの声が、WEBでは紹介されています。
中にはなんと、「23㎏痩せた」という人まで‼︎

これほど、多くの人に多大な影響を与えられるのは、ジャズさんが瞑想という技法に精通しつつ、さらに「コーチングなどの様々なメソッドを組み合わせている」ことが要因なのかもしれません。

瞑想マスターであり、ブレイク・スルー・スペシャリストでもあるジャズさん。

興味のある方は彼のWEBをチェックしてみてはいかがでしょう?