長い経験を持つハーバリストにしてエナジーヒーラー〜シャルロット・ムトロ

エナジーヒーラーは、「目には見えない微細なエネルギーフィールドに影響を与えることで人々を癒す」ことができます。
長い経験を持つハーバリストにしてエナジーヒーラー〜シャルロット・ムトロ

【東西のハーブに精通したメディカルハーバリスト】

「ハーバリスト」とは、文字通り「ハーブを使って人々を癒す人」のこと。
ハーブには様々な効能が秘められていますので、クライエントの状態にあわせてそれらを選び、最適な形で提供する必要があります。

無数にあるハーブの特性を把握することはもちろん、どのような症状なら、どんなハーブを処方するということも知っておかなければなりませんので、「膨大な知識と経験が必要」となります。

そのために、イギリスで最大のメディカルハーバリスト養成コースを持っている、英国ハーブ医学協会では、メディカルハーバリストとして認定されるまでには、3年から4年という長い学習期間と臨床経験が必要とされているのです。
そんな本格的な学びが必要な分野であるメディカルハーバリストの資格を持ち、なおかつ、漢方薬についても造詣が深い人物が、「シャルロット・ムトロ」さん。

 

【植物療法士でありエナジーヒーラー】

シャルロットさんは、メディカルハーバリストとして認定された後に、中国漢方を学び、さらに中国の南京にて中国漢方の学びを深めました。
漢方薬も大きく分ければハーブですが、西洋のものと東洋のものでは扱い方が違ったり、アプローチの方法が異なったりすることもありますので、シャルロットさんは、「西洋と東洋、両方のハーブを熟知したまさに専門家」といえるでしょう。

イギリスを皮切りに、ニュージーランドや日本、オーストラリアなど世界各地でハーブ医療を行ったり、ハーブの素晴らしさを伝える講演を行ってきたシャルロットさん、「メディカルハーバリストとしての経験の豊富さは、まさに国際的なもの」といえるでしょう。

長年の訓練と経験をもとに、東西のハーブを活用し、また、エッセンシャルオイルなども使って大自然の力によって人を癒すことができる「植物療法士」であるシャルロットさんですが、ハーブやエッセンシャルオイルなどといった、物理的な媒介を使うだけでなく、目には見えない領域にアプローチする「エナジーヒーラー」としての顔も持っています。

 

【正反対のように見える二つの要素がもたらす癒し】

エナジーヒーラーは、「目には見えない微細なエネルギーフィールドに影響を与えることで人々を癒す」ことができます。
こちらは基本的にエネルギーの流れを整えることで、癒しの力を引き出すものとなっているようです。

植物療法とエナジーヒーリングという、「一見すると正反対のようにみえる二つの技法を組み合わせる」ことによって、シャルロットさんのヒーリングは、よりレベルの高いものとなっています。
エネルギーヒーリングによって、その人のエネルギー状態を把握し、よりよい方向に向かうためにはどうしたら良いのか、どのような食物やハーブを摂取するといいのか、といった内容を、「長年培った植物療法士としてのスキルを活用して教えてくれる」のです。

これによって、セッションを受けたときだけ癒されるのではなく、その後の生活の中で教えて貰ったハーブや食物を摂取することによって、「自分でも状況を改善していくことが可能」となります。

目には見えない領域と、物理的なハーブを組み合わせて提供されるシャルロットさんのセッションに興味があるかたは、「5月に開催される予定」ですので、下記をチェックしてみてくださいね♪

https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1792