〜真実のビジョンと偽りのビジョン 前世とチャネリング〜 MAYURI(マユリ)の リーディング&パワーストーン ウェブ講座 第三回 

前世にしろ、瞑想やチャネリングにしろ、見えたビジョンが必ずしも本当とは限りません。 そこをいかに見分けるかが、大変重要になってきます。
〜真実のビジョンと偽りのビジョン 前世とチャネリング〜 MAYURI(マユリ)の リーディング&パワーストーン ウェブ講座 第三回 

① 真実のビジョンと偽りのビジョン

こんにちは。癒しフェア東京で、リーディング(ペンジュラム)入門講座を担当したマユリです。前回パワーストーンには、人の意識を変性意識状態にするという作用があり、その状態になると、普段見えないものが見え始め、誰でも「今だけサイキック」状態になるというお話をしましたね。この状態で前世をみるのがクリスタル前世セラピーで、それを利用して石を使った除霊ができることもお話しました。

石を使う使わないに限らず、変性意識(脳波がα波やθ波になった)状態になった時には、普段は見えない様々なビジョンが見えてきます。さて、問題はこのビジョンが、「本当なのか? 偽物なのか?」なのです。

images28WVO1G2

 

② 嘘の前世 前世の夫は実は帰ってこなかった……

30代後半の婚活をされている女性(Aさん)がこられた時です。なかなか結婚できない理由は前世にあるのではないかと思われ、クリスタル前世セラピーを希望されました。

19世紀あたりのヨーロッパでしょうか、長いスカートをはいた茶色い髪の女性が、煮込み料理を作っています。料理がすっかりできあがって、誰かの帰りを待っているようでしたが、なかなか帰ってきません。待ちわびているようですね……待ちくたびれています……それから、彼女が泣いているショットが現れました。

ああ、やっと帰ってきました! 彼女の夫は木こりのようで、やっと仕事をおえて帰宅し、二人で食事を食べ始めました。二人の親しげな様子が伝わってきます。

でも、このビジョン、果たして本当でしょうか? いえいえ、もちろんAさんが嘘を言っているというのではないですよ。彼女はちゃんと自分が見えた通りの事を言っています。でも、ちょっとまって! このビジョンなんか変です。一瞬ですが、泣いている女性がみえました。女性はなぜ泣いていたのでしょうか?

「泣いている理由を教えて。」こう問うと、ビジョンは一瞬沈黙して、親しげに食事を食べる光景から、いきなり森の中に移りました。

5images

森の中に彼女の夫がいます。お昼休みなのか木の下で食事をしています。その時、木の上においていた工具が突然落ちてきて、彼の頭を直撃しました。彼は倒れてそのまま動きません。そう、これが真実です。実は彼女の夫はこの時死んでいて、だからいつまで待っても帰ってこなかったのです。

人は直視したくない真実をみることを拒みます。「愛する人の死」は彼女にとって認めたくない事実だったのです。その場合、人は二つの反応を示します。「どうしても、そのシーンは見えないか」「嘘の前世を作り出す」かです。

嘘の前世はちょくちょく現れます。彼女の場合も、食事をした後も、二人の日常生活が延々と続くビジョンが現れました。もちろん、Aさんには、実際にそのビジョンがみえているのです。

この場合、嘘の前世を何度みても問題は解決しません。Aさんが、しっかりと真実を自覚して、「自分はもう生まれ変わった別の人格であり、前世の夫(愛する人)を手放して、今世の新しい愛を受け入れることを決心」し、また前世の夫の霊体も、自分の死を受け入れて、光の中に行くことが重要なのです。