神々の履歴書 第5回
天使を召喚する祭壇

流言飛言に惑わされず、一人一人が、主体的に考え、正しい判断ができることが、明るい未来のために必要なのです。
神々の履歴書 第5回<br>天使を召喚する祭壇

こんにちは。サイキックリーダー&クリスタルセラピストのマユリです。

前回は、「リーディング(透視)能力がないのに、見えない世界に関わるのはリスクを伴う」ことをお話しました。

例えば、召喚文を唱えると、呼ばれた霊体(悪魔であろうと神様であろうと)は必ずやってきます。
普通の人には、やってきても視えません。
しかし、わかっていなくとも、事は起きています。
貴方の見えない次元で、変化が起きているのです。

いい変化かもしれません……でも、悪い変化かもしれません……見えていないのに、見えない世界に深くかかわることは、目隠しをして見ず知らずの人と交わるようなものなので、大変危険なのです。

 

東洋の召喚文・西洋の召喚文

「いったい召喚文って何ですか?」質問をうけました。

召喚文とは、ある霊体を呼び出す言葉のことです。
日本では、密教や修験道で使うマントラや、神道や陰陽道で使う祝詞などが有名です。
たいていは、同時に印を結んだり、シンボルを切ったりします。

同じようなものは、西洋にも伝わっており、カヴァラ(ユダヤ神秘主義)の呪文や護符が有名です。

なんだか、アニメのようなお話ですね……って思われる方もいるかもしれません。
見えないとリアリティがないので、そう思ってしまうのも仕方がないかもしれませね。

けれども、視えようが視えまいが、誰が言っても、召喚文さえ正しければ、呼ばれた霊体はやってきます。
問題は、唱える本人が、それが召喚文だとわからずに唱えている場合が、あることです。

 

エネルギーワークとしての召喚文

以前、「幼稚園児の息子さんが虚弱で、しょっちゅう熱をだすので、毎日のようにエネルギーワークをしてやっているのだけど、ちっともよくならない」という方が来られたことがありました。
一言でエネルギーワークといってもいろいろあるので、どういうものか尋ねても、本人もよくわかっていないようだったので、とりあえず実演してもらいました。

その方が、何か唱えてシンボルを切った瞬間、左上からすっと長いものが飛んできて、息子さんの足に巻き付きつくのがみえました。
こういう風に息子さんの足に巻きついていると絵に書いてあげると、「そこは赤く湿疹がでているところで、いつも痒がっているところだ」とのことでした。

それから、しばらくワークをやめると、湿疹も引いて、息子さんも元気になり、熱をださなくなりました。

そのエネルギーワークがいいものか悪いものかを考える以前に、一つ覚えていてほしいことがあります。
通常、子供は霊的な免疫力も、大人と違って、大人が大丈夫な霊的衝撃でも、大きな衝撃となります。
お薬同様、大人と子供は違うので、大人と同じ薬を子供に飲ますと、ひっくり返ってしまうのです。

それはさておき、このお母さんの問題点は、
① 自分の習ったエネルギーワークがどんなものなのかよくわかっていない
② わかっていないのに、毎日子供に施している
この点です。
これって、よくわからない薬を、毎日子供に飲ませるようなものです。

実はこのエネルギーワークは召喚文を含んでいます。
彼女が、それを唱えた瞬間、霊体が左上からやってきて、子供の足に巻き付いたのです。
(ちなみに、頭の中で唱えてシンボルをきっても、やってきました。)

他にもたくさんこうした方が来られましたが、「これは召喚文だ」とわかって唱えている方は少なく、この女性のように、スピリチュアルや何かの一環として習い、「自分は何かを召喚しているという意識のないまま」に、「手順通りに行っている」方が、ほとんどでした。

 

天使を召喚する祭壇

そういう中に、ちょっと悪質かも……と思われるものもありました。

ある日私の講座に、その方がそばに来ると、霊媒体質の方ならば、頭が痛くってたまらないほど、強い邪気を放つ方が来られました。

「パワーストーンの波動を測定する」ワークでは、なんと、その方の着けているブレスすべてが強いマイナス波動(強烈な邪気)を放っていました。
今朝初めてつけてきたブレスということで、念のため購入したところのエネルギーもみましたが問題ありません。
その方がつけると、数時間のうちにマイナス波動になってしまったのです!

いったい、何でこんなことになってしまったのでしょうか?

授業中に「貴方、凄いのが憑いていますよ」というわけにもいかず、頭痛を我慢しながら授業をしていたところ、本人が

「私、天使を召喚したの」と話し出しました。
……彼女はそれを天使だと思っているみたいです……

「ある日、メールが来てね、天使を召喚する祭壇の作り方をかいてあったの。それから、そのメールを3人の知り合いにも送ってくださいって。
「ええ! 送ったの?」
「ええ。それでね、書いてある通りに、祭壇を作って、毎日、天使をお迎えする儀式をしたのよ。
「それと、玄関にリンゴも置いたわ。」

「え? なんでリンゴなの?」
「さあ? そう書いてあったから」
「でね、なんか手ごたえありっていうか、何かが来た気がしたの……」

彼女も、先ほどのお母さんと同じ間違いを犯しています。