マユリの リーディング&パワーストーン ウエブ講座7 第6回 ペンジュラムでチャクラのリーディングする―自分にあった石を選ぶ

必要な石を選ぶためには、複雑なチャクラの理論を覚えなければならないのでしょうか?
マユリの リーディング&パワーストーン ウエブ講座7  第6回 ペンジュラムでチャクラのリーディングする―自分にあった石を選ぶ

こんにちは。
癒しフェア東京でリーディング(ペンジュラム)入門講座を担当した、クリスタルセラピスト&サイキックリーダーのマユリです。

前回は、石の効果をひきだすためには、正確なリーディングが必要なことをお話しました。本当に効果が出る石を選ぶには、石のエネルギーと人間のエネルギーをリーディングする(よみとる)必要があります。

 

① 石のエネルギーをリーディングする +波動と-波動をみわける

波動(エネルギー)にはプラスとマイナスがあり、プラス波動は人の健康や精神状態をUPさせますが、マイナス波動はダウンさせてしまいます。石にもプラス波動とマイナスの波動のものがあります。

ある生徒さんが、友人にこの話をしたところ、「石はすべて素晴らしいので、マイナスの波動の石などあるはずがない」といってきかなかったと話していました……。それでは、「植物はすべて素晴らしいので、体に悪い植物などない」というのと同じです。実際には、毒キノコなど人間の体質には合わないものもあれば、腐敗しているもの、汚染されてしまって口にすると危険なものもあります。石もまた同じです。ただ植物と違って、口にいれるわけではないので、実感がないだけなのです。

マイナス波動の植物を食べるとお腹を下すように、マイナス波動の石をつけると、心身のエネルギーが低下します。具体的には、なんとなく体がだるくなったり、気力が衰えたり、不定愁訴を引き起こします。また、イライラしたり、気分が塞いだり、情緒が不安定になったりします。良かれと思って付けている石が実はマイナス波動だった……。というのでは、悲しいですね。この波動を見分ける力は大変重要で、マユリの講座でも、かならず習得します。

TAB_4277

 

② 人間のエネルギーをリーディングする  7つのチャクラを測定する

プラス波動の石を選ぶのは重要ですが、それだけでは、とりあえず体に悪いものをはしょっただけです。では、どうやって自分にあった効果的な石を選ぶのでしょうか? その一つが、チャクラにあった石を選ぶ方法です。

チャクラとはエネルギーが出たり入ったりする出入り口のことで、チャクラにはそれぞれ機能があります。例えば第5チャクラはコミュニケーションを司り、このチャクラが弱ると、コミュニケーション力が低下するとされています。