マントラっていったいなに? 日本にも古くから様々な活用法が伝わっているマントラの秘密

日本には空海がもたらしたマントラを使った技術を多く伝承している真言密教が存在し、そこから仏様を産み出すほど活用されていますので、そちらのほうにも目を向けてみると、より多くのものが得られるはずです。
マントラっていったいなに? 日本にも古くから様々な活用法が伝わっているマントラの秘密

【古代サンスクリットの言葉】

「マントラ」は、スピリチュアルな世界では「比較的ポピュラーな用語」といえるでしょう。マントラとは、元々はインドを初めとして東南アジアで用いられていた「古代語であるサンスクリット語」で、「言葉」「文字」を意味します。スピリチュアルな世界では「特別な力を持った呪文」というイメージがありますが、本来は単なる言葉を指していたわけです。

しかしながら、サンスクリット語は、「ヒンドゥー教や仏教、ジャイナ教」などといった宗教の礼拝用言語として使われていたことから、単なる言葉を越えたものだと考えられるようになり、日本では「真言」と翻訳され、それを重視した「真言密教」が現在でも存在しています。

 

【様々な形で表出するマントラ】

703977

真言密教では、「身・口・意」といって、「印を結び、真言を唱え、意念を凝らすことで自らを仏と一体化し、その力を借り受ける」という発想がありますが、ここでも真言は重要な働きをしています。仏教には多くの仏様がいますが、密教ではそれぞれに真言が設定されており、必要な御利益や状況に合わせて「マントラと印を使い分けることで神秘を顕現する」のです。

中には、仏様の頭が力の源となっている「仏頂尊勝陀羅尼(ぶっちょうそんしょうだらに)」というマントラもあり、こちらは仏の頭という変わったものが力の源でありながらも、「百鬼を退け、長寿安楽をもたらし、すべての災厄を祓う」という万能の力がこめられていると考えられていました。特に「平安時代の貴族からは絶大な信頼」を寄せられており、百鬼夜行よけに、このマントラを書いた紙を服に縫い込んだり、何かあったときのために暗唱できるように練習していたほどです。

さらに、「マントラ自体が仏様になってしまう」というケースすら存在しています。スピリチュアルな世界でも比較的有名な「オーン(オーム)・マニパドメ・フーム」というマントラがあります。このマントラをサンスクリット語で表記すると六文字になることから「六字明王(ろくじみょうおう)」という存在が産まれたのです。

明王といえば、仏様の中でも悪鬼邪鬼を倒すために、怖い顔をして武装している存在ですが、「六字明王は例外的に優しい顔をしている」という特徴があります。前述のマントラが観世音菩薩の慈悲をあらわしたものであることから、六字明王は観世音菩薩の化身であるという説や、「六」という数字が地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つの世界、すなわち「六道」に通じることから、「六人の観音様が集合したすべてを救う力を持つ存在ではないか」ともいわれています。ちなみにこちらは、「日本で生まれた仏様」なのではないかといわれており、様々な経典を元に、重要とされたマントラを用いて、当時の人々が「危機的な状況から救って欲しいという祈りをこめて作り上げた貴重な存在」なのです。

 

【マントラを見て自らを清浄にし、マントラを書いて死者を供養する】

178647569

このように仏様すら産み出すマントラですが、使い方は唱えるだけではありません。密教には阿字観(あじかん)」という瞑想法が存在しています。こちらは真言密教の開祖であり、伝説的な人物である「弘法大師空海が伝えたもの」とされています。空海はあまりにも伝説的な人物となったために、彼に仮託した技法が多くあるのですが、様々な研究によって、「阿字観は空海の直伝である可能性が高い」といわれています。

阿字観は、「阿」というマントラをありありと思い浮かべ、自らと同一化させることで、「すべての罪業と障害が浄められ清浄となり、一切の迷いや煩悩を打ち払う」というものです。一説によると、スピリチュアルな世界でいうところの「チャクラを覚醒させる」ものでもあります。

他にも大日如来を初めとした、五智如来の光を祈願するマントラである「光明真言」を円形に書くことで、「死者を供養し、例え罪を犯していたとしても、如来の光によって地獄から救い出す」という「光明真言破地獄曼荼羅」なども存在しています。光明真言自体が、万能に近い強力なマントラですが、それをサンスクリット文字で書くことでも力を発揮するというわけです。

スピリチュアルな世界では、「ガーヤトリー・マントラ」などヨガに結びつく、ヒンドゥー教由来のものが有名なマントラとして知られていますが、日本には空海がもたらしたマントラを使った技術を多く伝承している真言密教が存在し、そこから仏様を産み出すほど活用されていますので、そちらのほうにも目を向けてみると、より多くのものが得られるはずです。

Secret of the Mantra.
Mantra that has been handed down in Japan.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809