心・体・魂に働きかけよう! エネルギーを使って、失われた感覚を取り戻してみよう♪

私達は「気」という字をなにげなく使っていますが、知らず知らずのうちに才能や可能性を封じ込めてしまう恐ろしい文字です。運氣をUPさせたいなら、気を氣に積極的に変えてみる開運法はいかがでしょうか?
心・体・魂に働きかけよう! エネルギーを使って、失われた感覚を取り戻してみよう♪

TRINITY読者のみなさん、こんにちわ。
暑い季節がやってきました! みなさん元気でお過ごしでしょうか?
日々を快適に過ごす為に気をつける事はいろいろとあると思いますが、今回は人にとってなくてはならないエネルギーについてお話したいと思います。

人にとってなくてはならないエネルギーとは「き」です。
漢字で書くと「気」「氣」と表現します。
空気、元気、気温、気圧、気持ち、勇気、根気、本気、……etc
「き」のつくものはたくさんあり、自然界のすべての物質を構成している最も基本的な物質とされています。
目には見えないのでその存在を忘れてしまいがちですが、「き」がなくなると物質も生命体も存在できなくなってしまいます。それほど「き」はなくてはならない大切なものです。

 

文字に隠された意味

128330954

 

ところで、「氣」と「気」の違いはご存知でしょうか?
「氣」とは解放されたエネルギーで、四方八方にエネルギーが放射する状態の事を表しています。状態でいうと「解放」「調和」「安定」「陽氣」といった感じです。

「気」は閉められた気の事で閉寒する〆のエネルギーの状態を表しています。
「閉める」「不調和」「不安定」「陰気」です。

現在の私たちが良く使っている字は「気」の方だと思います。
日本では昔から「言霊」と言われているように、言葉自体にもエネルギーがあると信じられています。ではなぜ「氣」の方がはるかいに良い影響を与えるのに、「気」を使うのでしょうか?

実は日本が戦争に負けてアメリカに占領される前は「氣」を使っていました。いつのまにか「気」に変換されているのです。

日本語は50音訓すべてに意味があり、世界で一番周波数の高い言語とされています。一番低い周波数は英語です。なので闇の権力者が英語を世界の共通言語にして人類の意識レベルを下げるようにしていると言われています。

アメリカは大東亜戦争後、GHQを使い3年の占領期間を無視して7年かけて日本国民の強靭な肉体と精神力は、食事や出産体系、麻の文化にある事を突き止め、すべてを破壊しようとしました。

これを破壊するために、日本の保健所、教育委員会、大学病院を回収し、私たちに都合のいい洗脳教育を徹底的にしていき、知識を入れ込むだけ入れ込ませ、自分たちの頭で考える事をさせないような対策をしてきました。

 

まず、食事を日本国民のDNAに合う古来の和食から欧米食に変えさせました。米からパンに、みそ汁から牛乳です。母子手帳は牛乳がスポンサーになっていますが、それはWHOで世界的に禁じられている行為であり、それすらも仕組まれています。

お産婆さんで自宅出産だった自然分娩スタイルを病院出産に強制的に変えさせ、ワクチンや帝王切開、陣痛保身剤、自然の摂理に逆らった仰向け出産、人工ミルクによる授乳で子どもに病気の時限爆弾を仕組み、生まれたての子を新生児室にすぐに送り込み、愛情を感じさせないようにするなど、子どもに対する悪影響はまだまだたくさんあります。

要するに、日本は洗脳されているのです。
ここでまた「氣」と「気」の話に戻りますが、「氣」という字の上の部分の「气」の部分は、天地を表しています。「气」の中にある米は八方に開いている姿をかたどったものであり、天地の八方に生命エネルギーを放出していく状態を表しています。
「气」に「メ」だと天地のエネルギーを閉じ込めるという意味になり、人間に備わった潜在能力の封印という意味もあります。

GHQの占領政策時に、アメリカは「気」から「氣」に変え、日本人の精神性を劣化させることに成功しました。

 

日本人の精神性の高さ

ではなぜアメリカは、そんなにも日本を恐れたのでしょうか。
大東亜戦争では、日本人は兵士だけではなく、全国民が祖国のために死ぬまで戦う覚悟だったと言われています。
アメリカは、日本民族の覚悟と気概が一番怖かった。日本人の真剣さが怖かった。
そして多くの人が亡くなり、国土が焼け野原になったにもかかわらず、戦後は経済を急激に発展させ、世界最大の債権国になりました。
踏まれても踏まれても這い上がってくる日本という国は、アメリカや世界からみれば、恐ろしい国なのかもしれません。

日本人は、その精神性をもう一度奮い立たせて目覚める必要がある。その事に気づき始めている方が少なくはありません。

私事ではありますが、私の名前は「麻美」です。
その中の「麻」は天に向かって立ち、酸素をたくさん放出しながらまっすぐにすくすくと育っていく植物です。その成長力と生命力は周囲にとてもいい影響力を与える、神聖なものとされています。
麻は古来から神に奉献する供物の代表的な品物の一つとされていて、日本人は生活に密着して麻と共に生活してきました。
そんな「麻」はGHQの占領政策によって「大麻取締法」が制定され、原則禁止となっています。(※麻と大麻は同じものです。)

私の「麻美」という字を見て、これを絵に積極的に使いなさいという方がおられました。私はイラストレーションやデザインの勉強をしていました。なのでどこか洋風なイメージでの絵で、漢字のサインは合わないと思っていたし、取り入れる事に抵抗感がありました。けれど今はとても意味のある事だと捉えています。今後、それを取り入れることでどのように変わっていくのかが楽しみです。

 

手軽な開運法

382812967

「言霊」は言葉に宿っていると信じられた不思議なエネルギーのことです。発した言葉、文字、文章として表現した通りの結果を表すとされています。

私達は「気」という字をなにげなく使っていますが、知らず知らずのうちに才能や可能性を封じ込めてしまう恐ろしい文字です。運氣をUPさせたいなら、気を氣に積極的に変えてみる開運法はいかがでしょうか?
他にも自分の好きな言葉を積極的に使ってみるとか、ちょっとした心がけ次第で手軽な開運は出来ると思います。そして気がついたら、良い事が起こるようになってきたという事が起こってくるだろうと思います。

 

《麻美(mami) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nami/?c=113818