12星座石とは?  12星座と宝石の関係 あなたの守護石、パワーストーンはこれ!

12星座石を身に着けて、もっと輝く毎日を手に入れてみませんか? 
12星座石とは?  12星座と宝石の関係 あなたの守護石、パワーストーンはこれ!

あなたはご自分の誕生石をご存知ですか?

誕生石は、1月から12月まで各月ごとに特定の宝石が割り当てられ、その月に生まれた人々を守護すると言われています。
お持ちでなくても、誕生石の存在を知っている方は沢山いらっしゃると思います。

一方で、12星座にも宝石があるのを知っていましたか? 誕生石は18世紀頃から見られ、1912年に米国宝石組合大会で統一されたものですが、12星座石の歴史は紀元前6世紀のバビロニア帝国まで遡ります。
非常に長い年月、星座と宝石は深いつながりを持っていました。

12星座と宝石の割当については諸説ありますが、今回は、ルネサンス期の高名な魔術師、ハインリッヒ・コルネリウス・アグリッパ・フォン・ネッテスハイムによる12星座石対照表をご紹介いたします。

 

12星座石

牡羊座(白羊宮):サードオニキス

オレンジと白の縞模様が美しいストーン。困った相手から自分を守ってくれる、幸運を引き寄せてくれる守護の石。また、人間関係を円満にするので、家族、恋人、友人との仲を取り持ってくれると言われています。

 

牡牛座(金牛宮):カーネリアン

ナポレオンが愛用したと言われるカーネリアン。半透明のオレンジや赤色は勇気と生命力を与えてくれます。目標達成における活力をサポートし、成功に導くと言われています。困難に負けない強さと、性格で冷静な判断力を表現します。

 

双子座(双児宮):トパーズ

さまざまな色のあるトパーズ。透明感があり人気の石です。トパーズは持ち主に必要な物事を引き寄せると言われています。それは幸運の場合も、試練の場合もあります。自分に何が必要なのかを教えてくれると言われています。

 

蟹座(巨蟹宮):カルセドニー

水色、ピンク、白、薄緑と、パステルカラーがかわいいカルセドニー。穏やかなエネルギーで持ち主をサポートしてくれると言われています。気持ちを優しくしてくれ、柔軟で楽天的な気持ちにさせてくれます。

 

獅子座(獅子宮):ジャスパー

古くから人々から愛されてきたジャスパー。地に足の着いた自信、広い視野と洞察力をもたらすと言われています。人の意見に左右されず、自分らしさを保つサポートをしてくれるでしょう。安心感をもたらし無駄な力を抜いてくれます。

 

乙女座(処女宮):エメラルド

非常に有名な宝石エメラルド。そのグリーンは素晴らしい智慧を表すと言われます。持つと頭脳が明晰になり直感力を強めるといいます。またヒーリング、心身のバランスも意味する石です。カップルが持つと浮気封じになるとか。

 

天秤座(天秤宮):ベリル

エメラルドやアクアマリンの仲間、ベリル。積極的な前進を表すパワーがあるとされています。リーダーになるための統率力をもたらし、持ち主の成長をサポートすると言われています。

 

蠍座(天蝎宮):アメジスト

非常に有名な紫のストーン。真実の愛の石と言われています。アメジストを持っていると、本当の愛を見分ける力を得るそうです。直感力を強めるとも、二日酔いに良いとも言われ、昔から人々に愛されている石です。

 

射手座(射手宮):ヒアシンス

ジルコンとも言われ、ダイアモンドレベルの輝きを誇る石。合成ダイアモンドのジルコニアとは別の石です。持ち主に潜む無限の可能性を見出し、多くのチャンスをもたらし成功に導くと言われています。積極的に歩みたい人をサポートします。

 

山羊座(磨羯宮):クリソプレーズ

爽やかなグリーンが印象的なストーン。癒しの石として、持ち主の不安を解消する手助けをしてくれるといいます。希望と勇気をもたらし、不安定な気持ちを緩和してくれるでしょう。精神的な明るさを表現する石です。

 

水瓶座(宝瓶宮):クリスタル

言わずと知れたパワーストーンの代表。水晶。浄化のパワーが強いと信じられており、身につけると持ち主を浄化、守護してくれると言われています。直感力、想像力を高める、開運に導くなど、万能の石とされています。

 

魚座(双魚宮):サファイア

こちらも宝石として有名なサファイア。護符として使われた歴史も長く、勝利を呼ぶ石、目標達成の石と言われています。冷静な思考と判断力をもたらし、自分を中心とした組織の成功をサポートすると言われています。

 

普段馴染みのある誕生石とは一味違う12星座石。
自分の星座の石を持つと、その人を守ってくれるという言い伝えがあります。
はじめて出会う石もあったかもしれません。
12星座石を身に着けて、もっと輝く毎日を手に入れてみませんか?