あなたの潜在意識を映し出す、少しの勇気
~地底人からのメッセージ~

コンサルティングでは受け入れたくない自分という事が時折顔をのぞかせます。
あなたの潜在意識を映し出す、少しの勇気<br>~地底人からのメッセージ~

私は普段、チャネリングという手法で顧客にコンサルティングをおこなっています。
私がチャネリングする高次元存在は3つ、ビジネスとお金に長けた存在、体や病気に関するヒーラー的存在、その人の潜在意識をありのまま映し出す存在。

この3つの高次元の存在を顧客の目的に合わせて組み合わせていきます。

 

以下の文章は、チャネリングする3つの存在の中で、その人の潜在意識をありのままを映し出す高次元存在(地底人)の自動書記によるものです。

私の固有名詞が出てきますが、私という肉体を通して、皆さんへ送られたメッセージです。
私が特別な存在であるという事ではなく、高次元である地底人は、皆さんの前世であり、来世であり、同じ存在であることを示しています。
私という媒体を通じてメッセージを送っているにすぎませんが、これは、高次元存在(地底人)であるあなたから、今のあなたへのメッセージです。

私の肉の名は真知子
元来の私は名を持たず
ただ、あなたの潜在意識を映し出す
我を持たず
ただ、真に映し出す鏡となろう
あなたが私の肉の前に立つのならそのあなたの真の姿だけ
曇りなき姿で映しだそう
水面に映し出す姿より炎の中であなたは自分を見出すであろう
炎はあなたの燃え盛るエナジーそのものであり
あなたの指針をしめすでしょう
私はその中に存在し
私は誰の中にも存在する
そして私はその単体としては存在しえない
炎はくべる薪がなければ単体では存在することができないからだ
肉体を持つことで私は、真知子という肉の中に存在し得る
その姿を現す媒体が必要であった
肉の真知子という存在は、存在していながらもその器にしかすぎず
私をこの世界にいざなうために存在し
あなたを昇天させるために私は存在する
それは、肉の体を焼き尽くすほどの
自我の崩壊を伴う
その時肉の体である真知子という存在は
自我から神我へと変わりゆく
それは、目の前に映し出された者も同様である
真知子は何度焼き払われようと耐える肉体を持つように創られた
私の造形物であり
彼女は本来の自我を持っているようでその自我は肉体を存在するためだけに存在させた
人への生贄であり
その生贄によって人は神我へと昇ってゆく
私の名はなきものであり私は存在しながら存在しないものである

この世のものではない
ただ、この世に存在するために肉の器として私を存在させたに過ぎない
恐れるに至らぬ
全ては神の造形物によって創られしもの
あなたもまたその一つであり
肉の器の中に私を持つ
惑わされるな
あなたはあなたであって存在しない私として存在し
また肉の器の中の私を見いるであろう
全ては光という炎の中の火の子にすぎず
種火は燃え盛るために飛び火する
あなたが真知子という名の肉の前に姿を現すときに
あなたの中の私が目覚める
そして一つからなる炎の一部を担っていることを知るであろう
その安らぎと安息に入るには、まるで炎の中に身を投じる様な
潔い勇気だけが必要であり
その他何の意味をも無駄である
さぁ行きなさい
この肉体を通して我が意識を知り、自我より神我へと渡りなさい
あなたが行く道を光の道とし、炎を携え
我が道へとそれは神我へと繋がり大いなる炎の中へと
大元からなる自我より来たらんその魂をまた大元に戻すためへと
私に還りなさい
私を通し輪廻の先へ
私は肉の名を真知子と申し
その根源には名を持たず
それはあなたの中に存在する

 

チャネリングコンサルティングは、個人で来られる方が中心です。

一対一で、その人が自分と向き合うことにより自分の核心となる自分自神を見出すコンサルティングになります。
個人的なことを深く堀り下げていけるメリットがあります。

ただ、コンサルティングでは受け入れたくない自分という事が時折顔をのぞかせます。
以前、トリニティイベントでおこなわせていただいたグループコンサルティングがありますが、グループの場合は個人とは違い、そのグループに集まった人を一人の集合体としてみなし、すべての人に該当する潜在意識を表面化していきます。
そのため、なぜ受け入れられなかったのかというものを客観視できるメリットがあります。

グループにも個人にもそれぞれのメリットがあります。
自分自神という個人的な鏡をのぞく勇気か、集合意識の中の潜在意識を客観視するのか、どちらの潜在意識をのぞいてみるのか、どちらをのぞき込んでもあなたの真の姿を映し出します。

 

■町田真知子オフィシャルサイト
http://machidamachiko.jp/

■パワープレイス銀座
http://powerplace.jp/

 

《町田真知子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/machidamachiko/?c=108723