人気急上昇! 世界から注目される 祐徳稲荷神社~一般人卒業レポート~

祐徳稲荷神社では男性よりも倍以上の巫女が活躍しており、その巫女からのアイデアが活かされ、ついつい買ってしまいたくなるようなお守りが多くあるのも見どころの一つです。

海外からの観光客がここ最近急上昇している祐徳稲荷は、九州の観光スポットの中でも控えめな佐賀県にあります。
ここ2年近くで、佐賀県に観光に来る外国人の数は3年前と比べ一気に3倍近くも増えています。

 

その多くの人のお目当ては祐徳稲荷神社。

火付け役となったのは祐徳稲荷神社を舞台とした映画が2本ドラマが1本放送され多くのタイ人が訪れ、日本でも話題となり「外国人が集まる意外な人気スポット」第二位としてメディアに取り上げられました。

清水寺に似た本殿は清水の舞台より5メートル程高く作られ稲荷神社らしく朱色の佇まいが大変美しいです。
高台に作られた本殿までは、誰でも気軽に参拝できるように有料エレベーターが完備されています。

エレベーターを出てすぐの休憩所はお守りやお札も購入することができ海外からの観光客も多いためwi-fi接続も可能です。
最新の設備を景観を損なうことなく配慮しつくられて、エレベーターご利用者には「運気上昇パワーストーンみくじ」がもれなくついているため、ついつい乗ってみたくなります。

稲荷神社はもともとは五穀豊穣祈願ですが、ここ最近は五穀豊穣=金運となっていることが多く、ここ祐徳稲荷も金運の神様とされていますが、本殿下には、縁結びの神様も祀られており、金運、縁結び、そして、昔から縁起が良いとされている左馬の運気上昇も祈願することができます。

%e7%94%ba%e7%94%b01

祐徳稲荷神社では男性よりも倍以上の巫女が活躍しており、その巫女からのアイデアが活かされ、ついつい買ってしまいたくなるようなお守りが多くあるのも見どころの一つです。

「女性のアイデアには敵わない。男性では思いつかないので気持ちよい敗北感です」と苦笑いの宮司さん

女性は男性よりも直観に優れており建設的な物事を考える男性的な思考よりもひらめきに特化しています。
そこを認める男らしさと、採用する実行力に脱帽です。

名前の通り「厄を落とす絵馬」
特大サイズの「うまくいく守り」
エレベーターの乗ると必ずもらえる運気上昇パワーストーンみくじ
いつも鞄に忍ばせておきたくなる香袋の「かわい守り」「キレイ守り」

どれも女性の心を揺さぶります

%e7%94%ba%e7%94%b02     %e7%94%ba%e7%94%b03

%e7%94%ba%e7%94%b04  %e7%94%ba%e7%94%b05

 

本殿から20分に奥の院があります。

伏見稲荷の奥の院よりも楽勝かと思いきや、ラスト5分ほどのところから足場の悪い急な石段に変わり、神の道の険しさを痛感させられます。
参拝時には運動靴をお勧めします。
そこを通過すると佐賀を一望できる美しい神の景色が広がっています。

%e7%94%ba%e7%94%b06

映画というきっかけをさらに活かし、多くの人を佐賀県にという配慮。
さらに女性性(想像主)のアイデアを活かし、男性性(創造主)の行動力、実行力によって創られた祐徳稲荷神社。

神社としては歴史はまだ新しく300年ほどだという事ですが、海外からも注目され佐賀県に多くの人を呼び寄せるきっかけとなったのは、その女性性と男性性が織りなす創造によって、ここまで多くの人たちに注目され愛されているという事の体現をしました。

今力のあるパワースポットは他にないのではないかと見せつけられました。

 

■町田真知子オフィシャルサイト
http://machidamachiko.jp/

■パワープレイス銀座
http://powerplace.jp/

 

《町田真知子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/machidamachiko/?c=108723