あなたの内側のCEO(最高経営責任者)の声を聞く方法Vol.4~How to Listen to Your Inner CEO By Lynn A. Robinson

直感からの反応を引き出すために、あなた自身に尋ねてみると良い質問が幾つかあります。Write down any impressions you receive.
あなたの内側のCEO(最高経営責任者)の声を聞く方法Vol.4~How to Listen to Your Inner CEO By Lynn A. Robinson

4. この決断について、私は何と考えるか?

自分の決断について一連の質問を書いて成功した人々が大勢います。

彼らは、例として、「もし、私がメアリーを雇ったら、会社の売り上げは増加するだろうか?」、「もし、私が彼女を雇ったら、これは、ポジティブな選択となるだろうか?」、「彼女は、直属の部下と効果的なコミュニケーションをとるだろうか?」、「彼女はチームプレーヤーだろうか?」、「彼女の強みは何だろう?」、「彼女の弱みは何だろう?」などです。
質問が完成したら、あなたは答えを素早く、あなたのところにやって来たものを書きます。
従業員になる可能性のある候補の人ごとに、質問と答えを繰り返し、それから、あなたの答えを評価します。

あなたのノート:                                

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

その他にも、あなたの直感の使い方の例があります。

直感的アイディア日誌をつける

直感を開発するのは、その他のスキルを開発させるようなものです。
使えば使うほど、あなたはそれが得意になっていきます。
直感日誌をつけることは、あなたの習熟度を拡大させるのに素晴らしい方法です。
電子手帳、ワードドキュメント、あるいは、螺旋綴じのノートなど、一カ所にあなたのアイディアを書いてください。
一日のうちに、何度か“直感と繋がる”チェックポイントを作っておくのは役に立つ、と多くの人々が言っています。
良くあるのは、一日の仕事が始まる前に時間を取って、自分の直感と繋がりチェックするのです。

● 静かな場所に腰掛け、自分のオフィスの扉を閉め、電話を保留にしておきます。
● その日のあなたの懸念事項、問題、決断やチャレンジのことを考察します。
● あなたの日誌にそれらを書きます。1題ごとに別々のページを使ってください。

あなたの問題、もしくは懸念事項:                           

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

                                        

● 眼を閉じて、数回、ゆっくりとした深い呼吸をし、自分自身を中心に置きます。
● 一つずつ、あなたの懸念事項を心に浮かべます。「……について、私は何を知るべきでしょうか?」のような質問をするか、または、「私は、……についての情報が必要です。」のような文章を言います。

あなたの直感に尋ねる質問: