8月の半影月食を9月18日の半影月食に繋げ、インスピレーションを深め無意識の願望を叶えるために

今年も、いよいよ後半戦に突入となってきましたので、今年を皮切りに来年や、10年後、20年後をより幸せにすごすために、半影月食の力を借りて、自分ですら気がついていない無意識の声に従って行動してみましょう。
8月の半影月食を9月18日の半影月食に繋げ、インスピレーションを深め無意識の願望を叶えるために

【意外と珍しい半影月食】

「半影月食」というものをご存じでしょうか? 月食とは、「月が地球の影に入ることで引き起こされるもの」ですが、影にどのように入るかによって、その種類はいくつかにわけられるのです。最も有名で、よく知られている「皆既月食」は、月全体が影に隠れるものですが、このときの影は「本影」と呼ばれるものです。

「本影」は太陽の光が届かなくなるものであり、この中に月全体がすっぽり入ると「皆既月食」、月の一部だけが入った場合は「部分月食」となります。太陽の光が一部だけ届く場合は「半影」となり、月全体が半影の中にすっぽりと入る「半影皆既月食」と、月の一部が半影の中に入った「半影月食」が存在しています。

一般的に「月食」といった場合は、本影の皆既月食を指す場合が多いのですが、当然ながら半影による月食も起こっています。月食は世界的に見れば、比較的頻繁に起こっている現象ですが、半影月食は意外と「起きる回数が少ない珍しいもの」なのです。そんな、半影月食が、1年で3度も見ることができるという、珍しい年が2016年、すなわち今年となります。

 

【2016年は半影月食が3回おきる】

328311143

 

1回目は「3月23日の夕方18時過ぎからはじまった」もの。こちらは、月の一部が少しだけ暗くなっているのがわかる程度でした。2回目が「8月18日の夕方、同じく18時過ぎにはじまる」もの。こちらは、ちょっとでも月の経路がずれていれば、月食にならないというかなりきわどい月食であり、肉眼はおろか、写真撮影をしたとしても月食が起きていることに気づかない可能性すらあります。最後が「9月17日、こちらは唯一深夜に起きる」もの。実際には日付が変わり18日01時55分から食がおきます。本影ギリギリのところまで月がくるために、肉眼でもうっすらと変化を感じることが出来るでしょう。

このように天体現象として考えてみると、研究者やマニア以外では、かなり設備がしっかりとしていないと、半影月食というのは確認することが難しいものといえます。しかしながら、スピリチュアルな観点から見ると「半影月食」には重要な意味があるのです。

 

【半影月食は秘めた想いを浮上させる】

187838711

 

月は、「人間の無意識に関連したエネルギー」を司っています。そんな月が見た目にはわからない微妙なレベルで隠れることから、「自分自身の本当の望み、今までは心の底に封じ込めていた想いが浮上してくる時」が半影月食なのです。

本影だろうと、なんであろうと月食は、「ターニングポイント、転機となるもの」といわれてきました。「自分自身や身の回りに大きな変化がおきたり、なんらかの成長が与えられるタイミング」というわけです。それに加えて、上記のように「自分でも今まで自覚していなかった心が表に出てくる」という状況を考えると、無視するのはもったいない「重要な日である」ことがわかります。

前述したように8月18日の月食は、半影月食の中でも、見ることが難しいという性質をもっています。つまり、「より深い場所に潜んだ願望や考えが浮上しやすい」ということになるのです。

 

【2回目の半影月食を3回目へと繋げる】

296196317

 

そんな、今年2度目となる半影月食は、肉眼で確認することが難しいだけでなく、「37分で終了してしまう」という短いもの。ゆっくりと瞑想をしたり、内面を見つめたりするのはちょっと難しいことでしょう。そこで、このときは、自分の中に浮かび上がってくるものだけにフォーカスしましょう。このタイミングで浮かび上がってきた感情や考えなどがあったら、どんな「意外なものであっても、それをしっかりとメモ」しておきましょう。そして、そのメモにかかれた内容を忘れずに、可能ならば日々それを「何らかの形で実現できるように行動する」のです。そうすれば次の半影月食への準備が整います。

9月に起きる半影月食は、すぐ翌月に起きるにもかかわらず、その規模はかなり変わっています。月の変化も見て取れますし、時間もしっかりありますので、「8月に自分が受け取ったメッセージをどのように具体化させていくのか、その方法までも含めて、より深く自分の内面にフォーカス」してみましょう。

 

【半影月食で得たインスピレーションが未来を変える】

431669887

 

半影月食は、無意識の願望を引き出すだけでなく、「インスピレーションを高めてくれる力」をもっているものですので、8月には、まず自分が気づいていなかった、本当の願望を見いだし、それを元にその願いを叶えるための方法にフォーカスして、最終的な目的地を決めておけば、9月には、半影月食がもたらしてくれるインスピレーションによって、よりはっきりと、その願いを具現化する方法に気がつくことができることでしょう。

今年も、いよいよ後半戦に突入となってきましたので、今年を皮切りに来年や、10年後、20年後をより幸せにすごすために、半影月食の力を借りて、自分ですら気がついていない無意識の声に従って行動してみましょう。そうすることで、本当に自分らしく、そして幸せに生きていくことができるはずです。