ハイアーセルフガイドは、ときに似たもの同志、ときに理想の姿で現れます

実際にコンタクトしてみると、楽しめることがたくさんあります。 ぜひ、みなさんも繋がってみてください。
ハイアーセルフガイドは、ときに似たもの同志、ときに理想の姿で現れます

スピリチュアル・ナビゲーター LUCKY YOUこと大槻優子です。
ブルース・モーエンメソッドを使って非物質世界の探索を始めてから、早9年。
その中でたくさんの存在たちから教えてもらった様々な叡智を皆さんにそっとお教えしちゃいます。

ハイアーセルフガイドについて書いてきましたが、そろそろ終盤です。
ガイドとコミュニケーションできるようになったら、知っていて欲しいことを書いてみましょう。

 

ハイアーセルフガイドと本人は面白いほど似ている⁉︎

ワークショップやカウンセリング・セッションなどを通じて、たくさんの方のハイアーセルフガイドをみてきました。
その中で気付いた面白いこと。
ハイアーセルフガイドと本人は似ているのです。
本人がガイドに似てくるのか、あるいは本人に合わせたガイドが就くためなのかは、定かではありませんが。

似ていると言っても、見た目は似ていない場合もあります。
男女が違うこともしばしばありますし、ガイドは人の姿ではなく光や物体あるいは動物の姿ということもあります。
似ているのは、概して雰囲気や態度、話し方などです。
つまり、エネルギーが似ているのです。

あるとき、知人の状態を知るためにその人のハイアーセルフガイドにコンタクトしたのですが、2回目のコンタクトで違和感を覚えました。
一応質問には答えてくれるのですが、何かひとつしっくりしない。
そして、何より知人に雰囲気が似ていない。

それで、「あなたは本当に~さんのハイアーセルフガイドさんですか? 別のガイドがいるのでは?」とたずねました。
すると「はい、いますよ。わたしは伝達役です。呼びますか?」と。
出てきたのは、知人に似た寡黙で研鑽好きな印象のガイドでした。
この存在が彼のメインのガイドだと確信しました。

また先日は、関西の方と会話していると、その方のハイアーセルフガイドが割り込むように非物質的に話かけて来ました。
その方が何か言うと、関西弁で絶妙にツッコミを入れてくるのです。
もうおかしくて、笑いながらそれを伝えました。
どうも関西人のガイドさんは、ボケツッコミが大好きなようです。
今は、ハイアーセルフガイドかどうかを見分けるのに、似ているかどうかをひとつの指針にしています。

 

未来のあなたの見本がハイアーセルフガイドということもある

ただ多くの経験の中で、少し違うケースもありました。
何となくは似ているけれど違いがある。

そのことをそのガイドに聞くと、こんな答えが返ってきました。
「俺はなかなかカッコいいでしょ! 彼はもっとファッションにも気を使って俺みたいになるといいんだよ。言ってみれば、俺はあいつの見本さ~」