Drクリスティン・ペイジ博士のセッションレポート2〜博士が研究しているエイリアン・宇宙人と同じタイプであったことから展開する魂の記憶たち〜

意外に、自分のことって良くわからないものです。

クリスティン・ペイジ博士は、チャクラの情報から、その方の症状・状態を視ていくスピリチュアルドクター。前回に続き、現在来日中のクリスティン・ペイジ博士のセッションレポート2!

 

『あなたの後頭部は異様に大きい』

クリスティン・ペイジ博士に出会った瞬間から、優しさと心地よい波動に包まれて和みの空間で語られる未知なる世界。
博士の質問に、ワタシは前世療法士・カウンセラーである、とだけ伝えましたが、その後、博士がチャクラ・エネルギー体から読み解く見解は驚くものでした。

 

『あなたの後頭部は後ろに大きく広がっている』

博士は座っていた椅子から立ち上がり、ワタシのエネルギーを撫でるように手でかざして、
「あなたの後頭部、ここです。後ろに大きく突き出でいます」
そして、一通り全身のエネルギーを感じ、博士が椅子に戻られると、後頭部が大きな宇宙人の絵を描いてくれました。
「あなたは2000年以上前に後頭部が大きい種族であった」
「私は、この宇宙人や過去の歴史を研究しているのです。」
そう話されると、エジプトの歴史についても語ってくださいました。

古代エジプト時代には、宇宙人から多くの叡智を授かっていた痕跡が今でも残っています。
エジブトの高位種族は、小さな赤ちゃんの頃から、木の板で頭を挟んで後頭部を大きくしていたそうです。
壁画にもその様子が描かれているぐらい、人類にとって興味深い歴史なのだと博士は語っておられました。
2000年以上前の人たちは、後頭部が大きな宇宙人に似せて、自分たちもそうなるようにと取り組んでいました。
後頭部を大きくすることは神聖な取り組みであったそうです。
後頭部が大きいということは、銀河系や過去・未来を見越す、繋がる、特殊なチカラと屈託した叡智を持ち合わせるといった象徴であったそうです。

「あなたは前世療法以外にも宇宙人のことや人類のことを伝えていますか?」
とても興味深いエネルギーですし、そのチカラと叡智をもっと自分のものにする必要があると語られていました。

 

『ドラゴンのチカラを目覚めさせろ』

その他にもドラゴンや鳥、魔女や祭祀・神官でもあったと話される。
あなたはドラゴンであり、自分の中あるヘビのエネルギーを第3の目まで引き上げ繋ぐ必要があると博士は語る。

ワタシは、博士にこう尋ねてみた。
「ドラゴンとヘビのエネルギーはどう違うのですか?」
すると、ヘビのエネルギーはドラゴンの尻尾の部分。
生命を営む大いなる母のエネルギーであるそうです。

このエネルギーを、大地からインナーチャクラを通じて第3の目・眉間まで引き上げ融合する必要があるそう。
するとビックバーンのように「パチン!」と意識が開花する瞬間を迎えるであろうと博士は言います。

「鳥であったこともあって、天使のように空を飛んでいたこともあるわよ」
確かに、実際に羽が空間から登場することが多々あって、セッションにいらっしゃった方が、意識の覚醒とエネルギーレベルが引き上がると、羽が出る現象が起こることは珍しくありませんでした。
ですので、鳥であって空を飛んでいたというお話は、とってもしっくりきました。

『あなたの目的は魔法の杖を取り戻すこと』
魔法の杖とは? 一体なんなのであろうかと不思議に思っていると、博士がまた絵に書いて説明してくれました。

いいですか。

大地からのエネルギーを、チャクラを通じて第3の目まで引き上げ繋ぐことで、あなたの中心に魔法の杖が生まれます。
この魔法の杖の力で過去に指導霊の思いと違う決断をしたことがあるので、あなたは自分の力を恐れています。
ですから来年1年は、この魔法の杖を取り戻すことに集中してください。
上の方のドラゴンのエネルギーは開けていますから、大地から母なる生命エネルギーを、少しずつチャクラに引き上げ融合することをしてください。
あなたはこれから「統合」の時期に入ることでしょう。
どんどん前世の記憶を呼び起こしてください。
沢山の前世を見ることはとても大切です。
そうすることで魔法の杖を取り戻し最大限の力を発揮するようになるでしょう。

 

Dr.クリスティン・ペイジ博士のダイナミックで壮大なセッションを体験して。
意外に、自分のことって良くわからないものです。
Dr.であり、スピリチュアルな能力を備えたクリスティン・ペイジ博士のセッションが、出会った方々の未来を切り開き、本来の力を目覚めさせてくれることでしょう。
そして、その体験と経験は新時代へのパスポートとなるはずです。

 

クリスティンペイジ日本語サイト
http://christinepage.site

 

《クリスタル マリア さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E7%99%92%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2/?c=37736