身体がもっと元氣になる! パワーフード『蕎麦』

蕎麦のお供に レモン、すだち、シークワーサーを絞ることでさらに抗酸化効果も高く 美白効果が期待でき コラーゲンも生成するのでハリのある 美肌をつくります。
身体がもっと元氣になる! パワーフード『蕎麦』

蕎麦は穀物として分類されていますが
他の穀物とは違い
イネ科ではなくタデ科です。

142651798

 

蕎麦に含まれる「ルチン」は
聞いたことがあると思いますが、

毛細血管を丈夫にする働きがある
「ビタミンP」の一種で

脳溢血や出血、
凍傷の治療に使われる成分なのです。

生活習慣病予防にも役立ち、
ポリフェノールの一種で
抗酸化作用があります。

活性酸素を除去する働きがあり、
血管を丈夫にしたり
血流を良くしたり
血中のコレステロールを下げたり
動脈硬化の予防をし、
脳の記憶細胞を活性化するとも
言われています。

血行不良によって起こる
○肩凝り
○冷え性
○内臓の働きが悪い
などの症状も改善する効果が
期待できるため、

腸や内臓の働きがスムーズになり
健康促進効果や
美肌効果があるのです。

美肌には欠かせない
ビタミンCがルチンと相性が
良いために

蕎麦のお供に
レモン、すだち、シークワーサーを絞ることでさらに抗酸化効果も高く
美白効果が期待でき
コラーゲンも生成するのでハリのある
美肌をつくります。

蕎麦と柑橘類の組み合わせは
アンチエイジングフードとして
美容と健康には欠かせない
スーパーフードです。

309803879

 

そして、
蕎麦には麻の実と同様、
バランスのとれた
良質なたんぱく質(アミノ酸群)が
含まれていて動物性たんぱく質に
引けを取りません。

日頃から蕎麦を積極的に食べることで
筋肉を作るためのたんぱく質も摂取できて代謝をあげ、
脂肪を燃焼したり
カロリーを消費する身体が
作られます。

写真①

 

「蕎麦が身体に良いのはわかるけど
毎日お蕎麦屋さんに行ってたら
お金がかかるし
家庭で蕎麦を作るなんて難しい」

っていう声が聞こえてきそうですね。

蕎麦は、蕎麦切りだけではなく、
蕎麦粉や、蕎麦の実を毎日の料理に
ぜひ取り入れてみてくださいね。

例えば、
蕎麦がき
蕎麦の実スープ
蕎麦の実餃子
蕎麦の実サラダ
蕎麦粉ガレット
蕎麦粉入パンケーキ
蕎麦スイーツなどなど。

どんな蕎麦もありますが、
国内産の質のいい蕎麦粉を
オススメいたします。

写真②

 

それから蕎麦は
ビタミンB群が豊富で
そのひとつである「コリン」
肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ効果が
あるといわれています。

「ビタミンB1」
体力の低下・イライラ・食欲不振の
解消効果があり
疲労回復ビタミンともいわれている

「ビタミンB2」には
皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

このように
蕎麦には素晴らしい効能が
たくさんあるので
毎日の食卓に取り入れて
さらなる美容や健康促進に
役立てたいですね。

写真③

 

そして大切なことをもう一つ。
蕎麦を食べたあとには
蕎麦湯を必ず飲んでくださいね。
蕎麦湯とは、
蕎麦を茹でたお湯のことです。

307722215

 

蕎麦に含まれているビタミンは
水溶性のビタミンのため
蕎麦を茹でた時に蕎麦の成分が
お湯に溶けるので、
蕎麦を食べたあとには
蕎麦湯を飲んで栄養素をすべて
取り込めて、お腹が温まるのです。

元々蕎麦湯は
信州での風習で、
蕎麦湯を飲むと胃腸が元気になると
言われていました。

次回の記事は
「身近な食材で風邪のお手当て」
です。

 

《大矢 久美子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kumiko-ooya/?c=112094