占いジプシーの占いジプシーたる所以
〜占いに求めるものの本質とは〜

占い師さん、特に良い占い師さんは結果だけでなくて、未来を変えるためのアドバイスを伝えてくれるはずです。
占いジプシーの占いジプシーたる所以<br>〜占いに求めるものの本質とは〜

こんにちは、よいぼしのなぎうたのkinaです。
「占いジプシー」という言葉はご存知でしょうか?
様々な占い師に何度も同じ質問を繰り返す方のことを言います。

その様子が、色々なところを歩いて回るジプシーの様子に似ているために名付けられた言葉です。
もちろん、その分料金も発生して……中には月に占いに10万円以上も使う方もいらっしゃるそうで、良心的な占い師さんはそのことを知って止める、ということもあるそうです^_^;
それでは、なぜ占いジプシーと言われている人達は何度も同じことを占い師に聞こうとするのでしょうか?

 

そりゃあ未来が外れて当たり前? お客様が望む答えと未来と占い師の腕と

占いジプシーさんの多くが様々な占い師さんに相談するのは、「その方自身の希望する未来を伝えてくれる占い師を探している」という部分があるように思います。
……ということは、「今まで占ってきた占い師は、お客様にとって望む未来ではないと言っている」ということになるかと思います。

ここでいきなり話は飛びますが、「良い占い師」の条件って何だと思いますか?
アドバイスをくれる人、現状を肯定してくれる人、優しい占い師、厳しい占い師さん……人によって違いはあるかと思いますが、「未来を当てる」という条件は共通するであろうことは誰しも変わらないと思います。

おわかりでしょうか?
少なくとも、占いジプシーさんがお願いして「希望の未来を言ってくれない」と不満に感じた占い師さんは、その時点では「希望の未来にならない」という点については正確に当てているんですよ。
逆に「希望の未来になります」という占い師さんは、その時点では、ということになりますが、未来を外している、ということになります。
勿論、稀にお客様の人生を変えるようなアドバイスをして、未来を変えてしまう占い師さんもいらっしゃいますが。

ということは?
占いジプシーさんは「ご自分が望んで未来を当てない占い師さんを探している」ということになってしまいます。
そりゃ、いくら占い師に相談しても、望んだ未来がやってこないのは当然ではないでしょうか。

……ここまで書いてて、「世の中のお金取ってる占い師さんは大多数が有能ではないのか? 良心的かどうかはさておき」と思ったりしました^_^;

 

様々な占い師に未来を聞く事の裏にあるのは自分の運命に対する信頼の薄さ? 占いジプシーを脱却するためには

……と、中には「良い未来を言われたけれど、それが本当かどうかを知りたいから、別の占い師に聞いてみる」ということで占いジプシー状態になっている方もいらっしゃいます。
その様子の裏に透けて見えるのは自分自身の運命の対する信頼の薄さではないかと思います。
良いことを言われてもそれを信頼していないなら、実は状況を無意識レベルででも「自分自身で」どうとでも変えられるものなんですよね……。

話がここまで来てしまったら、「占いが当たらない・当たる」という問題ではなく、「自分自身や自分の運命を信じることが出来ているかどうか」の問題になってくるように思います。
自分自身や運命を信じることが出来ないから、占い師という外部の、人智を超えるであろうアドバイスを与えてくれると思われる人の言葉に頼り切ってしまうのではないのかな? と思ったりするんです。

占い師さん、特に良い占い師さんは結果だけでなくて、未来を変えるためのアドバイスを伝えてくれるはずです。
良い未来があると言ってくれた占い師さんのアドバイスを、どれかひとつで良いので実行してみると、運命は変わってくるように思います。
良い占い師さんと良心的な占い師さんは重複することが多いですが、そういう良い占い師さんは「月に5万も10万も占いで使う」ということに対しては「もっと他に使ったほうが良い」という考えを持っていることが多いことも付記しておきますね。

 

《kina さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nagikina/?c=92643