色彩心理学から見る、SMAPの解散と今後の行方と

SMAPのメンバーの一人ひとりがご自身の個性を活かしてこれからも活躍できれば良いと思っています。
色彩心理学から見る、SMAPの解散と今後の行方と

こんにちは、よいぼしのなぎうたのkinaです。
今年は年明けからSMAP独立移籍騒動から謝罪・残留となり、最近急遽解散、という方向になりましたね。

色彩心理学をかじり、かつあの謝罪を見せつけられたこちらとしては、今回の解散の決定にほっとしました。
あれじゃ継続は無理だろうと踏んでいたので……。

 

過去の騒動の服装から見る、年初の謝罪会見の「黒いスーツ」の意味とは?

144876865

 

人は、着ている服装に気持ちが影響されることがあります。
逆に、「こういう風に見せたいからこういう色の服装を(無意識に)選ぶ」ということもあります。

年明け、SMAPのメンバーがTV番組で謝罪会見を開いた時は全員黒のスーツでしたね。
「黒いスーツ」というと連想するのはやっぱり「お葬式」だと思いますが、他に黒は「プロフェッショナル」を意味します。
メンバーとしては多少(以上)の不満があったとしても、「決定に不満がある」という個人の感情を押し殺し、プロフェッショナルとしての「SMAP」としてTVの前に立ち、ファンの皆様(?)に謝罪をした……ということなんだと思います。

さて、ここで蒸し返すわけではないのですが、SMAPのメンバーで過去世間をお騒がせしたメンバーがいらっしゃいますね。
その時の謝罪会見の服装を思い出すことは可能でしょうか?
道路交通法違反で騒がせたメンバーは「白のシャツ」でしたね。
白は「潔白」を意味する色です。
そのメンバーとしては「ファンの前に顔見せ出来ないようなことまではしていない」ということを、服装でアピールしていたんじゃないかと思います。

もうお一方は泥酔からの……ですね。
その時の謝罪会見はグレーのスーツでした。
グレーは色々な意味がありますが「常識・現実」を意味する色でもあります。
酔った挙句の行為だったといえ、かなり問題になる行為ということで、「反省している」という気持ちと「もっと行動に気をつけたい、常識的な行動を取る」という気持ちの表れだったんじゃないかと思いました。

さて、年初の謝罪会見の黒いスーツに戻りましょう。
「黒いスーツを着用した」というのは、かなりなことだったんじゃなかったかと思います。
TV的な演出もあったと思うんですが、「プロとして、黒いスーツで個人の気持ちを押し隠す」ということは……裏を返せば「どれだけ残留という決定に不満があったか」ということではなかったかと思います。
正直「みんな大丈夫なのか?」と思っていたましたが、やはり謝罪で一件落着……とはならず、結局解散となってしまいました。

 

トップ以外の組織の束ね役? 霊的プロモーターを切り捨てた組織のその後は……

330863717

 

kinaは「大きくなる組織にはトップ以外にオカルトプロモーターと言える人がいる」という考えを持っています。
一見トップと距離を置く立場にいるのですが、組織を目に見えない形で支えている人間がいて、その人を捨てるような行為をすると、その組織は衰退していくことが多いように思います。

簡単に言うと、組織版の「あげまん」ですか^_^;
今回のジャニーズの図式にもそれが当てはまってしまうような気が若干しています。
一連の騒動に関わる、退社したマネージャーさんがジャニーズ事務所のオカルトプロモーターではなかったのかと思いました。

……と、ジャニーズ事務所には面倒見の良い兄貴格の方がいらっしゃいますが、そのうちの一人が新しい「オカルトプロモーター」の役割を担っている感じがしますので、ファンの皆様はご安心ください。

ともあれ、仕事は楽しくやってなんぼです。
ましてや、夢を売る仕事をしている人が死んだような気持ちで仕事をしていても、こっちが悲しくなります。
SMAPのメンバーの一人ひとりがご自身の個性を活かしてこれからも活躍できれば良いと思っています。

 

《kina さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nagikina/?c=92643