結婚するお二人の人生の課題とは?
〜愛情と信頼の上にあるもの〜

結婚生活で忍耐を中心に求められたら……「結婚は人生の墓場だ」と言いたくなる気持ちもわかるような気がします。 忍耐の課題の要点は「自分や相手を信頼すること」にあります。
結婚するお二人の人生の課題とは?<br>〜愛情と信頼の上にあるもの〜

こんにちは、「よいぼしのなぎうた」のkinaです。

kinaのサイトでは気になる人との今世の課題を調べる、というリーディングも行っています。
これは、お客様の潜在意識に働きかけて、お客様の今世の課題を教えてもらうというリーディングです。
お客様のご協力が必要なので、意外とお安い値段設定になっていますσ(^_^;

逆を言うと、お客様ご自身の中に答えは眠っている……というわけです。
その中で、結婚まで進むカップルもだいたいはわかります。
さて、結婚まで進むカップルの課題って何だと思いますか?

 

<愛を学ぶカップルは結婚まで進むのか!?
愛を一番に与えなければいけない主体って……>

「結婚まで進むカップルは、『愛を学ぶ』だったり『無条件の愛を学ぶ』というカップルだろう」なんてkinaも思っていたのですが、意外にもその課題を選ぶおふたりが結婚まで進むということはあまりなさそうです。

「愛を学ぶ」ということは「相手のことを思う」ということになるのではないか? と思われると思いますが、意外に「愛を学ぶ」という課題の肝は「自分が思う通りの愛情ではなかったとしても、相手からの愛情に気づいて、それを受け入れる」だったり、「自分が相手に求めているものは何なのかを見極める」という、あまり結婚と結びつかなさそうな課題であることが多いです。

342976934

 

「無条件の愛を学ぶ」という課題もあるんですが、一見すると、こちらは「見返りなしに相手に愛情を与える」ということになるので結婚をするカップルの課題……と思われるかもしれませんが、こちらの課題の要は「まず自分自身に愛情を無条件に与え、その余剰分を相手に与える」なんです。

愛する主体は「相手」ではなくて「自分自身」なんですよねσ(^_^;

特に自己評価が低い人は、誰かに無条件の愛を与えることで存在意義を見出そうとすることが多いのですが、それは「無条件の愛」ではなくて「存在意義の取り引き」になっていることがあります。
取り引きだけで結婚生活は成立するわけがないですし、「無条件の愛」を存在意義に限らず何らかの取り引きの材料にしている場合、相手から思ったような反応がなければどんどん辛くなっていくんですよね……。

 

<結婚が墓場だと言われるのには理由はあります。
結婚まで進む課題の多くは意外にもこれ>

特に女性は結婚に憧れる方は多いですが、同時に「結婚は人生の墓場だ」という話も多いですよね。
それにもきちんと理由があったりします。

結婚をする……というか、人生を最後まで共に過ごすカップルの多くが選ぶ課題は「忍耐」です。
少し意外に感じましたか?

結婚生活で忍耐を中心に求められたら……「結婚は人生の墓場だ」と言いたくなる気持ちもわかるような気がします。
忍耐の課題の要点は「自分や相手を信頼すること」にあります。

414979840

 

kinaも見ていて感じるんですが、信頼は目に見えないものだからなかなか信じきることが難しいこともありますし、「信頼を積み重ねる」ということはとても大変な作業ですし、「相手を信じる」ということは「相手を信じようとする、自分を信頼していく」ことが求められてきます。
自分を信じることが出来ない人は、相手を信じることは出来ないんですよね……。

忍耐の課題は人生の課題でも最も難しい課題のひとつと言われています。
つまり、結婚生活を続けていくということは、お釈迦様がやった苦行もびっくりな、とても高度な修行なのかもしれません。
継続が難しくて当然ですが、その結婚生活を続けてきた皆様は本当にすごいことだと思います。

気になる方との今世の課題が知りたい場合は、お気軽にご相談下さいね。
URL:http://nagikina.sakura.tv/
答えは外部からではなく、内側からお聞きしますのでお客様のご協力を思いっきり要請しますがσ(^_^;

 

《kina さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nagikina/?c=92643