どうして自殺をしてはいけないのか? 〜自殺失敗後から始まる学びとは〜

生まれる前に自殺すると決めていた方はともかく、そうでないのに自殺することが頭から離れられない場合の中には深刻な悩みや神経的な病気だけでなく、「どこかで自殺した霊をお持ち帰りした」「前世で自殺したので、同じことを繰り返そうとしている」ということもあります。
どうして自殺をしてはいけないのか? 〜自殺失敗後から始まる学びとは〜

こんにちは、よいぼしのなぎうたのkinaです。
kinaは自分に降り掛かってくる霊は大抵自分で除霊しております。
その中でも一番厄介だったけど学びになったのが「自殺した霊を除霊したこと」でした。
春は意外に自殺をしたくなる人も統計的に多いので、少しでも抑止力になれば……と思いまして書いてみました。

……と、その前に。
自殺した方の中には、どうも「自殺という経験をするために生まれてくる」と最初から決めて生まれて来ている方もいるようです。
よく、「自殺した人は成仏できない」なんて言いますが、自殺をする経験をするために生まれてきた人は成仏できないとかそういうことはあまり関係なさそうです。

ここでお話ししているのは、「自殺をする経験をするために生まれてくる方」ではなく、「自殺することで人生の課題を放棄する方」を指しています。

363225650

 

<24時間365日クレーマーだらけのブラック企業で働けるか? 自殺後の世界はまるで……>

自殺した霊に憑依されて痛切に感じたのは「自殺しても救われないんだなぁ……」ということでした。
普通の疲れやうつ病の不安感は睡眠や食事、人とのおしゃべりや入浴で少しなりとも解消されるのですが、自殺した霊に憑依された場合は、人とおしゃべりをしてもお風呂に入っても楽しくなくて、ほっとできたのは睡眠と食事をしている時くらいのものでした。
睡眠と食事は、肉体があるからこそできる快楽であって、霊体には睡眠も食事も関係ありません。

ということは……24時間365日、延々と死ぬ前に感じていた「楽しくない気分」を味わい続けることになってしまいます。
気分としては「24時間365日、クレーマーや暗くて気持ち悪い同僚しかいないブラック企業で無給&無休でず〜っとアルバイトしている」という感じでした。

「自殺することで嫌な状況から逃げ出せる」というのは絶対にないと思います。
むしろ肉体があるからこそできる快楽&休息の時間である「寝る時間と食事する時間」を自ら消滅させるので、嫌なことに晒される続ける……と。
自殺したくなったら、「自分は死んでから24時間365日、クレーマーや暗くて気持ち悪いお客さんや同僚しかいないブラック企業で給料も無く延々働きたいだろうか?」と少しでも考える余裕があれば良いなと思ったりします。

あと、自殺した霊って成仏させることは可能だと思うんですが……とにかく「重い」んですよね。
普通の除霊なら天使に寄り添ってもらってすーっという感じで上がっていくんですが、自殺した方の場合、吐き出してもらう感情にも重さを感じるし、上がる時もすーっとはいかず、のろのろのろのろ……と上がっていく感じです。

自殺した時の気持ちの重さや後悔がそのまま除霊や成仏の時の「重さ」になるんだろうと思っています。
自殺するって、本当に良いものではないと思いますよ。

245694229

 

<宇宙はそんなに甘くないσ(^_^;自殺未遂後から始まる課題が(強制的に)始まる場合もあります。>

「ハラキリ」なんて文化があった日本の場合、ちょっと前まで自殺が美化されていたこともありましたが、自殺に失敗した場合の悲惨さは洒落にならないものがあります。

手首を切ったはいいけど手が動かなくなったという場合がありますし、睡眠薬や抗精神科薬の過剰服用で命は助かったものの脳に深刻なダメージが残って身体の一部が動かせなくなる場合もあります。そうなってしまった場合、自殺も難しいので後は不自由な身体で一生を過ごすことを余儀なくされる……なんてこともあります。

そうなってから自殺したことを後悔しても遅いです。
また、その人が人生の課題をクリアする努力をしてこなかった場合や嫌なことから逃げ続けた場合、身体が動かなくなって自殺もできない状態になってからその人の人生の課題を本格的にスタートさせる、なんて大技(ぉぃ)を使うハイアーセルフやガイド(守護霊)もいらっしゃいます。
こんな強制力のある方法って、普通は滅多に取らないようにも思いますけどね。

そんな方の場合、自殺をしてもまず死なないもので、「どういうわけか」早期発見されて助かる方向に持っていかされちゃうものです。
宇宙はそんなに甘くない、ってことですねσ(^_^;
そんな、自由に自殺ができない状態で課題に向き合わさたらご本人のためになるとは思いますが、果たしてそれでその人が幸せかどうかはわかりません。

kinaも色々見てきたのですが、生まれる前に自殺すると決めていた方はともかく、そうでないのに自殺することが頭から離れられない場合の中には深刻な悩みや神経的な病気だけでなく、「どこかで自殺した霊をお持ち帰りした」「前世で自殺したので、同じことを繰り返そうとしている」ということもあります。

自殺した霊をお持ち帰りした場合は除霊で何とかなる場合もありますし、ヒプノセラピーのような、前世を知ることができる方法で前世を癒すことで自殺したい気持ちにならなくなることもあるので、自殺する前にそういうのを調べてみるのも悪いことではないと思ったりしますよ。
もちろん、病院にも相談してみることもお忘れなく。

 

《kina さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nagikina/?c=92643